新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【著者紹介】チーム・ロボティア(Team Roboteer)

BeautyTech.jp
画像1

人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア、ロボティアのライター・編集者チーム。内外の最新技術トレンドやビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える筆力に定評がある。編集長は『ドローンの衝撃』(扶桑社)の著者・河鐘基が務める。

Twitter: @Roboteer_Tokyo
Facebook:@ roboteerpage

株式会社ロボティア

Top image: NeONBRAND via Unsplash

 執筆記事一覧

■ AIで生産管理される超ファストブランドSHEINが美容ブランドをローンチ
■ 
資生堂や花王、@cosmeも出店を発表。中国・海南島のトラベルリテール最前線
■ 
中国の新しい美容クチコミプラットフォーム、「集小美」「西五街」それぞれの特徴
■ 
インドネシアで好調の美容ブランドY.O.Uは中国スマホ大手OPPOによる戦略構築
■ 
急増する中国メタバース・NFT関連事業トレンド。精巧なアバターを最速5分で作成も
■ 
中国シニアマーケット「銀髪族」、多様化する美容ニーズとそのインサイトとは
■ 
TikTokのバイトダンスが香水ブランド立上げへ、異業種参入も活発な中国香水市場
■ 
中国クリーンビューティは安全性重視の新興ブランドが登場、REDとの高い親和性も
■ 
中国2010年代生まれが使うスキンケアは「青蛙王子」など親が選ぶ中国ブランド
■ 
中国ではDouyinが美容ブランドのマーケティング主戦場へ、REDとの相性のよさも
■ 
JD.comの美容分野は企業向けEC、C2Mプラットフォーム、自社AR技術で急拡大へ
■ 
中国2022年のキーワード「機能性スキンケア」「プライベートトラフィック」「法規制」
■ 
AYAIから柳夜熙まで、中国のバーチャルヒューマンの活躍とメタバース活用への展望
■ 
中国「90后」が牽引するアンチエイジング化粧品市場、中国ブランドの躍進も
■ 
2021「ダブルイレブン」速報。若年層が牽引し消費力は堅調、注目の中国ブランドは?
■ 
リアル店舗と美容分野重視のJD.com、没入型ストアと即時配送網でアリババを猛追
■ 
中国美容機器市場が拡大、COSBEAUTYやMESMOOTHなど、新興5ブランドの台頭
■ 
2021年、中国化粧品分野のニューリテール、OMO型店舗の進化と増加が止まらない
■ 中国の美容業界で広がる、二次元キャラクターやバーチャルヒューマンの起用
■ P&Gやロレアル出身者による中国新興ブランドから、第二の完美日記は誕生するか
■ テンセントがプレミアアンチエイジングとの戦略提携、美容分野にも注力の最新動向
■ 中国「618」の化粧品売上は日本ブランドが存在感、アリババは環境配慮をアピール
■ ONLY WRITEなどOMO型・無人店舗好調、新興の中国化粧品リテールの新潮流
■ 中国フェイスマスク市場で存在感を示す専門ブランド「膜法世家」、新興の「PMPM」
■ 中国PROYAなど、ジェンダーギャップへの強いメッセージが女性たちの心を動かす
■ 資生堂×ヤーマン×Meituのタッグは中国で最強の美顔器となるか「EFFECTIM」の評価
■ 創業123年の中国化粧品企業「Jahwa」、ロレアル出身CEOの改革とDXでV字回復
■ すべて試せる「H.E.A.T」、「健康星球」はヘルスケアID構想、急成長の中国新興小売店
■ 中国で化粧品・香料などの原料サプライヤーが続々と上場へ。成長戦略にはずみ
■ 中国「言安堂」スキンケアの専門情報とコミュニティ、ECで新たな価値提供へ
■ 中国「完美日記」のYATSENが米国で上場、急成長の理由とグローバルトップへの夢
■ 中国でニーズ増の越境EC、大眼睛買買買などニッチブランドを扱うプラットフォームも
■ 眠れる「中国フレグランス市場」が急成長、欧米ブランドに加え新興ブランドも活発化
■ 過去最高額の中国「双11」はロレアルなど海外ブランドが思い切った施策で復権
■ 中国でワトソンズやセフォラが即日配送。ラストワンマイルの無人配送テクノロジーも
■ 中国で伸びるラグジュアリー市場を牽引する90后、価値観が多様化する00后
■ P&Gが中国で加速させるデジタル施策とOLAYのパーソナライズスキンケアの勝算
■ 完美日記を猛追する、花西子やZEESEAなど中国の新興4ブランド、海外志向も
■ バーバリーがWeChatミニプログラムでリアルと融合の「ソーシャルリテールストア」
■ 美容×ARサービス最新事情、RevieveやMeituの存在感と各国スタートアップ動向
■ 中国bilibiliで化粧品ブランドが公式を相次ぎ開設、購買も可能なプラットフォームへ
■ Tmall Globalがトップシェア、P&Gや資生堂など外資ブランドの中国主戦場へ
■ 中国MCNはライブコマース活況で独自の進化、2万社の7割が美容分野を重視
■ ロレアルは5G×AIライブ、コロナ後の中国で売上増のブランドが実行した施策とは
■ 中国でのネイル需要増、MissCandyなど人気ブランドやAIネイルプリンターも登場
■ 中国新興ブランドの「カプセル口紅」がコロナ禍で人気上昇、癒やしと実用性が理由
■ 中国で「マスクメイク」が大きなトレンド、アイメイク製品やスキンケアも好調な売上
■ THE COLORISTが先行、成長めざましい新興の中国化粧品小売店はKOCを主軸に
■ 中国漢方コスメ、製薬会社の信頼性とTikTokなどソーシャル活用で若者に浸透
■ 資生堂、ロレアルなど外資からKOLまで、COVID-19影響下の中国はどうだったのか
■ 中国の非接触リテール、美容部員によるライブ動画などで封鎖でも売上を堅持
■ 中国Q&Aプラットフォーム「Zhihu(知乎)」が美容分野を強化、各社が使途を模索中
■ 中国ではセフォラがひとり勝ち。化粧品小売チェーンのプライベートブランド考
■ ロレアルなど牽引の中国男性コスメ。KOLからeスポーツまで多彩なプロモーション
■ 2020年も敵なし「TikTok」中国版&海外版の最新機能にみる、最強アプリへの道
■ 完美日記だけじゃない。GirlCultなど勢いのある中国新興8ブランドを紹介
■ 中国美容ブランドの意外なクロスボーダーマーケティング、人民日報とのコラボも
■ 中国発、ビッグデータから生まれたIT業界人向けヘアケアブランド「ITCareLab」
■ 小紅書は勢いを維持できるのか。SNS型ECは競合の雲集や蜜芽なども成長加速
■ 進む化粧の低年齢化、中国「00后」に既存のマーケティング手法は通用しない
■ 中国ライブ動画配信サービス覇者「YY」の全容と美容プロモーションの可能性
■ Meituなど中国の肌診断、アプリから店頭まで精度を求める女性のニーズで進化中
■ 成分分析、クチコミ、肌診断も。新境地で躍進する中国の化粧品アプリ「美麗修行」
■ AI評価、信用評価の仕組みで米ナスダック上場の中国美容整形プラットフォーム「SoYoung」
■ TikTokをどう使いこなすか。美容から食品まで日本・中国のプロモーション最新事例
■ 中国ブランドとして着々と成長する「自然堂」と「百雀羚」、それぞれの市場開拓戦略
■ 資生堂が激変の中国市場でニューリテール施策などイノベーション創出への動き
■ 中国の流行語「消費降級」。化粧品はプチプラ、せめてもの贅沢品、どちらに向かうのか
■ 1分で1本が売れた実績も。顧客データもとれる中国ブランドの「口紅自販機」
■ 「本物」鑑定と、試用OKで人気のECアプリSECOOとtrytry、その可能性とは
■ ARメイクアプリの中国Meituがシャオミと提携、市場での存在感を取り戻せるか
■ 炎上騒動で中国市場から締め出されたD&Gの事例から考える、その後の結末
■ ITか水際か。中国で自社ブランドを守るために知っておくべきEC大手の偽物対策
■ TikTokは、短編動画プラットフォームを制し新たなビジネスを創出するのか
■ 中国での化粧品販売、「微商」でWeChat上の販売のプロ3000万人を味方に
■ 中国でおひとりさま化粧ボックス登場。「17Beauty」の全貌とその可能性
■ ついにTouTiaoも参入。美容ブランドも活用する中国ミニプログラム事情
■ 米GUESSとアリババが描くファッションAIストア。すでに競争は激化している
■ 中国のヘアスタイル推薦AIアプリ「暁美机器人」で美容師のストレスも軽減
■ ワトソンズ、新時代のドラッグストアへAR導入や独自決済などスマート化を急ぐ
■ 平安グッドドクターはアプリで医療の未来を先取り、タイを足がかりに東南アジアへ
■ LADY TODAYに見る中国の智能美装店(スマート化粧品店)の進化
■ 資生堂Optune、米OKUなど、美容IoTデバイスが「使い続けられる」条件とは
■ 自撮りアプリから携帯端末、そして。中国のMeituがAI技術を駆使して夢見る未来

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!