BeautyTech.jp

<8/12、8/15の更新はお休みいたします>美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf

BeautyTech.jp

<8/12、8/15の更新はお休みいたします>美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf

マガジン

  • 【法人用】バックナンバー読み放題プラン

    「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

  • バックナンバー読み放題プラン

    BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

  • 東南アジア

    BeautyTech.jpの東南アジアに関する記事です。

  • インド

    BeautyTech.jpのインドに関する記事です。

  • BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

    BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。

最近の記事

バングラデシュのD2Cブランド先駆けとしてTruce Beautyが目指すエシカルコスメ

まだD2Cブランドが少ないバングラデシュで、BLMをきっかけとする若い世代のムーブメントにインスパイアされ、本当に南アジア女性の肌に合った化粧品が欲しいと考えた女性起業家が立ち上げた、エシカル&クリーンビューティ・スキンケアブランド「Truce Beauty」。ブランドに込めた思いと、OEMプラットフォーム企業Cosmepolitanの協力を得て韓国で生産した背景など、Truce Beauty 創業者兼CEO サミラ・ロカイヤ・クアセム氏に聞いた。 韓国OEM企業の知識と技

スキ
7
    • 人材と働き方の変化 - 「ソーシャルセラー」という新しい仕事が生まれる

      ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 店舗に紐づいている美容部員前回ユーザーの行動変化とともに、どの業界・業態でも新しいルール・商習慣を再構築していく議論がされていると書きましたが、化粧品業界も同様に新しい変化が起きています。その中で、化粧品業界に特有の美容部員の方々の働き方について書いてみたいと思います。 ※バックナ

      スキ
      18
      • 2022年、美容ブランドが続々メタバースに参入する理由と2つの大きな方向性

        ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2022年に入って、Web3時代の到来にいち早く対応することを目指す欧米の化粧品ブランドが次々とメタバース関連施策を発表しているが、その流れは大きく2つに分けられる。ロブロックスなど人気のメタバースプラットフォームと組みそのユーザーたちとのコミュニケーションを模索する方向性か、ブラン

        スキ
        21
        • 韓国最大MCNのLeferi、レコメンド美容アプリ買収でインフルエンサー事業強化へ

          ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o ビューティ&ライフスタイル系のインフルエンサービジネスを展開する韓国最大のMCN企業Leferiは、2022年6月末にビューティアプリ「나만의 화장대(日本語直訳は『私だけの化粧台』)」を運営するスタートアップMakeMeUpを買収すると発表した。両社のサービスの詳細や沿革を交えなが

          スキ
          9
          • 人材と働き方の変化 - 「ソーシャルセラー」という新しい仕事が生まれる

            スキ
            18
            • 2022年、美容ブランドが続々メタバースに参入する理由と2つの大きな方向性

              スキ
              21
              • 韓国最大MCNのLeferi、レコメンド美容アプリ買収でインフルエンサー事業強化へ

                スキ
                9

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • 【法人用】バックナンバー読み放題プラン

                • ¥9,800 / 月

                「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

              • バックナンバー読み放題プラン

                • ¥980 / 月

                BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

              • 東南アジア

                • 16本

                BeautyTech.jpの東南アジアに関する記事です。

              • インド

                • 14本

                BeautyTech.jpのインドに関する記事です。

              • BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

                • 13本

                BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。

              • ソーシャルアクション

                • 39本

                BeautyTech.jpのなかで美容企業・ブランドによる社会課題に対するアクションに関する記事です。

              • D2C・サブスクリプション

                • 65本

                BeautyTech.jpのD2C・サブスクリプションに関する記事です。

              • クリーンビューティ・オーガニック・ヴィーガン・ハラル

                • 84本

                BeautyTech.jpのクリーンビューティ・オーガニック・ヴィーガン・ハラルに関する記事です。

              • 吉松徹郎の「小売店舗のミライをかんがえる。」

                • 10本

                パンデミックを経験し、Web3の世界を見据えて本質的なBXを迫られている化粧品業界は、いまだからこそ店舗での小売体験を豊かにし、小売店舗がおかれている構造を変え新しいビジネスモデルに転換するべきときがきています。アイスタイルCEO 吉松徹郎による、美容に限らず小売に関わるすべての人に向けた「小売店舗のミライをかんがえる。」執筆スタートします

              • AI・IoT・5G・ブロックチェーン

                • 103本

                BeautyTech.jpのAI・IoT・5G・ブロックチェーンに関する記事です。

              • 【法人用】バックナンバー読み放題プラン

                • ¥9,800 / 月

                「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

              • バックナンバー読み放題プラン

                • ¥980 / 月

                BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

              • 東南アジア

                • 16本

                BeautyTech.jpの東南アジアに関する記事です。

              • インド

                • 14本

                BeautyTech.jpのインドに関する記事です。

              • BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

                • 13本

                BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。

              • ソーシャルアクション

                • 39本

                BeautyTech.jpのなかで美容企業・ブランドによる社会課題に対するアクションに関する記事です。

              • D2C・サブスクリプション

                • 65本

                BeautyTech.jpのD2C・サブスクリプションに関する記事です。

              • クリーンビューティ・オーガニック・ヴィーガン・ハラル

                • 84本

                BeautyTech.jpのクリーンビューティ・オーガニック・ヴィーガン・ハラルに関する記事です。

              • 吉松徹郎の「小売店舗のミライをかんがえる。」

                • 10本

                パンデミックを経験し、Web3の世界を見据えて本質的なBXを迫られている化粧品業界は、いまだからこそ店舗での小売体験を豊かにし、小売店舗がおかれている構造を変え新しいビジネスモデルに転換するべきときがきています。アイスタイルCEO 吉松徹郎による、美容に限らず小売に関わるすべての人に向けた「小売店舗のミライをかんがえる。」執筆スタートします

              • AI・IoT・5G・ブロックチェーン

                • 103本

                BeautyTech.jpのAI・IoT・5G・ブロックチェーンに関する記事です。

              記事

              記事をすべて見る
                • 香水ブランド「サノマ」、創業者が挑む後世に残る名香へ1,000分の1のこだわり

                  ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 金融業界出身の異色の日本人香水クリエイターとフランスの著名調香師がタッグを組んで生み出した香水ブランド「サノマ(çanoma)」は、大手ブランドのストラクチャーとニッチブランドの斬新さを兼ね備えた開発過程をふんでいる。トレンドの変化も激しい香水市場で、歴史に残る名香を生み出すための「

                  スキ
                  24
                  • いま、生活者に起きていること - 「失敗したくない」気持ちの高まり

                    どこで買っても構わないユーザー前回までは、小売店側に起きている課題、そしてブランド側から見た課題について話してきました。今日は改めてユーザーの視点からお話できればと思っています。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ 今回のコロナ禍において生活者の行動様式は大きく変わりました。化粧品のユーザーの購買行動も大きく変わってきてます。いままで化粧品を購入する時には、購入したいブランドがある店舗に行って、商品を試すなり相談するなりして購入していました。しかし、今回店舗に行けなくなっ

                    スキ
                    15
                    • ディオールやランコムのビューティデバイスや、AR/VR顧客体験【VivaTech 2022(3)】

                      ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 欧州最大のテクノロジー展示会、Viva Technology(VivaTech)2022を現地レポートする3回目は、ロレアルやLVMHグループ傘下のブランドが、会場内で展示発表したビューティデバイスやAR/VR体験など、最新のイノベーションや顧客体験について紹介する。 自宅や店頭で

                      スキ
                      41
                      • 韓国化粧品開発プラットフォーム各社、国内外での販売支援サービスまで拡充へ

                        ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 韓国では、化粧品を作りたい企業や個人クライアントのアイディアをトータルでサポートし実現化する化粧品開発プラットフォームが相次いで登場しているが、商品の製造にとどまらず、国内外、あるいは海外から韓国への直接販売支援にも注力する傾向が表れてきている。各社のサービスの最新アップデート情報を

                        スキ
                        8
                        • 個人がサービス展開できるEC「MOSH」が目指すクリエイターエコノミーの未来

                          ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o ストアフロント型のサービスECで、個人が自身のサービスを展開できる「MOSH(モッシュ)」のクリエイター登録者数が5万人を突破し急成長している。月商1,000万円を売り上げるクリエイターがいるほか、企業がクリエイターとのコラボツールとして導入するなど、活用の幅も広がっている。美容分野

                          スキ
                          20
                          • いま、ブランドに起きていること(3) - ユーザーとの接触コストは、ネットよりもリアルが安くなる

                            ブランド体験を自社のみで提供するのは限界がある前回は、ユーザーに知ってもらうことの難しさと、ユーザーにブランドをより深く知ってもらう→好きになってもらうために、今まで以上に「体験」が重要になってくるというお話をさせていただきました。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ ブランド側も「体験」を重要な要素として大きな投資をしています。多くのブランドが銀座や表参道でブランド体験のフラッグシップショップを立ち上げています。その多くは、販売を目的にしていない(販売をしていない)お店

                            スキ
                            15
                            • 韓国EIGENEが日本上陸、ブランドが目指したいパーソナル接客をトータルサポート

                              ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 韓国の美容企業をはじめ、さまざまな業種のDXを牽引するEIGENE(アイゲン)は、人工知能(以下、AI)をベースにしたソリューションで、セールスイノベーションを支援するビッグデータ企業だ。パーソナライズレコメンド機能など、ECとリアル店舗の双方でユーザーの購買体験を向上させるサービス

                              スキ
                              8
                              • LVMH、各ブランドにおける顧客ロイヤルティ醸成にNFTプロジェクトを活用【VivaTech 2022(2)】

                                ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2022年6月15日〜18日にフランス・パリで開催された「VivaTech 2022」から、美容・ファッション業界を中心に最新テクノロジーの活用事例を紹介する第2回は、ラグジュアリー業界を牽引するLVMHによるメタバース、NFT、Web3における取り組みを現地レポートする。 メタバ

                                スキ
                                10
                                • ロレアルは「オンチェーンビューティ」体験へ。各ブランドのDAOやNFTプロジェクトを発表【VivaTech 2022(1)】

                                  ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o フランスで開催された毎年恒例の「VivaTech 2022」から、美容業界における最新テクノロジーの活用事例を3回に分けて紹介する。第1回めは、“ビューティテックNo.1企業”を目指すロレアルが進めるメタバース、NFT、Web3における取り組みを現地取材にもとづきレポートする。 W

                                  スキ
                                  11
                                  • いま、ブランドに起きていること(2) - 知ってもらうことの難しさ

                                    前回、ブランドの変化として増え続けるデジタル投資コストのことを話しました。一方で、その投資が売上につながっているのかはまだ発展途上です。その中でブランド側からみたユーザーとの関係について、今回は話を進めていきたいと思います。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ ユーザーに「商品」を知ってもらうことの難しさECが本格的にスタートし、SNSをはじめとしたユーザー(ここでは将来のお客様)とのダイレクトなコミュニケーションも活発になって、新しいユーザーとの関係も進化し続けています

                                    スキ
                                    18
                                    • リトコスとアルデバラン、日本でソーシャルコスメをリードする2社の地域発の試み

                                      ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 「ソーシャルコスメ(社会派コスメ)」という言葉がある。地域発の原材料を使い地域の社会課題も解決することを理想とするビジネスのあり方で、それを体現しているのがともに佐賀県唐津市に拠点をおく株式会社リトコス、アルデバラン株式会社だ。それぞれにソーシャルコスメのエコシステムを構築し、関わる

                                      スキ
                                      16
                                      • 急増する中国メタバース・NFT関連事業トレンド。精巧なアバターを最速5分で作成も

                                        ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o アバターで参加する3D仮想空間としてのメタバースに対する注目度が世界中で高まっているが、中国でも2021年から続々と関連技術・サービスを開発・提供するプレイヤーが参入している。その最新動向と美容ブランドの動きも紹介する。 テンセントは積極的なスタートアップ投資でメタバースに参入中国

                                        スキ
                                        17