マガジンのカバー画像

美容スタートアップ

225
BeautyTech.jpの美容スタートアップに関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

AquaAge、美容サロンやブランド向けに生成AI活用の肌解析SaaS「HADABON Pro」をリリー…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
11日前
20

「Fu-Cosme」が化粧品管理アプリとして急成長、100点以上保有のコスメヘビーユーザー…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
1か月前
24

LG生活健康が韓国人気コスメブランド「hince」を電撃買収、事業再構築に向けた両社の…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
2か月前
25

「朝鮮美女」など2023年に急成長した韓国インディーズコスメブランド、2024年は業界勢…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
2か月前
26

AI比較機能で顔の変化を精密に可視化。肌解析と顔分析のホワイトスペースを狙うEstheM…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前
11

エスティ ローダーNIVが中国新興ブランド「CODEMINT」に出資、ブランド育成の成功セオ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
13

美容業界におけるクリーンテック、新感覚の「センソリアル処方」に注目【Cosmetic 360 2023】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2023年10月に開催された「Cosmetic 360」では、例年同様にロレアルやLVMHなどのグローバル大手から、中小・スタートアップまで化粧品業界に携わる企業が一堂に集まり、地球環境の保全を図りながらも化粧品産業の発展と成長を促すソリューションについて、クリーンテックを始め新しい

韓国ミラーロイドがスマートミラーで実現する美容サロンのDX、ARシミュレーションから…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
5か月前
17

ロレアル、資生堂などグローバル大手から国内大手まで、韓国美容スタートアップ発掘・…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
6か月前
36

魔女工場に続き、APR、ファへ運営企業など、韓国美容スタートアップが続々上場準備…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
6か月前
14

Tierlandのビューティ体験とSNS拡散特化で商品の認知拡大を目指す“売らない店舗戦略"

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7か月前
14

FRANZの「透明ゴルフパッチ」など、韓国バイオセンサー研究所の革新的なヒットアイテ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前
9

香りのテクノロジー企業、コードミーがR&D強化で見すえる香り×ヘルスケアの可能性

「◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
8か月前
43

Liberta PerfumeやCHRONO CHARME、カルト的ファンを醸成する「価値観」の伝え方

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o コロナ禍を経て、D2Cブランドのコミュニケーションは大きく変化してきている。SNSやライブ配信を通じたオンラインでの双方向コミュニケーションが急速に成熟するなか、ブランドのクリエイターが積極的にユーザーとの繋がりを深め、理解と共感を広げている。今回は、オンラインで伝えることの難しいフ