BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf

マガジン

  • 【法人用】バックナンバー読み放題プラン

    「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

  • バックナンバー読み放題プラン

    BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

  • BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

    BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。

  • 吉松徹郎の「小売店舗のミライをかんがえる。」

    パンデミックを経験し、Web3の世界を見据えて本質的なBXを迫られている化粧品業界は、いまだからこそ店舗での小売体験を豊かにし、小売店舗がおかれている構造を変え新しいビジネスモデルに転換するべきときがきています。アイスタイルCEO 吉松徹郎による、美容に限らず小売に関わるすべての人に向けた「小売店舗のミライをかんがえる。」執筆スタートします

  • イスラエル・中東

    BeautyTech.jpのイスラエル・中東に関する記事です。

【法人用】バックナンバー読み放題プラン

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

すべて見る
  • ¥9,800 / 月

花王 Biore VIRTUAL STUDIO、 消費者目線で開発したUVケア関連ARコンテンツ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 花王株式会社はブラウザでアクセスできるデジタルプラットフォーム「Biore VIRTUAL STUDIO」で、ユーザーの「日焼けストレスからの解放」を通じた、快適な生活の実現を後押しするAR体験を提供している。開発に採用したのは、米カリフォルニアに本拠地を構えるARスタートアップ 8

スキ
15

インドネシアで好調の美容ブランドY.O.Uは中国スマホ大手OPPOによる戦略構築

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o インドネシアをはじめとする東南アジアでシェアを伸ばしつつある新興化粧品ブランド「Y.O.U」。その背後には、中国のスマートフォン大手OPPOの存在がある。同ブランドの成り立ちや東南アジア市場をメインターゲットとするその戦略を検証する。 中国スマートフォン大手OPPOは美容分野にも積

スキ
13

P&G、資生堂、LVMH。2022年上半期デジタル施策総まとめ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2022年上半期の化粧品グローバル売上トップ5社と日本でなじみのあるLVMH(グローバル売上第9位)のデジタル施策と事業開発をまとめた。後編では、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、資生堂、LVMHについて紹介する。 ※ランキングは、BeautyPackagingのTOP20

スキ
13

ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2022年上半期デジタル施策まとめ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o グローバル化粧品企業の上位3社、ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダーの2022年上半期の総括をレポートする。後編では、4~5位のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、資生堂、そして日本でなじみのあるLVMH(グローバル売上第9位)を取り上げる。 ※ランキングは、BeautyP

スキ
15

バックナンバー読み放題プラン

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

すべて見る
  • ¥980 / 月

花王 Biore VIRTUAL STUDIO、 消費者目線で開発したUVケア関連ARコンテンツ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 花王株式会社はブラウザでアクセスできるデジタルプラットフォーム「Biore VIRTUAL STUDIO」で、ユーザーの「日焼けストレスからの解放」を通じた、快適な生活の実現を後押しするAR体験を提供している。開発に採用したのは、米カリフォルニアに本拠地を構えるARスタートアップ 8

スキ
15

インドネシアで好調の美容ブランドY.O.Uは中国スマホ大手OPPOによる戦略構築

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o インドネシアをはじめとする東南アジアでシェアを伸ばしつつある新興化粧品ブランド「Y.O.U」。その背後には、中国のスマートフォン大手OPPOの存在がある。同ブランドの成り立ちや東南アジア市場をメインターゲットとするその戦略を検証する。 中国スマートフォン大手OPPOは美容分野にも積

スキ
13

P&G、資生堂、LVMH。2022年上半期デジタル施策総まとめ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2022年上半期の化粧品グローバル売上トップ5社と日本でなじみのあるLVMH(グローバル売上第9位)のデジタル施策と事業開発をまとめた。後編では、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、資生堂、LVMHについて紹介する。 ※ランキングは、BeautyPackagingのTOP20

スキ
13

ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2022年上半期デジタル施策まとめ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o グローバル化粧品企業の上位3社、ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダーの2022年上半期の総括をレポートする。後編では、4~5位のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、資生堂、そして日本でなじみのあるLVMH(グローバル売上第9位)を取り上げる。 ※ランキングは、BeautyP

スキ
15

BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。

すべて見る
  • 12本

イスラエル発ナノスパン、生菌を肌の上で活性化する特許技術を持つ化粧品OEM

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o イスラエル発のテクノロジーカンパニー NanoSpun(以下、ナノスパン)は、肌の上で生菌を活性化させ、副産物となるビタミン、ミネラルなどさまざまな有効成分を肌に直接届けるフェイスマスクを開発した。同社は糸の内側に生菌を注入しながら紡ぐことが可能な電界紡糸(エレクトロスピニング)技術

スキ
8

ブランドやOEM、小売まで韓国化粧品企業の日本市場進出ラッシュ、その戦略とは?

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 韓国国内の人気ブランドのみならず、小売大手、OEM大手、また中堅・新興ブランドなど、韓国化粧品業界のさまざまなプレイヤーが改めて日本市場への進出に積極的だ。自国の市場規模が小さいため、もともと中国や北米をはじめグローバル市場の開拓が盛んな韓国化粧品業界で、なぜ今、日本市場が注目されて

スキ
5

資生堂 社長 CEO魚谷氏、慶大先端生命科学研と10年先のイノベーションを見据える

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2022年6月、株式会社資生堂は慶應義塾大学先端生命科学研究所(以下、先端生命研)と、包括連携協定を締結した。創業150周年を迎える2022年、「PEOPLE FIRST(ピープルファースト)」の理念を掲げ、ヘルスケアイノベーションが生まれる環境づくりの一環として、多様な人々が「混ざ

スキ
8

「イセタンビューティ」もメタバース化、三越伊勢丹のREV WORLDSがめざすコミュニティ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2021年3月にローンチした三越伊勢丹によるメタバース「REV WORLDS(レヴワールズ)」は、イセタンビューティなど実店舗を再現した仮想伊勢丹新宿店でのショッピングはもとより、新宿東口の「街歩き」をアバターで楽しむ仮想空間設計が特徴だ。オープンから約1年半が経った今、偶然の出会い

スキ
12

吉松徹郎の「小売店舗のミライをかんがえる。」

パンデミックを経験し、Web3の世界を見据えて本質的なBXを迫られている化粧品業界は、いまだからこそ店舗での小売体験を豊かにし、小売店舗がおかれている構造を変え新しいビジネスモデルに転換するべきときがきています。アイスタイルCEO 吉松徹郎による、美容に限らず小売に関わるすべての人に向けた「小売店舗のミライをかんがえる。」執筆スタートします

すべて見る
  • 16本

@cosme TOKYOが目指すもの(3) - リアル店舗がハブになる

前々回、前回と、@cosmeTOKYOで目指していること・やっていることとして、場所の作り方やコンテンツ発信のお話をさせていただきました。3回目は、そのコンテンツを生かしたネットとリアルの連携についてお話したいと思います。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ 購入前のユーザー状況を可視化できる仕組み店舗として、コンテンンツを発信したりユーザーとの出会いを創出したりしても、最終的にそのこと自体をビジネスモデルとして成立させるためには、それぞれのユーザーがいまどんな状態である

スキ
1

@cosme TOKYOが目指すもの(2) - コンテンツの発信基地へ

前回は、@cosmeTOKYOを立ち上げる際に意識していたこと、「探しやすい」場所から「出会いやすい」場所へ、そして「店舗はネットの世界へのゲートウェイ」というお話をさせていただきました。その際、店舗でコンテンツを作っていく場所にすることに触れたので、店頭でコンテンツをどう発信していくのか、について今回はお話していきたいと思います。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ 3階イベントスペースでブランドがコンテンツをつくる@cosme TOKYOの3階には「イベントスペース」

スキ
16

@cosme TOKYOが目指すもの(1) - 「探しやすい」場所から「出会いやすい」場所へ

前々回、前回とアイスタイルのco-store戦略について書いてきました。私たちはそれを具体的に実践する店舗として@cosme TOKYOを2020年1月に原宿にオープンしています。改めて、@cosme TOKYOが具体的に何を目指して、いま何ができているのか、そしてこれから何を実現しようとしているのかについてお話していきたいと思います。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ デパコスからセルフ、D2Cブランドまでが揃う店舗まず何よりも一番最初に取り組んだことは、すべての化粧

スキ
22

co-store戦略とは(2) - ユーザーと小売店からの視点

前回は私たちアイスタイルが今後展開するco-store戦略について、ブランドの視点から書きました。今回はユーザーの視点・小売店側からの視点でお話したいと思います。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ 購入できるco-store戦略と書いていますが、その大前提として、そして本丸中の本丸は小売店舗としてお客様にとって素晴らしい購入体験を実現していくということにあります。 前回のようにブランドにとっての店舗のあり方、というテーマではブランド主導型のマーケティング型店舗をイメー

スキ
16

イスラエル・中東

BeautyTech.jpのイスラエル・中東に関する記事です。

すべて見る
  • 3本

イスラエル発ナノスパン、生菌を肌の上で活性化する特許技術を持つ化粧品OEM

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o イスラエル発のテクノロジーカンパニー NanoSpun(以下、ナノスパン)は、肌の上で生菌を活性化させ、副産物となるビタミン、ミネラルなどさまざまな有効成分を肌に直接届けるフェイスマスクを開発した。同社は糸の内側に生菌を注入しながら紡ぐことが可能な電界紡糸(エレクトロスピニング)技術

スキ
8

コロナ禍で急成長、友人とバーチャルショッピングなど欧米Z世代向けサービス4選

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 世界が隔離と分断を余儀なくされたCOVID-19のパンデミック下で、オンラインで友人と過ごす時間が増えたデジタルネイティブであるZ世代の間では、チャットやビデオ通話だけにとどまらず、オンライン上で一緒にショッピングをしたり、映画やライブを見

スキ
32

ロレアルも投資。テルアビブ発ファッション&美容のテック動向

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 「中東のシリコンバレー」と呼ばれるイスラエルは、歴史的背景からセキュリティ技術が強いイメージが先行しているが、ファッションやビューティーテックも台頭してきている。イスラエルのMUST WATCH企業やアライアンスの際の注意点をMillion

スキ
6