BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお…

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf

マガジン

  • 【法人用】バックナンバー読み放題プラン

    「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

  • バックナンバー読み放題プラン

    BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

  • グローバル展示会レポート

    BeautyTech.jpにおける「CES」や「コスモプロフアジア」など化粧品や原材料展示会についての記事です。

  • BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

    BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。

  • UI・UX・ブランディング

    BeautyTech.jpのUI・UX・ブランディングに関する記事です。

【法人用】バックナンバー読み放題プラン

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

すべて見る
  • ¥9,800 / 月

インド化粧品市場開拓のヒントを探る海外企業が集うコスモプロフ・インディア【Cosmoprof India 2023(1)】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2023年12月7日〜9日、インド・ムンバイで開催された化粧品関連国際展示会「Cosmoprof India 2023」では、インド市場への進出を模索・検討する欧米や韓国企業の出展が目立った。現地を取材し展示会の模様を2回に分けてレポートする。1回目はインド市場開拓に意欲のある外

スキ
29

【CES2024】美容ブランドがリンクしはじめているメンタルヘルス、Z世代の高い関心

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 米ラスベガスで2024年1月9日〜12日に行われた「CES2024」では何が語られ、どんな未来像が提示されたのか。ビューティテックやリテールテックを含むイノベーションの方向性を占う意味でも重要ないくつかの基調講演を軸に、現地取材したBeautyTech.jp編集長の矢野貴久子が3

スキ
12

韓国で進むAI導入、ロッテショッピングは生成AI活用でさらなる顧客体験の向上へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 世界各国のビジネスシーンで人工知能(AI)が広く使われているなか、多くの韓国企業が業務効率化と顧客体験の向上のための導入・活用に乗り出している。また昨今では、リアル、オンラインの双方のショッピング体験をさらに便利で豊かにするための生成AIを利用した新たな取り組みも進む。美容業界も

スキ
23

【CES2024】ウォルマートが示す「人間主導」のアダプティブ・リテール戦略

米ラスベガスで2024年1月9日〜12日に行われた「CES2024」では何が語られ、どんな未来像が提示されたのか。ビューティテックやリテールテックを含むイノベーションの方向性を占う意味でも重要ないくつかの基調講演を軸に、現地取材したBeautyTech.jp編集長の矢野貴久子が3回に分けてレポートする。2回目はウォルマートを取り上げ、彼らが実現しようとしているアダプティブ・リテールという概念と、未来の小売について紹介する。 オムニチャネルを超えた、アダプティブ・リテールとい

スキ
8

バックナンバー読み放題プラン

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

すべて見る
  • ¥980 / 月

インド化粧品市場開拓のヒントを探る海外企業が集うコスモプロフ・インディア【Cosmoprof India 2023(1)】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2023年12月7日〜9日、インド・ムンバイで開催された化粧品関連国際展示会「Cosmoprof India 2023」では、インド市場への進出を模索・検討する欧米や韓国企業の出展が目立った。現地を取材し展示会の模様を2回に分けてレポートする。1回目はインド市場開拓に意欲のある外

スキ
29

【CES2024】美容ブランドがリンクしはじめているメンタルヘルス、Z世代の高い関心

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 米ラスベガスで2024年1月9日〜12日に行われた「CES2024」では何が語られ、どんな未来像が提示されたのか。ビューティテックやリテールテックを含むイノベーションの方向性を占う意味でも重要ないくつかの基調講演を軸に、現地取材したBeautyTech.jp編集長の矢野貴久子が3

スキ
12

韓国で進むAI導入、ロッテショッピングは生成AI活用でさらなる顧客体験の向上へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 世界各国のビジネスシーンで人工知能(AI)が広く使われているなか、多くの韓国企業が業務効率化と顧客体験の向上のための導入・活用に乗り出している。また昨今では、リアル、オンラインの双方のショッピング体験をさらに便利で豊かにするための生成AIを利用した新たな取り組みも進む。美容業界も

スキ
23

【CES2024】ウォルマートが示す「人間主導」のアダプティブ・リテール戦略

米ラスベガスで2024年1月9日〜12日に行われた「CES2024」では何が語られ、どんな未来像が提示されたのか。ビューティテックやリテールテックを含むイノベーションの方向性を占う意味でも重要ないくつかの基調講演を軸に、現地取材したBeautyTech.jp編集長の矢野貴久子が3回に分けてレポートする。2回目はウォルマートを取り上げ、彼らが実現しようとしているアダプティブ・リテールという概念と、未来の小売について紹介する。 オムニチャネルを超えた、アダプティブ・リテールとい

スキ
8

グローバル展示会レポート

BeautyTech.jpにおける「CES」や「コスモプロフアジア」など化粧品や原材料展示会についての記事です。

すべて見る
  • 77本

美容業界の未来を考える2つのウェビナー「CES2024」と「2030年以降の美容業界」

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o BeautyTech.jpはアイスタイルの化粧品ブランド向けポータルサイト@cosme for BUSINESSの共催で、2月末から3月にかけて2つのウェビナーを開催する。2024年2月29日(木)は、2024年のCESでの資生堂による初出展を指揮した株式会社資生堂のブランド開発研究

インド化粧品市場開拓のヒントを探る海外企業が集うコスモプロフ・インディア【Cosmoprof India 2023(1)】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2023年12月7日〜9日、インド・ムンバイで開催された化粧品関連国際展示会「Cosmoprof India 2023」では、インド市場への進出を模索・検討する欧米や韓国企業の出展が目立った。現地を取材し展示会の模様を2回に分けてレポートする。1回目はインド市場開拓に意欲のある外

スキ
29

【CES2024】美容ブランドがリンクしはじめているメンタルヘルス、Z世代の高い関心

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 米ラスベガスで2024年1月9日〜12日に行われた「CES2024」では何が語られ、どんな未来像が提示されたのか。ビューティテックやリテールテックを含むイノベーションの方向性を占う意味でも重要ないくつかの基調講演を軸に、現地取材したBeautyTech.jp編集長の矢野貴久子が3

スキ
12

【CES2024】ウォルマートが示す「人間主導」のアダプティブ・リテール戦略

米ラスベガスで2024年1月9日〜12日に行われた「CES2024」では何が語られ、どんな未来像が提示されたのか。ビューティテックやリテールテックを含むイノベーションの方向性を占う意味でも重要ないくつかの基調講演を軸に、現地取材したBeautyTech.jp編集長の矢野貴久子が3回に分けてレポートする。2回目はウォルマートを取り上げ、彼らが実現しようとしているアダプティブ・リテールという概念と、未来の小売について紹介する。 オムニチャネルを超えた、アダプティブ・リテールとい

スキ
8

BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。

すべて見る
  • 13本

美容業界の未来を考える2つのウェビナー「CES2024」と「2030年以降の美容業界」

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o BeautyTech.jpはアイスタイルの化粧品ブランド向けポータルサイト@cosme for BUSINESSの共催で、2月末から3月にかけて2つのウェビナーを開催する。2024年2月29日(木)は、2024年のCESでの資生堂による初出展を指揮した株式会社資生堂のブランド開発研究

花王「SOFINA iP」、国内戦略ブランドとしてユーザーの声と向き合い、最新技術投入のリブランディング

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2015年の発売以来、ドラッグストアでも購入できる高機能化粧品ブランドとして位置づけられる「SOFINA iP」は、2023年に機能性をさらに高め、パッケージも一新するリブランディングを実施した。その背景と、国内における戦略ブランド「R8」のひとつとして目指すところを花王株式会社

スキ
16

資生堂が買収した「ドクター デニス グロス スキンケア」、その革新的な処方を体験レビュー

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 買収により資生堂の傘下に入った2000年設立の米ドクターズコスメ「ドクター デニス グロス スキンケア(Dr. Dennis Gross Skincare)」は、皮膚科医が開発した「毎日行うピーリング」という画期的な処方で注目を集め、米国の幅広い年齢層のユーザーから高い支持を集める

スキ
21

中国スキンケアブランド「KANS」は抖音ミニドラマでヒット。今後の美容マーケティングトレンドへ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 中国のショート動画プラットフォームでトレンドとなっている「ミニドラマ」コンテンツを、マーケティングに活用する企業が現れて話題を呼んでいる。なかでも大きな成果を収めているのが、中国の国産スキンケアブランドの「KANS(韓束)」だ。Douyin(抖音)上で展開される同ブランドの取り組み

スキ
42

UI・UX・ブランディング

BeautyTech.jpのUI・UX・ブランディングに関する記事です。

すべて見る
  • 22本

花王「SOFINA iP」、国内戦略ブランドとしてユーザーの声と向き合い、最新技術投入のリブランディング

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2015年の発売以来、ドラッグストアでも購入できる高機能化粧品ブランドとして位置づけられる「SOFINA iP」は、2023年に機能性をさらに高め、パッケージも一新するリブランディングを実施した。その背景と、国内における戦略ブランド「R8」のひとつとして目指すところを花王株式会社

スキ
16

SHIROのコスメロスを減らすアーカイブ販売、サステナビリティと成長性は両軸の企業哲学

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o サステナブルであることとユーザーにとって憧れの対象となるブランディングのどちらも両立しているという意味で、かつ、そのサステナビリティについても、声高には語らず、それが当たり前のこととして社内に浸透しているという点で、SHIROは希有な存在といえる。1989年に株式会社ローレルとして誕

スキ
34

ORBISアプリ内サービス「肌カ.ル.テ」、深化するパーソナライズと顧客との伴走で長期の関係構築へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2022年11月、リニューアルしたORBISアプリのコア機能として「肌カ.ル.テ」がスタートした。顧客の肌悩みに寄り添うきめ細やかで継続的なコミュニケーション設計は、顧客との長期の信頼関係を築くことを目指す。同サービスの全体像とともに、開発に至った背景と目的を開発に携わったメンバーに

スキ
17

花王 Biore VIRTUAL STUDIO、 消費者目線で開発したUVケア関連ARコンテンツ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 花王株式会社はブラウザでアクセスできるデジタルプラットフォーム「Biore VIRTUAL STUDIO」で、ユーザーの「日焼けストレスからの解放」を通じた、快適な生活の実現を後押しするAR体験を提供している。開発に採用したのは、米カリフォルニアに本拠地を構えるARスタートアップ 8

スキ
15