マガジンのカバー画像

リテールテック・OMO

131
BeautyTech.jpのリテールテックやOMOに関する記事をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

インド美容ECのBODDESS、Z世代へのメッセージ性とオムニチャネル戦略で急成…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7日前

「サステナビリティ・スコアリングシステム」「JD MALL」「第三国の市場開拓」がキー…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
8か月前

資生堂「パーソナルビューティープラン」が担うのは、地域に根ざすリアル重視のDX

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

最短10分も。韓国でのコスメ配送は「すぐ欲しい」に応えるクイックコマース時代へ

◆ English version: “Faster than Fried Chicken”- Cosmetics delivery in South Korea pi…

BeautyTech.jp
3か月前

始まりつつあるメタバースコマース、α世代Z世代との新しいコミュニケーション手法【N…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前

米小売業界はセルフレジの進化、仮想通貨決済、ドローン配送などイノベーション実装も…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

LVMHジャパン、オムニチャネル化に向けて38メゾンのDX推進を担うデジタルチーム

◆ English version: LVMH Japan’s Digital Team to Drive DX for Omnichannel ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o LVMHのグローバルのデジタル戦略はパンデミックでさらに加速、第2ステージとして位置づけるのがオムニチャネル化だ。その戦略を日本で、そして

スキ
32

日本進出のRevieve、ARメイク・肌分析からレコメンド、アドバイスまでの体験…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
5か月前

米国でD2Cブランドのリアル店舗進出を支えるRaaS「ゴーストリテーラー」【後編:Leap…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
6か月前

米国でD2Cブランドのリアル店舗進出を支えるRaaS「ゴーストリテーラー」【前編:その…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
6か月前

美容企業のDXに必要な体制づくりとは? 【後編・コーセー、CHOOSEBASE SHIBUYAの現場…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
6か月前

リアル店舗と美容分野重視のJD.com、没入型ストアと即時配送網でアリババを猛追

◆ English version: JD.com boosts offline reach and beauty sector presence with an eye …

BeautyTech.jp
7か月前

CHOOSEBASE SHIBUYA、メディア型OMOストアが生むビジネスサイド…

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクか…

BeautyTech.jp
7か月前

資生堂とアクセンチュアのJVが描くビジネス改革<後編: ID統合、ウエルネス分野進出へ>

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 資生堂とアクセンチュアの合弁会社である資生堂インタラクティブビューティー(IB)が、実際にどんな取り組みを始めているのか。前編に続き、資生堂インタラクティブビューティー株式会社 代表取締役社長 高野篤典氏、そして、同社の中核を担うア

スキ
42