マガジンのカバー画像

BeautyTech.jp記事 最新1カ月記事(無料)

14
BeautyTech.jpの直近1カ月以内に更新した記事はこちらから無料にてご覧いただけます。
運営しているクリエイター

記事一覧

「WIRED Futures」、SFプロトタイピング観点から考える2050年のある人の美容生活

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3時間前
2

韓国「Talitha Koum」、白タンポポ原料の高機能ヴィーガンコスメのユニークな設立背景

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2日前
5

ヘアカラー専門店「fufu」は高品質・低価格で年間ユーザー100万人、リアル店舗からのE…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
5日前
8

【VivaTech 2024 ②】LVMH が志向する人間×デジタルによる顧客体験のグレードアップ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7日前
10

【VivaTech2024①】ロレアルがリードするビューティテック、デバイスから生成AIラボ、…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
9日前
13

資生堂 ザ・ギンザ、ブロックチェーンで正規品保証とクロスボーダーO2Oを実現、見据え…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
12日前
9

ホーユー、100年培ったR&Dでヘアカラー後の髪色ケア特化パーソナライズD2C「irop(イロップ)」をリリース

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2024年4月3日、パーソナル診断を用いたD2Cヘアカラーケアブランド「irop(イロップ)」の販売が開始した。同サービスを運営する株式会社イロップは、ヘアカラー開発で100年以上の歴史をもつホーユーが博報堂とともに立ち上げたJV(ジョイントベンチャー)である。ヘアカラー後の髪色ケ

化粧品ロス課題を“ブランド価値”に転換へ、ドットシーが挑む専門ECサイト

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2週間前
25

化粧品ビジネスの可能性に投資も加速、公正な取引への環境整備が急務【アフリカ市場の…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2週間前
24

巨大市場「A-Beauty」年10%超の成長率、The Colorsでの提言【アフリカ市場の今 ①】

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3週間前
12

Kireiiは化粧品の選び方を変える成分検索プラットフォーム、デジタルハリウッド大学院…

化粧品類の成分検索プラットフォーム「Kireii(キレイイ)」がPOC(概念実証)を経て、2024年4…

BeautyTech.jp
3週間前
51

三越伊勢丹がメタバース起点イベントでファッション業界の課題と未来を提示する理由

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3週間前
27

AIレコメンド「My Salon」のWellTechはマルホからスピンアウト。美容・予防・治療まで…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4週間前
8

ケリングが足元から見つめる持続可能性、ファッション・美容分野のイノベーションも

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o グッチ、サンローランなどを擁するグローバル・ラグジュアリー・グループのケリングは、CARE (配慮)、COLLABORATE(協業)、CREATE(創造)をサステナビリティ事業戦略の3つの柱とし2025年までのロードマップを実行している。その一環として、スタートアップなどによる持続