眠れる「中国フレグランス市場」が急成長、欧米ブランドに加え新興ブランドも活発化
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

眠れる「中国フレグランス市場」が急成長、欧米ブランドに加え新興ブランドも活発化

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国化粧品市場においてフレグランスの占める割合はわずか2%だが、この3年ほど毎年20%超の急成長をみせている。シャネルやイヴ・サンローランなどの海外ラグジュアリーブランドに加え、BOITONやASSASSINAといった中国の新興ブランドも健闘している。中国のフレグランス市場の特徴と動向を紹介するとともに、その可能性を探る。

2020年は前年比26.6%増。実勢は少ないが大きな可能性

4,777億元(約7兆6,000億円)とされる中国の化粧品市場(東莞証券調べ)において、フレグランスカテゴリーが占める割合はまだまだ小さい。中国の調査会社iResearch(艾瑞諮詢)が2020年11月に発表した「中国香水業界研究白書1.0」によると、2019年の香水市場規模は99.2億元(約1,587億円)で約2%に過ぎない。

同白書では、中国でフレグランスを使うユーザー数は2,000万人に満たないと推計している。しかし、客単価をみると500~800元(約8,000~1万3,000円)と高めだ。海外のラグジュアリーブランドが購入されているためとみられる。成長率も高く、2018年は29.8%増、2019年は24%増となっている。2020年はコロナ禍にも見舞われたが、その勢いは衰えず、26.6%増の125.7億元(約2,011億円)に達すると予想されている。

調査会社・前瞻産業研究院によると、2019年1~11月のアリババグループのプラットフォームでの香水ブランドのシェアは、1位が「シャネル」で6.2%。以下3.4%の「BOITOWN(冰希黎)」、「ブルガリ」、「ジョー マローン ロンドン」、3.2%の「ディオール」、2.9%の「YSL(イヴ・サンローラン)」、2.5%の「エルメス」、「ヴェルサーチ」、2.4%の「MINGLAN(名藍)」、2.2%の「カルバン・クライン」と続く。欧米ラグジュアリーブランドがやはり強いが、中国ブランドも2つ入って健闘している。

画像1

「ASSASSINA(莎辛那)」など
中国ブランドも台頭
出典: JALA公式サイト

ヘビーユーザーが多い中国の香水市場

中国の香水ユーザーの特徴としては、数こそ少ないが利用頻度が高い傾向にある。前述の白書によると、51.5%が毎日香水を使用し、15.6%が平日は毎日使い、29.5%が少なくとも平日の3日間は使用しているという。使用する場面は、学校・職場が86.5%と最も多く、友人との集まりが81.9%、週末の余暇が75.2%、デートが62.9%と続いた。意外なのは、家にいる時も使うと答えたユーザーが31%いたことだ。香水をつけることが習慣化しているユーザーが多いとみられる。

次に中国の消費者が好む香りをみてみると、1位はフローラル系の48.3%で、2位が柑橘系の39.8%、3位がウッディ系の32.8%、4位がフルーティ系の30.4%だった。また、香水の中身だけでなく見た目も重視している。香水ボトルについては77.5%が精緻で美しいデザインを好み、54.9%が視覚的インパクトを求めていた。

この続きをみるには

この続き: 3,476文字 / 画像4枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf