スクリーンショット_2019-08-09_17

Meituなど中国の肌診断、アプリから店頭まで精度を求める女性のニーズで進化中

◆ English version: Who’s the fairest of them all? — Ask the Skin diagnosis app by Meitsu.
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国では画像処理とAIを活用した多様な肌診断サービスが登場している。そもそも中国におけるスキンケアニーズは高く、仏ロレアルが発表した「2017アニュアルレポート」によれば、世界の化粧品市場規模の製品別カテゴリーでスキンケアが占める割合は37%だ。それに対し、中国の場合は50%とその割合は圧倒的に高い(「化粧品業界深度報告」光大証券)。多彩な肌診断サービスをBtoCとBtoBに分けて紹介する。

まず、BtoC向けのサービスだが、スマートフォン用アプリがいくつか誕生している。ユーザー数が多いのは「你今天真好看」(日本語で「あなたは今日とても綺麗だ」の意味)だ。肌診断を受けるためには顔をスマホで撮影する必要があるが、自撮りか他人に撮ってもらうかを選ぶ。自撮りの場合、このアプリには反転する機能がないため、自分の顔がどう映っているかを確認することができない。だが、それではうまく撮れないのではないかという心配は無用だ。音声で「もっと近く」「もっと離して」と指示を出してくれる。

広告収益型の肌診断アプリ

撮影して20秒ほどで、肌年齢と総合点、さらには健康度、乾燥・脂性、きめ細かさなど6項目を10段階評価したレーダーチャートが表示される。さらにその項目からたとえば「肌質」を選択すると、Tゾーン、頬、顎の各部位における乾燥・脂性をそれぞれ100点満点で評価する。続いて選択式の質問に答えれば診断は完了。さらにメニューから化粧品のカテゴリーを選択すると、診断結果に合った商品のレコメンドが見られる。

乾燥・脂性、敏感性、ニキビのレベルといった指標をもとに商品が提示され、肌の状態に合致する確率が表示される。一般的な化粧品アプリ同様、ユーザーの星評価とコメントも表示され、商品が気に入ればタオバオ(淘宝)を通じて購入することができる。そうしたアフィリエイトや広告が同アプリの収益になっているようだ。

画像1

「你今天真好看」アプリの画面
診断結果から商品が推薦される

你今天真好看を開発しているのは、2015年11月に設立されたHangzhou C2H4 Internet Technology(杭州以息互联網科技)だ。同アプリがローンチされたのは2016年8月で、呉亮CEOによると、iOS版は5ヶ月間でダウンロード数が30万を突破。ユーザー分布を見てみると、1990年以降に生まれた「90后」、2000年以降に生まれた「00后」が多く、女性が80%を占めるという。2017年3月には、エンジェルラウンドで数百万元(数千万円から1億円超)の調達に成功している。

肌診断で美容機器の販売を促進

一方、你今天真好看の競合となるのはC-Life(深圳和而泰家居在線網絡科技)が2018年1月にリリースした「SKIN SECRET(肌肤秘決)」である。同社の持ち株会社「深圳和而泰智能控制股份」は清華大学とハルビン工業大学が共同出資しており、深圳証券取引所に上場。スマート家電やスマートハウスのプラットフォームなどを手がけている。

SKIN SECRETは撮影を終えると次に、自分の性別と出生年を選択するのだが、なぜか出生年は1990年以降しか選べない。你今天真好看同様、測定終了後に診断結果が点数で表示されるが、分析はSKIN SECRETの方が細かく、吹き出物や目袋の状態など文章で詳細に説明してくれる。診断に即した商品のレコメンドもあるが、你今天真好看のようなメニューからのカテゴリー選択はなく、ユーザーのコメントや購入先のリンクもない。

画像2

「SKIN SECRET(肌肤秘決)」
アプリ画面

では、同アプリはどのようにマネタイズしているのかというと、美容家電だ。C-Lifeは美容家電ブランド「RONGYAO(容耀)」を展開しており、SKIN SECRETアプリから同ブランドの製品と接続することができ、設定ページ内にあるバナーをタップすると、RONGYAOのタオバオ店に飛ぶ仕組みになっている。つまり、美容家電の販売促進のためのアプリなのである。

画像3

C-Lifeが販売する美容家電ブランド
「RONGYAO」

手のひらサイズからショッピングモールの肌診断ステーションまで

美容家電と肌診断を結びつけた事例はほかにもある。Meitu(美図)が5月に発売した肌診断機「MeituKey」だ。同社は自撮り用の画像編集アプリなどをビジネス主軸としてきたが、スマホ販売で失敗し、シャオミ(小米)に事業を売却した苦い過去がある。しかし、同社はあらたに美容家電に参入し、物販に再チャレンジ。これに先立ち、4月には洗顔器「MeituSpa」も発表している。

画像4

MeituKey
出典:Meitu公式サイトより

MeituKeyは卵形の手のひらサイズの機器で、顔に当てると診断結果がスマホアプリに表示される。嫌気性菌や皮下組織の炎症など、通常、病院に行かなければわからないような症状まで同製品で検知できるという。ただ単に皮膚の状況を測定するだけでなく、AIにより、改善のためのアドバイスをするのも特徴だ。販売価格は約1万5,000円で、タオバオなどのECサイトを中心に展開している。発売から3か月足らずだが、Weibo(微博)で話題になっており、ハッシュタグ「meitukey皮肤検測儀」には4,000を超えるコメントがつき、のべ40万回閲覧されている。

ショッピングモールでも気軽に肌診断

これに対し、上記の3社とまったく異なる展開をしているのが、2017年創業のスタートアップ上海愛肌悦智能科技だ。同社はスマート肌測定ステーション(智能測肤站)「AI肌」をショッピングモールの通路などに設置。一般客がゲーム感覚で肌診断を体験でき、診断結果はWeChat(微信)経由でユーザーへ送られる。料金は1回約320円で、創業者の蒯嵐鹰CEOによると、約3か月で1台分のコストを回収できるという。同社は、創業間もない2018年3月にエンジェルラウンドから数百万元の調達に成功している。同社のウェブサイトによると、AI肌はすでに都市部で数百台が設置されているという。

業務用肌診断機はブルーオーシャン

BtoB向けでは、「SkinRun(肌肤管家)」が早くから展開している。開発しているのは上海商路網絡科技で、2013年から研究開発をはじめ、化粧品店やエステサロンなどへの機器導入を推進している。現地メディアの黄俊茗CEOへの取材によると、「SkinRun V3」は、現在、1,500店舗に採用されているそうだ。最近では、一般消費者向けに簡易版も展開している。6月にはプレシリーズAでの資金調達に成功した。

同社は、2018年から浙江工業大学とAIの共同研究を開始。現地の報道では、50万ものサンプルデータを集めることで診断の精度を高めたという。機器での診断結果を医療機関などの専門家による診断と比較した際の正確度は、96%に達するとされる。7月に発表した最新機種「SkinRun V4」は、2,500万画素のカメラを搭載し、診断からレコメンド商品購入への流れをスムーズにするため、オンライン決済やPOSシステムとの接続が可能で、ニューリテールを意識した設計となっている。今後はブランドの店舗や医療機関をターゲットにしていくとしている。

画像5

すでに多くの店舗で導入されている
「SkinRun V3」

SkinRunの競合としては、上海媚測信息科技が展開している「MEICET(美測)」がある。2008年から研究開発に取り組み、中国のスキンケアブランド「植物医生(DR PLANT)」など国内外500社の店舗への納入実績がある。

また、BtoC向けをすでに製品化しているMeituは、BtoB向けの大型機器の展開も目論んでいる。2019年5月に上海で開催された「中国美容博覧会(China Beauty Expo)」で初披露の「MeituEve(美図宜肤)」は高性能カメラを搭載し、「油と光の区域を分割する方法・装置およびモバイル端末」「頬の敏感肌を識別する方法および装置」などの新たに取得した特許技術と、同社の第3世代となるAI肌測定技術を融合させ、一般向けのMeituKeyよりもさらに正確な診断を可能にした。

技術が発展するにつれ、中国人女性は肌診断に対してもより高度な専門性を求めるようになってきている。画像編集アプリを主業とするMeituが機器による展開を志向しているのもそのためだろう。你今天真好看のようにアプリだけでは、この先、ビジネスが厳しくなるかもしれない。

一方、業務用に目を転じると、上海商路網絡科技の黄CEOによれば、中国でスキンケア用品を販売する小売店はおよそ19万店存在するが、肌測定機を導入している店舗は2万店に満たないという。つまりこの業界には、“ブルーオーシャン”が広がっているともいえる。今後もMeituのような近い業界にいるプレイヤーの参入が増えていくだろう。日本の化粧品メーカーが電機メーカーなどと組んで開発に取り組み、製品のレコメンドにつなげる試みなど可能性はありそうだ。

Text: チーム・ロボティア(Team Roboteer)
Top image: elwynn via shutterstock

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
12

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
3つ のマガジンに含まれています