バーバリーがWeChatミニプログラムでリアルと融合の「ソーシャルリテールストア」
見出し画像

バーバリーがWeChatミニプログラムでリアルと融合の「ソーシャルリテールストア」

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

英国のファッションブランドBurberry(バーバリー)は、新しいショップ体験を提案する「ソーシャルリテールストア」を中国にオープンした。耳新しいコンセプトの一端を担っているのはテンセント(騰訊)が運営するWeChat(微信)ミニプログラムだ。店舗の全体像と直近のWeChatでの化粧品ブランド活用事例についても紹介する。

バーバリーは2020年7月31日、広東省深圳市のショッピングモール「深圳湾MIXC」に「BURBERRY OPEN SPACES(空・間)」を開店した。同社のウェブサイトによると「ブランド創業者、トーマス・バーバリーより受け継ぐイノベーティブな精神から誕生した先駆的なソーシャルリテールストア」であり、「リアルとソーシャルの間に存在する次世代型店舗」だという。

現地の報道によると、同社のマルコ・ゴベッティ最高経営責任者(CEO)は「我々はテンセントと協力して新しいコンセプトを作り上げ、高級ブランド品ストアに寄せられる期待を再定義した」と述べている。その新コンセプトの“ソーシャル”に当たる部分となっているのは、WeChat内にローンチされた専用ミニプログラム「Burberry社交零售精品店(ソーシャルリテールストア)」である。ここは、中国・深圳にオープンしたリアル店舗であるBURBERRY OPEN SPACES(空・間)にてユーザーが撮った写真や動画を投稿できるようになっており、閲覧したほかのユーザーが「いいね」をすることができる。

このバーバリーのミニプログラムでは、バーチャルながら商品も紹介しており、ユーザーはその商品に対するコメントを書き込むことができる。商品によっては、バーバリーの別のミニプログラム「Burberry線上精品店(オンラインストア)」から購入できるものもあるが、このソーシャルリテールストアからの直接購入はできず、BURBERRY OPEN SPACESでの試着予約を促す仕組みになっている。

ミニプログラムによってさらに充実するユーザー体験

同ミニプログラムでユーザー登録をすると、まず動物のキャラクターが与えられる。キャラクターは店舗やミニプログラムでの交流によって成長していき、新しいキャラクターや着せる洋服が追加されるというゲーム要素が実装されている。

また、ミニプログラム内で気に入った商品が見つかると、前述のリアル店舗BURBERRY OPEN SPACESでの試着を予約することができる。フィッティングルームは、無限の合わせ鏡や再解釈されたトーマス・バーバリーのモノグラム、鹿のパターンなど異なる内装の3タイプから選ぶことができ、40曲のプレイリストが用意され、好きな曲を聴きながら試着を楽しめるという。

この続きをみるには

この続き: 3,380文字 / 画像4枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf