中国ではDouyinが美容ブランドのマーケティング主戦場へ、REDとの相性のよさも
見出し画像

中国ではDouyinが美容ブランドのマーケティング主戦場へ、REDとの相性のよさも

BeautyTech.jp

◆ English version: Douyin Becomes Beauty Brands’ Marketing Mainstay in China
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

TikTokの本家中国版「Douyin(抖音)」が、中国でECプラットフォームとしてのプレゼンスを拡大させている。中国のEC業界で圧倒的地位を築いてきたアリババグループ(阿里巴巴集団)を脅かす存在になりつつあるDouyinの現状と、その影響力や強さの秘密を分析する。

GMVの成長率ではアリババを大きく上回るDouyin

11月11日を中心に中国で行われる一大セールイベント「ダブルイレブン(双11)」、2021年はアリババグループの成長鈍化が話題になったが、通年の結果をみても同様の低い伸びだった。なかでも美容分野での減速がみてとれる。現地のメディアによると、アリババの同年1月~11月のスキンケア用品類のGMV(流通取引総額)は0.3%増の1,816億元(約3兆2,688億円)で、メイクアップカテゴリーでは9.1%の減少だった。

これに代わり競合各社がシェアを伸ばしており、とくにプレゼンスが拡大しているのが、バイトダンス(字節跳動)が運営するDouyinだ。同社の同期間の化粧品類のGMVは、3,678億2,000万元(約6兆6,208億円)に達している。

2022年になってもその流れは変わらず、1月のアリババの化粧品類のGMVは27%減の136億6,600万元(約2,459億8,800万円)なのに対し、Douyinは364.5%増の62億4,300万元(約1,123億7,400万円)と急拡大し、今やDouyinは、美容ブランドにとって無視できない存在といえる。

出典:Douyin

美容ブランドとの親和性が高く、REDとの連動も多いDouyin

中国の調査会社 有米有数の「2021 Douyin & RED化粧品業界マーケティングレポート(2021抖音&小紅書美粧行業営銷報告)」によると、化粧品ブランドがSNSに投じるマーケティング予算は、Douyinが圧倒的に大きく、43.5%を占める。2位が29.4%の「RED(小紅書)」で、その下とはかなりの開きがあり、テンセントの「WeChat(微信)」が9%で、Sina(新浪)の「Weibo(微博)」が3.1%だった。

DouyinとREDを合わせると7割を超えることになり、美容ブランドにとって両プラットフォームなしにはSNSマーケティングが成り立たなくなっている。同レポートでは、DouyinとREDは相性がよく、「REDで種を蒔き、Douyinで刈り取る」という流れができていると分析している。

この続きをみるには

この続き: 3,787文字 / 画像3枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf