見出し画像

生成AIを活用したアバター作成アプリMIAOYAが中国で人気、メタバース内でも活用へ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

アリババグループのYoukuが運営するアバター生成アプリ「MIAOYA(妙鴨相機)」がいま中国で話題だ。アップロードされたユーザーの画像をもとに、本人に類似したリアルな表現のアバターをAIで作成する機能はメタバースでの活用、美容ブランドとのコラボレーションも今後期待できそうだ。


無料でアバターの顔画像がAI生成されるMIAOYA、ユーザー殺到の理由

中国のアバター生成アプリ「MIAOYA(妙鴨相機)」は「Fabulous Duck(素晴らしいアヒル)」の愛称で親しまれ、OpenAIのChatGPTと同様の生成AI技術を中国で初めて採用したアプリとされている。

2023年7月にテンセント(騰訊控股)のチャットアプリWeChat(微信)のミニプログラムとしてリリースされ、SNSのウェイボー(微博)の公式アカウントのフォロワー数が143万を超える注目を集めている。現在はアプリ版もリリースされ、撮影したユーザーの画像をアップロードすると本物の人間を思わせるリアルな質感で、古代中国風やビジネスポートレートなどさまざまなアバターの顔画像がAIによって生成される。

これまでも「海馬雲」や「優鏈時代」などアバター生成サービスを提供する企業はあったが、独自のプラットフォームや専用機器を利用するものが多く、アプリで誰でも気軽に利用できるサービスはあまりなかった。加えて、後述するが、MIAOYAは無料の体験版を用意したこともユーザーの急増につながったと考えられる。

アバター生成アプリ「MIAOYA」
出典:MIAOYA公式サイト

オンライン旅行予約サービス「Ctrip」との提携で世界の名所テンプレートを提供

MIAOYAアプリは、顔の正面を含めた複数枚の画像をアップロードすると、AIが自動でアバターポートレートを生成する。基本構造はPerfect Corp.のYouCamアプリ「AIマジックアバター」に似たようなサービスだ。

MIAOYAでは、当初生成に必要な画像は20枚だったが、ユーザーから「多すぎる」との声が少なくなかった。そこでさらに開発を進め、8枚の画像で本人との類似度が通常の7〜8割程度のレベルで生成が可能な「体験モード」を設け、9.9元(約200円)の利用料金も無料にして提供した。

続きをみるには

残り 3,247字 / 3画像

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。