見出し画像

中国で化粧品・香料などの原料サプライヤーが続々と上場へ。成長戦略にはずみ

◆ English version: The sweet scent of success for Chinese cosmetics and perfume raw material suppliers as more go public
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

好調な中国の化粧品市場を背景に存在感を増しているのは中国の国産ブランドだけではない。中国では最近、香料メーカーを中心に業績の良いサプライヤーの上場が相次いでいる。各社を紹介するとともに、その要因について分析する。

Perfect Diaryに続き、中国香料メーカーが初の米国上場

2020年11月、中国の新興化粧品ブランド「Perfect Diary(完美日記)」を運営するYATSEN(逸仙控股)が中国のコスメブランドとして初めて米国株式市場に上場し話題になったことは、以前の記事で紹介したとおりだ。その一方で、香料メーカーも同業界としては中国企業初の米国上場を実現しようとしている。Bon Natural Life(西安天美生物科技)である。ナスダック市場に上場すべく、2020年12月に米国証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出した。

2006年創業の同社は、陝西省銅川市と渭南市に生産拠点を持ち、植物由来の香料やサプリメント、食品添加物などを製造している。中国メディアによると、P&Gや花王にも原料を供給しているという。また、同社は原料だけでなくOEM・ODMとして製品づくりもしている。また、粉末飲料やシャンプーなどの自社ブランドも展開中だ。

Bon Natural Lifeは、中国の香水市場の拡大に乗じて成長してきた。2019年9月までの1年間の売上高は、前年同期比52.1%増の1,639.6万ドル(約17億2,000万円)だった。セグメント別シェアは、フレグランス化合物が41.1%で、ヘルスサプリメントが26.5%、バイオアクティブフード材料が32.4%だった。ただし、2020年は新型コロナウイルス感染症拡大による操業停止を受け、同年3月までの6カ月間の売上高が16.6%減となる715万ドル(約7億5,000万円)と落ち込んだ。

画像1

自社製品も開発するBon Natural Life
出典: Bon Natural Life公式サイト

植物抽出技術に強みを持つBon Natural Life

Bon Natural Lifeは「天然機能成分のイノベーター、健康産業のサプライヤー」になることを掲げ、14年間で4つの独自技術を確立してきた。

1つは、植物抽出分離および構造改変技術だ。原材料からの有効成分の抽出を最大化し、有毒成分を除去。オニサルビアやスタキオースなどの抽出に利用されている。2つ目は、植物抽出成分の活性増強技術である。水溶性を高める、分子を安定させるなどの技術を応用し、植物抽出成分の機能性を高めるとともに、毒性を低減。化合物研究製品の差別化を図るための重要な技術とされる。

3つ目は、植物抽出成分の安全性向上技術で、抽出した成分から重金属や溶解した残留農薬、特定有害成分を除去する。そして、最後は植物抽出成分の機能性を最大限に高めるための配合技術だ。こういった機能性化合物の研究は製品調合の研究開発における基礎技術であり、OEM・ODM事業や商品開発の下支えとなっている。同社ではこれらの技術を柱に12の特許を保有している。

目論見書によると、これらのバイオ製造技術を駆使し、芳香性の高いハーブであるクラリセージから抽出したスクラレオール、スクラレオリド、アンブロキシドなどの物質を生成し、マッコウクジラの体内で生成される香料の一種で希少な竜涎香(アンバーグリス)の代替としている。特にアンブロキシドは独自の技術により、競合他社より安価に提供できるとする。また、プロバイオティクスやスタキオース、天然抗酸化リンゴポリフェノールなどの生成にも強みを持つ。

同社は上場により調達した資金によって、事業の成長と市場の拡大を加速させるとともに、ヒトマイクロバイオーム(人の常在菌など)関連の事業に注力し、大手企業と提携したいとしている。さらには直販部隊を増やして販売網を広げ、オンラインも強化する計画だ。

原料や容器メーカーも上場

Bon Natural Lifeに先立って、中国国内では化粧品製造における各種サプライヤーの動きが活発になっており、2020年は3社が中国市場に上場している。

2000年創業のCOSMOS Chemical(南京科思化学股份)は、2020年7月に深圳証券取引所に上場。同年第3四半期累計の売上高は前年同期比4.3%減の7.6億元(約124億9,000万円)と振るわなかったが、時価総額は59.4億元(約974億2,000万円)に達する。

同社は、江蘇省宿迁市と安徽省馬鞍山市に生産拠点を有し、日焼け止めなどの有効成分や合成香料を生産。活性成分ではアボベンゾンやメトキシケイ皮酸エチルヘキシルなど、香原料ではアネトールや2'-アセトナフトンなどの製造をしているという。現地の報道では、日焼け止め原料については、バイヤスドルフやP&G、ロレアルグループ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどに供給し、合成香料はジボダンやフィルメニッヒなどのグローバル大手香料メーカーに供給している。

画像2

出典: COSMOS Chemical公式サイト

2002年創業のAnhui Hyea Aromas(安徽華業香料股份)も、2020年9月に深圳証券取引所に上場した。同年第3四半期累計の売上高は前年同期比2.9%増の1.6億元(約26億円)で、時価総額は24.5億元(約401億8,000万円)。ガンマラクトン類やデルタラクトン類などの合成香料を生産する同社は、公式サイトによると全生産量の75%以上を海外に輸出。P&Gのほか、フィルメニッヒやインターナショナル・フレーバー・アンド・フレグランスなどの香料メーカーが顧客という。

画像3

出典: Anhui Hyea Aromas公式サイト

上場するサプライヤーは、製品の原料を供給するメーカーにとどまらず、パッケージの製造メーカーもいる。1989年創業のJSPL(浙江錦盛新材料)だ。同社も2020年7月に深圳証券取引所に上場した。同年第3四半期累計の売上高は前年同期比20.9%減の2億元(約33億2,000万円)と大きく落ち込んだが、時価総額は19.2億元(約314億9,000万円)に達する。

浙江紹興市に拠点を構え、金型から射出成形、印刷、塗装、組立までを一貫して手掛ける同社はアクリル容器を製造している。住友重機械工業や東芝機械など高性能の射出成型機を使用し、高い品質を確保。エスティ ローダーやロレアルグループなどの製品の容器を手掛け、全生産量の半数を欧米や東南アジアなとの海外に輸出しているという。

2021年も続く上場ラッシュ

サプライヤーの躍進は2021年になっても止まらない。現在のところ、さらに3社が上場を控えている。

1999年創業のHangzhou Grascent(格林生物科技股份)は2020年12月、深圳証券取引所の新興企業向け市場で、中国版ナスダックとも称される「チャイネクスト(創業板)」への上場申請が受理された。同社はアセチルセドレンやセドロールメチルエーテル、檀香(白檀、紫檀等の総称)などを生産し、主に香油の原料として供給している。報道によると、2020年上半年の売上高は3億元(約48億4,000万円)だった。

同社はジボダンやインターナショナル・フレーバー・アンド・フレグランスなどの香料メーカーに香料を供給し、海外販売が売上高の8割以上を占める。調達した資金は、年産5,182トンの高級香料の製造ラインの改造と年産3,500トンの新規プロジェクト、研究プロジェクトなどに充てる計画だ。

画像4

出典: Hangzhou Grascent公式サイト

2001年創業のWANXiang(万香科技股份)も1月、チャイネクストへの上場申請を受理された。同社は、ジヒドロジャスモン酸メチルやエチルマルトールなどを生産し、香料や香油、食品添加剤として供給している。同社の公式サイトによれば、フランスのヴェ・マン・フィスやジボダンなどの香料メーカーが取引先だ。中国メディアの報道では、2020年上半年の売上高は5.7億元(約94億円)だった。

調達資金は、2,400トンの合成メントールのラインナップ、4,540.5トンの天然香料のラインナップ、そして、1万7,800トンのサリチル酸のラインナップの生産などに充てられるという。

2001年創業のASIA AROMA(昆山亜香香料股份)も1月に深圳証券取引所に上場申請が受理された。香料や清涼剤を生産する同社もまた、インターナショナル・フレーバー・アンド・フレグランスやジボダンなどに香料を供給。2020年上半年の売上高は2.7億元(約44億3,000万円)だった。

世界のサプライチェーンが再編される可能性も

中国調査サービス・iResearch(艾瑞諮詢)が2020年11月に発表した「中国香水業界研究白書1.0」によると、2019年の香水市場規模は前年比24%増の99.2億元(約1,627億円)だった。2020年はコロナ禍にもかかわらず前年の伸びを上回り、26.6%増の125.7億元(約2,061億円)に達すると予想されている。

香料メーカーを中心に中国企業の上場が相次いでいる背景には、中国の香水市場の急拡大と新興化粧品ブランドの増加による需要の増大があると考えられる。海外メーカーに比べて、中国人ユーザーの嗜好やトレンドを把握しやすく、早い対応が可能な中国の香料メーカーに利するところは大きいだろう。

ただし、このまま中国の香料メーカーが勢いを持続できるかは不透明だ。前述したように、こういった中国メーカーの多くは海外売上の比率が高いが、中国での報道では、徐々に評価はされてはいるものの、中国メーカーと海外メーカーにはまだ品質において差があると指摘されている。

中国メーカーが海外企業に供給している香料は普及価格帯がほとんどであり、現状は価格競争で優位にたっているという側面もある。高価格帯のものについては、各メーカーが自国で調達しているとみられる。それは自動車などほかの産業と同じ構造であり、付加価値の高い素材ほど先進国で製造・調達されているのだ。

中国メーカーが高価格帯製品で欧米メーカーに追いつくのは、容易ではない。考えられるシナリオとしては、冒頭でも触れたPerfect Diaryが力を入れているように、海外メーカーの買収だろう。上場により資金力をつけた中国香料メーカーらが、海外M&Aを推進し、ノウハウも身につけて成長すれば、化粧品原料・香料における世界のサプライチェーンが再編される可能性もでてきそうだ。

Text: チーム・ロボティア(Team Roboteer)
Top image: Genitchka via Shutterstock

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
28
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp