中国で化粧品・香料などの原料サプライヤーが続々と上場へ。成長戦略にはずみ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中国で化粧品・香料などの原料サプライヤーが続々と上場へ。成長戦略にはずみ

◆ English version: The sweet scent of success for Chinese cosmetics and perfume raw material suppliers as more go public
◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

好調な中国の化粧品市場を背景に存在感を増しているのは中国の国産ブランドだけではない。中国では最近、香料メーカーを中心に業績の良いサプライヤーの上場が相次いでいる。各社を紹介するとともに、その要因について分析する。

Perfect Diaryに続き、中国香料メーカーが初の米国上場

2020年11月、中国の新興化粧品ブランド「Perfect Diary(完美日記)」を運営するYATSEN(逸仙控股)が中国のコスメブランドとして初めて米国株式市場に上場し話題になったことは、以前の記事で紹介したとおりだ。その一方で、香料メーカーも同業界としては中国企業初の米国上場を実現しようとしている。Bon Natural Life(西安天美生物科技)である。ナスダック市場に上場すべく、2020年12月に米国証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出した。

2006年創業の同社は、陝西省銅川市と渭南市に生産拠点を持ち、植物由来の香料やサプリメント、食品添加物などを製造している。中国メディアによると、P&Gや花王にも原料を供給しているという。また、同社は原料だけでなくOEM・ODMとして製品づくりもしている。また、粉末飲料やシャンプーなどの自社ブランドも展開中だ。

Bon Natural Lifeは、中国の香水市場の拡大に乗じて成長してきた。2019年9月までの1年間の売上高は、前年同期比52.1%増の1,639.6万ドル(約17億2,000万円)だった。セグメント別シェアは、フレグランス化合物が41.1%で、ヘルスサプリメントが26.5%、バイオアクティブフード材料が32.4%だった。ただし、2020年は新型コロナウイルス感染症拡大による操業停止を受け、同年3月までの6カ月間の売上高が16.6%減となる715万ドル(約7億5,000万円)と落ち込んだ。

画像1

自社製品も開発するBon Natural Life
出典: Bon Natural Life公式サイト

植物抽出技術に強みを持つBon Natural Life

Bon Natural Lifeは「天然機能成分のイノベーター、健康産業のサプライヤー」になることを掲げ、14年間で4つの独自技術を確立してきた。

1つは、植物抽出分離および構造改変技術だ。原材料からの有効成分の抽出を最大化し、有毒成分を除去。オニサルビアやスタキオースなどの抽出に利用されている。2つ目は、植物抽出成分の活性増強技術である。水溶性を高める、分子を安定させるなどの技術を応用し、植物抽出成分の機能性を高めるとともに、毒性を低減。化合物研究製品の差別化を図るための重要な技術とされる。

この続きをみるには

この続き: 3,341文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf