中国でのネイル需要増、MissCandyなど人気ブランドやAIネイルプリンターも登場
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中国でのネイル需要増、MissCandyなど人気ブランドやAIネイルプリンターも登場

◆ English version: Nailing it in China: Spike in demand for apps and DIY devices for beauty at one’s fingertips
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国のネイル市場は約3年で倍以上の伸びを示し、このコロナ禍では自宅で自分でネイルをするユーザーも増えた。中国の現地ブランドやネイルサロン、スクール、さまざまなアプリ、さらには1本40秒で完了するAIネイルプリンターなども登場。活況を帯びる市場を俯瞰する。

中国の調査会社iResearchによると、中国のネイル市場は2014年の580億元(約8,990億円)から2017年には2倍以上の1,200億元(約1兆9,000億円)にまで拡大した。事業セグメントは顧客サービス(サロン)、プロダクト、スクールの3つに分けられるが、最もボリュームが大きいのは顧客サービスで950億元(約1兆5,000億円)。以下、製品の153億元(約2,300億円)、スクールの97億元(約1,500億円)と続く。

顧客サービスについては、2017年時点で中国のネイルサロンの数は27万軒を超える。ネイルの施術は広いスペースを必要としないため、開業のハードルが低いことが背景にある。チェーン展開しているサロンも存在するが、フランチャイズ方式が多い。中国大手ネイルサロンチェーンの「進巍美甲」は約1,000店舗を展開しているが、ほとんどがフランチャイズだという。

プロダクトに関しては、米国の人気ネイルブランドO・P・Iやアモーレパシフィック傘下のイニスフリーなど海外ブランドが多数入ってきているものの、中国ブランドも少なくない。なかでも豊富なカラーバリエーションで人気なのは「MissCandy(糖果小姐)」だ。

杭州莱凡網絡科技が2014年にローンチした同ブランドは、デジタルマーケティングに力を入れ、Weiboのフォロワー数は22万以上、SNS型ECアプリ「RED(小紅書)」のフォロワー数は19万以上、TikTokの本家中国版「Douyin(抖音)」のフォロワー数は39万弱を誇る。特にREDでの投稿はユーザーからの反応がよく、淡黄色のマニキュアに貝殻と金箔をあしらい春の日差しをイメージしたという投稿には、1万近い「いいね」が付いている。

画像1

RED上にある「MissCandy」のページ
出典:RED

同ブランドはECにも積極的で、REDやDouyinで販売しているほか、アリババグループのTmall(天猫)でも販売。一番の売れ筋商品である有害物資を不使用とうたう無臭マニキュアは、販売数が累計53万セットを超えている。

この続きをみるには

この続き: 3,307文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf