中国でワトソンズやセフォラが即日配送。ラストワンマイルの無人配送テクノロジーも
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

中国でワトソンズやセフォラが即日配送。ラストワンマイルの無人配送テクノロジーも

◆ English version: Watsons’ and Sephora race to be first in last mile unmanned, same-day deliveries in China
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国では即日配送が当たり前になりつつある。「ラストワンマイル」サービスでの競争が激しさを増すなかで、小売の新たな販売チャネルになりつつあるのがデリバリーアプリだ。美容業界も例外ではなく、ワトソンズやセフォラが出店し消費者の「今すぐほしい」というニーズに応えている。また各プラットフォームが急ピッチで開発を進める無人配送の現状について紹介する。

ワトソンズやセフォラがフードデリバリー大手に出店

化粧品などの即時配送を後押ししているのが、中国のフードデリバリーアプリだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、外出を避けるため利用者がさらに増加し、アリババグループ傘下の「ウーラマ(餓了麼)」とテンセント傘下の「Meituan(美団)」がシェアの拡大を目指して競っており、フードのみならず、今では日用品から市販薬の配送まで行い、スーパーやドラッグストアなど小売店の商品も配達する。

美容分野でいち早く動いたのはワトソンズ(屈臣氏)で、2018年にウーラマに出店。ワトソンズはドラッグストアといっても、売り場の大半を美容関連商品が占めている。その後、競合のMannings(万寧)や化粧品専門チェーンGIALEN(嬌蘭佳人)なども相次いでウーラマに出店している。

一方のMeituanには、セフォラが2020年4月に出店。北京と上海の店舗から商品を配達している。また、ワトソンズはこちらにも参加し、中国で若い世代に人気の新興化粧品小売チェーンTHE COLORIST(調色師)なども出店している。

ワトソンズはもともと顧客への最後のリーチであるラストワンマイルを重視してきたため、フードデリバリーアプリ以外でも即時配達を行う。自社アプリから配達に対応するほか、2月からはWeChatのミニプログラム上で新たに「屈臣氏官方雲店(ワトソンズクラウドストア)」を開設した。同店から注文すると、商品のある店舗から3km以内であれば1時間以内に配達するほか、店舗での取り置きもできる。

このように美容系小売店のフードデリバリーへの出店が相次ぐなか、ブランドもフードデリバリーアプリに目をつけはじめている。アモーレパシフィックが展開する「innisfree(イニスフリー)」は2020年6月、美容ブランドとして初めてウーラマに出店した。約200の店舗から300種類余りの商品を配達。店舗から配達場所までの距離にもよるが、早ければ30分で届く。他ブランドも後を追い、現在では中国のスキンケアブランド「AFU(阿芙精油)」なども出店している。

この続きをみるには

この続き: 2,719文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf