図1

成分分析、クチコミ、肌診断も。新境地で躍進する中国の化粧品アプリ「美麗修行」

BeautyTech.jp

◆ English version: Chinese app Beauty Evolution lets users review ingredients and offers skin diagnosis
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

中国におけるコスメのマーケティングでは、SNS普及以前はクチコミサイトが商品の認知や拡散に一定の役割を果たしていた。しかし、こうしたサイトも一時期ほどの勢いはなくなっている。そんななか、新たなサービスを売りとしたクチコミ型のアプリが中国で話題になっている。化粧品成分分析アプリ「Beauty Evolution(美麗修行)」である。

Beauty Evolution(美麗修行)」は、2016年にスタートしたばかりのいわば新興のクチコミアプリだ。しかし、その勢いは古くからある中国のクチコミアプリをしのぐ存在感となっている。

中国の化粧品クチコミサイトの最大手は「KIMISS(閨蜜)」といわれる。同サイトはユーザー評価をもとにしたカテゴリーごとのランキングが充実しており、現地の報道によると、2016年時点で16万点以上の商品を4,000万以上のユーザー評価でランキング化していた。

データの活用や見せ方に長けており、商品をクリックするとそれを使用しているユーザーの年齢や肌質などの分布がグラフで表示される。日本の「価格.com」のような機能もあり、商品によってはTmall(天猫)JD.com(京東)Suning.com(蘇寧易購)での販売価格が表示され、それぞれのリンク先から購入することができる。また、アプリ版はSNS色が強く、ユーザーの投稿がタイムラインに表示される。

運営会社は北京時欣信息技術だが、2018年8月に女性靴ブランドの「鞋企星期六」が同社の株式の83%を取得して子会社化している。鞋企星期六によると、北京時欣信息技術の2017年の営業収入は約3,788万元(約5.94億円)で、純利益は約605万元(約9,494万円)だったが、2018年に関しては公表されていない。業績が振るわないため現在は第三者に売却された可能性もあるようだ。

画像1

KIMISSのウェブサイト

ほかに大手では、中国の化粧品EC最大手「JUMEI.COM(聚美優品)」が運営する「KOUBEI JUMEI.COM(聚美口碑)」がある。聚美優品は2014年にニューヨーク証券取引所に上場し、現在の時価総額は3.62億ドル(約393億円)に達する。しかし、クチコミサイトに限っていえば、最近の書き込みが少なく、苦戦しているとみられる。

この続きをみるには

この続き: 3,065文字 / 画像3枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン