見出し画像

【著者紹介】 秋山ゆかり (Yukari Akiyama)

画像1


事業開発コンサルタント
BeautyTech.jp編集部 アドバイザー

株式会社Leonessa代表取締役。米イリノイ大学アーバナ・シャンペン校情報科学部・統計学部卒業。奈良先端科学技術大学院大学工学修士。ITエンジニアのキャリアを重ねた後、ボストン・コンサルティング・グループの戦略コンサルタントを務めた。GE Internationalの戦略・事業開発本部長、日本IBMの事業開発部長を歴任。2011年に全IBM社員の中から40人のグローバル・リーダーの1人に日本人女性唯一選ばれた。明治大学サービス創新研究所客員研究員。著書に、『考えながら走る』(早川書房)、『ミリオネーゼの仕事術[入門]』(ディスカヴァートゥエンティワン)などがある。クラシックの声楽家でもあり、TV朝日「題名のない音楽会」に出演し、「奇跡のハイヴォイス」と評された。秋山ゆかり公式サイトはこちらから。

執筆記事一覧

■ 2019年はBeautyTechアプリ浸透元年。1万人の調査が示す美容×デジタルの現状
■ オルビスのリアルとデジタルの融合は次のステージへ。OMOや新ビジネスへ挑む
■ アモーレパシフィック「世界で最も革新的な企業」に4年連続ランクインの理由
■ P&G、コティ、資生堂。2019年上半期デジタル施策総まとめ
■ ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2019年上半期デジタル施策総まとめ
■ コーセーが「衝撃的」な出会いを果たしたアクセラレーター・プログラムは2年目へ
■ YouCam メイクアプリ リアルユーザー3名が語る「ARメイク使いこなし術」
■ アグラワル教授の提言。企業に求められるAI人材育成の3つのポイント
■ NTTデータのニューロマーケティングで、広告に対する「感情」がわかる
■ ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2018年下半期デジタル施策総まとめ
■ 美容度もテック度も高い人は美容機器を持たない? 9,176人の調査から見えたこと
■ ロレアルなど美容企業トップ3の研究開発動向から、来たるべき未来が見えてくる
■ セフォラの超・顧客中心主義【後編】~デジタルで激変する「体験」の中身
■ セフォラの超・顧客中心主義【前編】~「試せる」から「コミュニティ」まで
■ LVMHは「デジタルで遅れをとった」は本当か。ラグジュアリー王者の戦略
■ ラグジュアリー業界でLVMHが挑む「矛盾」の先のデジタル
■ P&G、コティ、資生堂。2018年上半期デジタル施策総まとめ
■ ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2018年上半期デジタル施策総まとめ
■ 「よなよなエール」の熱狂ファンづくり手法は、化粧品にも応用できる
■ 
ロレアルも投資。テルアビブ発ファッション&美容のテック動向
■ 2030年のデータ価値、美容業界は何を考えるべきか。Future Agendaの問いかけ
■ デジタル・メディスンを生んだ大塚製薬が挑み続ける「世界初」へのこだわり
■ CDO(最高デジタル責任者)が美容業界でも生き残りのカギを握る
■ 資生堂のパーソナライゼーション戦略。「実験」を重ねる手法がもたらす先は?
■ 先進国も途上国も。全方位で顧客へアプローチするユニリーバの成長戦略
■ 異業種からスキンケア領域へ、スイス・ネスレの愚直なまでの挑戦
仏ロレアルに学ぶ、戦略的CVCのつくり方

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp