「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

P&G、資生堂、LVMH。2022年上半期デジタル施策総まとめ

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2022年上半期の化粧品グローバル売上トップ5社と日本でなじみのあるLVMH(グローバル売上第9位)のデジタル施策と事業開発をまとめた。後編では、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、資生堂、LVMHについて紹介する。
※ランキングは、BeautyPackagingのTOP20 GLOBAL BEAUTY COMPANIESより

前回、グローバルトップ3位(ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー)の企業動向で、パンデミック、ウクライナ危機、米国の歴史的なインフレなどの課題があるなか、価格転嫁ができたか、サプライチェーンを滞りなく運用できたかで、企業の明暗が分かれたことを紹介した。

今回の後編の3社も同じ課題を抱えているが、P&Gは昨年前半とは大きく変わらず、資生堂は大幅減益、LVMHは大きく成長を遂げるという三者三様の結果となった。

気候変動や多様性などの社会課題へのアクションは、各社それぞれ展開をしているが、P&Gは、昨年は障がいを持つ人々を、今年はアジア系米国人にライトをあて、他社に先駆けたキャンペーンを展開しているのが特徴だ。P&Gは、D2C系ビューティ企業を積極的に買収してポートフォリオを拡充しており、今後の成長に注目している。

LVMHはLIFE360という環境戦略を掲げ、持続可能なラグジュアリーを追求するためのプログラムを展開し、その一環で、ラボで作りだす毛皮の研究に着手。ラグジュアリーでありつつもエコでもあるという「矛盾を超える」ための挑戦を推進している。

2022年上半期の株価の動きは、ウクライナ危機や景気後退懸念から、ダウは14.4%下落、S&Pは19.7%、ナスダックは28.8%下落と厳しい状況にあり、ビューティ企業の株価も同様に下落した。とはいえ、P&Gは-15.4%、資生堂は-8.5%、LVMHは-5.2%と、厳しいなかでは比較的健闘している。

この続きをみるには

この続き: 9,524文字 / 画像7枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf