先進国も途上国も。全方位で顧客へアプローチするユニリーバの成長戦略
ユニリーバ

先進国も途上国も。全方位で顧客へアプローチするユニリーバの成長戦略

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2017年9月のユニリーバによる韓国化粧品大手カバーコリアの買収のニュース熱が冷めやまぬ12月。ナチュラル系スキンケアのサンダイアルブランズ買収のニュースが流れた。立て続けにビューティー領域でM&Aを行うユニリーバの狙いはどこにあるのか。その過去を見ていくと、競争の激しい消費財領域で、先進国も、途上国も、すべてのマーケットで短期的・長期的な成長をするための活動が見えてきた。

美容業界での激しい競争の中で、確実に成長を持続させるべく、消費財各社はデジタル戦略を刷新したり、AIなどの先端技術をマーケティングや製品に取り入れたり、様々な工夫を凝らしている。その中でも、突出して攻めの姿勢でいるのが、ユニリーバだ。

2017年だけでも、ヘアケアブランドのリビングプルーフ、メイクアップブランドのアワーグラス、韓国の化粧品大手カバーコリアやナチュラル系スキンケアのサンダイアルブランズなどの買収を発表している。

画像1

出典:Carver Korea公式サイトより

美容業界におけるM&Aは3年ほど前から加速させており、スキンケアブランドのミュラドダーマロジカケイトサマービルRENなども傘下に収めている。

2015年から2017年のユニリーバの主な買収案件を下記にまとめてみた。赤文字が化粧品関連企業だ。

画像2

出典:ユニリーバの買収・売却一覧

これまでのユニリーバの活動を見てみると、美容領域の激しい競争を生き抜くために、先進国と途上国の2つの領域で攻めていることがわかる。

この続きをみるには

この続き: 2,880文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf