アグラワル教授の提言。企業に求められるAI人材育成の3つのポイント

◆ English version: Prof. Ajay Agrawal: 3 steps for fostering AI talent
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

製造、流通、マーケティング、顧客サポート。あらゆるところに人工知能(AI)が使用され、競争環境が激変している。その中にあってAIを戦略に活かし、実装していくための人材不足を危惧する声はどこへ行っても聞かれる。経済の観点からAIがもたらす未来を研究するトロント大学ロットマン経営大学院のアジェイ・アグラワル教授が、今、企業はどうAI人材を生み出していくべきなのか、3つのステップを語る。

アグラワル教授は、AIの経済学の第一人者で、ほかの著者2名と執筆した『予測マシンの世紀〜AIが駆動する新たな経済』は、経営者やマネジメント層だけでなく、新人から中間管理職まであらゆるビジネスパーソンに向けて、ビジネスにおけるAIの重要性やそのインパクトのメカニズムについて、丁寧に解説しながら、AIにまつわる様々な疑問に答えてくれる。『WIRED』創刊編集長のケヴィン・ケリー氏やGoogleチーフ・エコノミストのハル・ヴァリアン氏、元米国務長官のローレンス・サマーズ氏やロバート・ルービン氏など、世界トップクラスの頭脳がこの本を絶賛していることからも、いかに実践的で示唆に満ちているのかがうかがえる。2019年3月、アグラワル教授が来日した際にその後の話を聞くことができた。

『予測マシンの世紀 AIが駆動する
新たな経済』
早川書房刊

アグラワル教授がここまで深く企業とAIについての知見を持っているのは、彼がスタートアップを支援するAIビジネス創出プログラム「創造的破壊ラボ(Creative Destruction Lab, CDL)」創設者でもあるからだ。2012年にスタートし、2017年には3年連続で世界でもっとも多くAI関連のスタートアップ企業が参加するプログラムに発展、総額総計2,300億円の株式価値を生み出している。

そもそも、カナダ・トロントには、ディープラーニングの研究で有名なトロント大学をはじめとするアカデミア、大企業のAI研究所、AIスタートアップが数多くあり、Googleの研究員でトロント大学のジェフ・ヒルトン教授をはじめ、FacebookのAI研究所のリーダーであるヤン・ルカン氏、イーロン・マスク氏の創設したオープンAIの共同創設者のイリヤ・サツケバー氏、AppleのAI研究を統括するルスラン・サラクートディノフ氏など、AI研究のトップ人材を多数輩出している。

トロント大学ロットマン経営大学院
アジェイ・アグラワル教授
(画像:本人提供)

『予測マシンの世紀』で明かされたAIのよる5つの影響

さて、AI人材をどう育成すべきかという議論の前に、『予測マシンの世紀』でアグラワル教授らが書いている、企業や組織に対してAIが及ぼす影響について少し理解を深めておこう。この本を通しての一番大事なメッセージはタイトルにもある通り「AIは予測マシンである」ということだ。そしてその予測がもたらす「影響」にはピラミッド型の5つの段階がある。

『予測マシンの世紀』より
(画像:早川書房提供)

本書では、この5段階が丁寧に解説されている。まず、ピラミッドの一番下でベースとなる「予測」では、機械学習によって予測がどのように改善されるのか。優れた予測に必要なデータを自身が持っているかどうかを確認する方法が説明されている。

ピラミッドの第2層にあたるのが「意思決定」で、予測の役割は、見返り、効果、報酬、利益などの判断の価値を高めるためのものだということを解説している。その上段にくるのが、AIツールだ。ここでは、予測マシンを適切に動かすために不可欠なAI「ツール」の構築が最高の投資収益を生み出すことになると説き、3つのステップとAIキャンバスについて紹介されている。

AIは、その予測の機能により組織の戦略に大きな影響を及ぼすことから、戦略について考察があり、その先の、ピラミッドの最上位に位置するのが、企業を超えて広く社会に関わる問題に対してのトレードオフ(何かを達成するために一方を追求すれば、他方を犠牲にせざるを得ないという状況)に関する考察だ。AIをめぐる議論でよくとりあげられる課題でもある。

AI人材の作り方はこの3つを押さえる

アグラワル教授らは『予測マシンの世紀』を上梓したことで、数多くの企業から企業戦略についてのディスカッションに呼ばれ、また、その際に「AIの重要性はわかったが、どうやってうちの会社を変えたらいいのかわからない」という相談が多数あったという。AIを企業内でどのようにとりこみ活用するかは「人材」を含めた組織全体を考えなければいけないからだ。

本を執筆したタイミングでは、「この5つの要素をしっかりと考えていけば、企業はおのずと答えが出せると思っていたが、企業を変えるためのやり方も必要だった」とアグラワル教授は振り返る。新しいものを拒否する文化や、変わりたくても変われないと嘆くのは、日本だけではなく、世界共通の課題のようである。しかし、「それでも変わらなければ、競争に負けてしまう」と、AI人材を企業に内在させるには、次の3つのステップが必要だとアグラワル教授は説く。

1. 今いる人材にAIの教育をする

ここ数年で、良質な無料のAI講習がたくさん出てきている。これらをうまく活用し、今いる人材がAIについて学び、AIを理解するところからはじめる。トップのAI人材は簡単には採用できないかもしれないが、「もっとも重要なのは、自社にとってのAIの影響を考え、そして、行動を起こすことだ」(アグラワル教授)。そのためには、「組織の使命や目的を考慮しながら、最善の決断を下す」人材が組織の中には必要だ。必ずしもAIのトップ技術者にならなくても、無料のAI講座で、ある程度までの知識は学ぶことができる。グローバルのトップ教育機関等もそういった講座を無償で提供しており、AIについて知識のある人を社内に増やすことがまずは大切だ。

2. グローバル市場で戦うことを意識し、積極的に教育に投資をする

「AIによってあっという間に”日本語” というローカル言語の壁がなくなる日が訪れる。それは、来年かもしれないし5年後かもしれないが、確実にやってくることは間違いない」と日本に近く訪れるであろう未来をアグラワル教授は指摘する。「AI人材が不可欠だと思っているならば、積極的に教育に投資をすべき」だという。

トロントの例をみてみよう。世界トップクラスのAI研究者を数多く輩出するようになった理由は、カナダが本気でAI教育に投資をした結果だ。紆余曲折もあったが、CIFAR(カナダ先端研究所 Canada Institute for Advance Research)を中心にAI戦略として以下の4つの目標を設置し、それに対して2017年には、1憶2,500万カナダドル(約105億円)の予算がつけられた。

・カナダに卓越したAI研究者と大学院生を増やす
・カナダの3つの主要都市であるエドモントン、モントリオール、トロントのAI研究センターの連携を強化する
・AIに関する経済、倫理、政策、規制のグローバルの先駆者となる
・AI研究のコミュニティを支援する
(出典:CIFAR Pan-Canadian Artificial Intelligence Strategy

また、政府や大学といった機関では、官僚的な組織に囚われて素早く動けないという障壁があったが、産官学の関係なく自由に研究開発を行い、優れたAI人材を育成する方法を模索した結果、独立した新しい機関を立ち上げることとなった。カナダ政府から4,000万カナダドル(約34億円)、オンタリオ州政府から5,000万カナダドル(約42億円)、民間企業から総額8,000万カナダドル(約67億円)の支援を受け、2017年に3月に、ディープラーニングと機械学習に特化した、非営利で独立したベクター研究所を設立している

「カナダがAI人材を輩出するグローバル・リーダーになれたのには、適切な戦略とスピーディーに人材を育てていくための、既存のやり方にこだわらない方法をとったからだ。日本企業も、できないとただ嘆くのではなく様々な方法を試すべきだ」とアグラワル教授は語る。

3. ダイバーシティに対して真剣に取り組む

「企業が真剣にAI人材の獲得を考えているならば、多様性をもっと重視すべきだ。大企業1社と大学が提携し、1万人規模の大学生をAI人材に育てることは簡単にできる。女性をはじめ、外国人なども積極的に採用していくことでこそ、企業の競争力は育てられる」というのがアグラワル教授の持論だ。

米国では、約26%が女性のITエンジニアだが、日本では約19%(2018年度版 情報サービス産業 基本統計調査 P28)だ。グローバルでは、女性のエンジニアを積極的に雇うことで、強みを実現している企業もある。例えばセフォラ。精力的に女性エンジニアを採用し、その6割以上が女性である。メインの顧客層とも年齢が近く、エンジニア自身が美容やメイクにも関心が高いため、より強い顧客志向を持って技術の活用が考えられるメリットもある。

競争力のある人材をどのように惹きつけ、育てるかについては、どの企業も直面する課題である。が、企業が本気になって投資をし、すでにAIを授業科目として持っている大学と提携しつつ、社内の既存の人材と学生を、AI人材へと育てていくことは、決して難しくないとアグラワル教授はいう。企業が本気になること。そして投資をすること。それが何よりも大切なことなのだ。

Text: 秋山ゆかり(Yukari Akiyama)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
3つ のマガジンに含まれています