資生堂のパーソナライゼーション戦略。「実験」を重ねる手法がもたらす先は?
見出し画像

資生堂のパーソナライゼーション戦略。「実験」を重ねる手法がもたらす先は?

◆ English version: Where is Shiseido in its road to 2020?
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

Optune発表、ギアラン社買収、Olivo Laboratoriesのセカンドスキン事業買収。ビューティテクノロジー分野で積極的な動きを見せている日本最大の化粧品メーカー、資生堂に、パーソナライゼーション戦略を聞いた。

国内売上1位、世界では5位の化粧品メーカー、資生堂は、2014年に中長期戦略「VISION 2020」を策定した。その中で、3つの領域、マーケティング、R&D、デジタル等の成長実現に不可欠な領域への投資の強化をあげている。この中の1つであるデジタル領域で、最近いくつかの大きな動きがあった。

2017年1月に、米国ベンチャー企業MATCHCo社を買収。MATCHCoは、スマホアプリを使い、自身で肌色を計測し、肌色にあったカスタムメードのファンデーションをオンラインで購入できるサービスだ。この技術は、ベアミネラルで使用されている。尚、このカスタムメードのファンデーションは、アメリカ国内のみの販売で、アプリもアメリカ国内のみでダウンロードが可能だ。いずれは、アメリカ以外の海外展開や、ファンデーションだけでなく、他のメイクアップ商品にも応用されていくだろう。

画像1

出典:bareMinerals

2017年11月は、立て続けに大きな発表を行った。AIを用いたパーソナライゼーション技術を持つ、米Giaran社の買収。2016年に設立されたボストンのスタートアップで、BRC Innovationから投資を受けた後、資生堂傘下に入った。バーチャルメイクアップ、素肌に戻す技術、顔や肌色測定、カラーマッチング、メイクアップアドバイスなどの技術を持ち、モバイル端末だけでなく、スマートミラーにも使える。

画像2

出典:Giaran.com

また、IoT技術を活用したスキンケアシステム「Optune」も発表された。2018年春からベータ版のテスト販売を予定している。スマホ用専用アプリを使い、肌測定データや環境データをベースに、その時々の肌環境に合わせた美容液と乳液を抽出し、ユーザーに提供するというものだ。

画像3

撮影:編集部

このほかにも、Amazon Alexa用の美容アドバイススキルの提供や、肌測定・美肌づくりアドバイスをするスマホアプリの「肌パシャ」をローンチするなど、化粧品のパーソナライゼーション戦略を拡充させていっている。

この続きをみるには

この続き: 2,368文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf