英THG、巨大美容&テック企業へ – 美容とヘルスケアのコングロマリット戦略
見出し画像

英THG、巨大美容&テック企業へ – 美容とヘルスケアのコングロマリット戦略

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

英国THG(The Hut Group)は、ECプラットフォームソリューションを提供する「テック企業」ながら、美容小売や美容・ヘルスケアのD2Cブランドを複数持ち、自前のインフルエンサー集団を抱えるなど、売上の半数弱を美容カテゴリーが占める。上場前はユニコーン企業として知られ、2021年5月にはソフトバンクグループなどから1,090億円の資金調達を実施。その独特なビジネスモデルをひもとき、今後の美容業界でのポジショニングを2回に分けて考察する。まずはTHGの全体像を俯瞰する。

美容・ヘルスケアプロダクトをもつ英国テック企業THGの全体像

英国に本社を構えるTHGは、美容、健康、ライフスタイルに特化したプロダクトを世界169カ国でEコマース展開する企業であるとともに、他社に自社のECプラットフォームをソリューション提供する企業としても知られる。2020年9月にロンドン証券取引所に上場した際、英国テック企業として最大となる18億8,000万ポンド(約2,575億円)のIPOとなり、2013年10月11日の英国郵便事業ロイヤル・メールのIPO以来の大型上場となったことで、株式市場で大きな注目を集めた。

日本での知名度はそれほど高くないが、英国では上場前からユニコーン企業として知られ、買収を重ねて傘下の小売ブランドや美容・ヘルスケアブランドを増やしてきた。THGが傘下にもつブランドは、ビューティ、ニュートリション、コンシューマー、ラグジュアリーの4つに分かれており、自社ブランドとサードパーティブランド(傘下の小売店が扱う他社ブランド)を含め、100以上のブランドを抱えている。その1つである「MyProtein(マイプロテイン)」はスポーツ栄養ブランドとしてヨーロッパナンバーワンに成長し、日本でも販売されている。

2021年5月には、10億ドル(約1,090億円)を調達すると発表し、うち7億3,000万ドル前後をソフトバンクグループが引き受けることが明らかになり、日本でも話題となった。同社の全体像としては、公式サイトにあるビジネス構造図に詳しく書かれている。下記のようにTHGのビジネス全体は、BRANDS(ブランド)、Ingenuity(単語の意味は創意工夫、THGのITプラットフォームを指す)、EXPERIENCE(体験、THGが持つホテルなどのビジネス)の3つに大きく分けられる。

このうち、BRANDSは、美容や健康食品などの自社のプロダクトブランドと、傘下の美容小売(EC)を含む。2020年の売上高16億1,000万ポンド(約2,500億円)のうち、最も大きな売上セグメントはビューティで、売上高の約47%を占める。ビューティには、自社プロダクト及び美容小売の売上の両方が含まれる。

スクリーンショット 2021-06-15 8.42.45

出典: THG公式サイト


THG Ingenuityは、ホスティング、スタジオコンテンツ、翻訳などのデジタルサービスに加え、消費者向けブランド企業にトータルサポートのEコマースソリューションを提供している。クライアントには、P&G、ネスレ、コカ・コーラなどのそうそうたる企業名がならぶ。

この続きをみるには

この続き: 4,192文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf