新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ロレアルがコロナ危機も見据え、2030年までに地球と共存できるビジネスモデルへ

◆ English version: L’Oréal accelerates the shift to an environmentally sustainable business model by 2030
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年6月26日、グローバル化粧品メーカーのトップを走るロレアルが、「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」という2030年に向けた新たなサステナビリティ・プログラムをローンチした。注目すべきは、SDGsの環境項目の基礎ともいわれるプラネタリー・バウンダリー(地球上で人間が安全に生存できる限界)の概念をもとに、ロレアルが関わる領域をさらに広げたことである。また、このプログラムにもとづく日本ロレアルのESG施策についてもとりあげる。

これまでも、ロレアルはサステナビリティの分野で多大な努力をはらってきた。2013年にグローバル・サステナビリティ・プログラム「Sharing Beauty With All(美のすべてを次の世代へ)」を発表し、2020年を目標に、さまざまな成果をあげている。

その例のひとつが、Sustainable Product Optimization Tool(持続可能な製品最適化ツール)の開発だ。これによって、傘下のすべてのブランドにおける製品の環境的・社会的パフォーマンスを評価して改善している。2019年末時点で、14の工場を含む35の拠点でカーボン・ニュートラル(排出する二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同量)を達成し、気候変動など環境問題に取り組む国際NGO組織であるCDPの「気候変動」「水管理」「森林保全」の3つの指標すべてで、AAAを4年連続獲得した世界唯一の企業となっている。

画像1

今回発表された2030年に向けてのプログラムは、これまでの自社の工場やサプライチェーンに向けていた意識を大きく広げ、コミュニティ、社会、環境、サプライヤー、消費者の意識まで含めた、すべてのステークホルダーへのインパクトを出そうとしている。

そのうえで、利益を追求して経済成長も見据えるのと同時に、新型コロナウィルス感染症と共に生きるなかで何ができるのかまで考慮されている。全世界にオンライン配信されたプログラムローンチのカンファレンスで、ロレアル CEOのジャン-ポール=アゴン氏はこう語った。

「(COVID-19パンデミックから)今後数カ月間、私たちの社会は、最も弱い立場にある人々に対し大きな苦しみを引き起こす社会的危機に直面するだろう。同時に、私たちは環境問題がますます切迫していることも十分に認識している。(中略) 世界が必要とする持続可能な変革から後退しないことが不可欠であり、我々は環境と生物多様性の保全への取り組みを再確認し、女性が直面する社会的危機の緩和を支援したい」

それでは、まずこのカンファレンスで語られた彼らの環境に対する取組みから見ていこう。

ロレアルが考え方のベースにする
プラネタリー・バウンダリーとは

プラネタリー・バウンダリーという概念が生まれたのは2009年のことだ。スウェーデンの環境学者であるヨハン・ロックストローム氏が主導するチームが発表し、2015年に採択されたSDGsの環境に関する項目のベースとなっている。日本語にすると「地球の限界」というこの言葉の意味は、産業革命以来、急激に破壊が進む自然環境に対して、現在の状態を保持する力(回復力)が働いているものの、ある転換点を超えてしまうと別の次元の状態に急激かつ不可逆的に移行してしまうことをさす。つまり、取り返しがつかない次元に入るということで、その閾値(限界値)をプラネタリー・バウンダリーとして9つの分野で算出している。

下の表にあるのがその9つの分野だ。このうち、「気候変動」(温暖化)、「生物圏の一体性」(生態系の破壊や種の絶滅の速度)、「生物地球化学循環」(窒素化合物の増大)、「土地利用の変化」(森林の消失)の項目で、限界値を超えていると警鐘が鳴らされている。

プラネタリーバウンダリー図

資料:Will Steffen et al.
「Guiding human development on a
changing planet」より
環境省が作成したものを引用

このプラネタリー・バウンダリーの項目のうち、「気候変動」については、CDP、国連グローバルコンパクト、WRI、WWFが共同で取り組む「サイエンス・ベースド・ターゲット・イニシアチブ(SBTi)」の考えにもとづき、2030年までに下記の3つの目標を掲げた。このイニシアチブが提唱するのは「地球の気温上昇を1.5度以内に抑制することで、人類が安全に活動できる地球の維持が可能」というものだ。

ロレアルが掲げた2030年までの3つの目標

プラネタリー・バウンダリーの考えにもとづき、グローバルな目標を達成するために、ロレアルはまず以下の目標を掲げた。

● 2025年までに、エネルギー効率を改善し、再生可能エネルギーを100%採用し、ロレアルの全拠点においてカーボン・ニュートラルを達成する
● 2030年までに、ロレアル製品のパッケージに使用されるプラスチックを、リサイクルもしくはバイオベースに100%切り替える
● 2030年までに、温室効果ガスの排出量を1製品あたり2016年との比較で50%まで削減する

さらに、火急の社会的・環境的ニーズに対して、1憶5,000万ユーロ(約189億円)を拠出することも発表した。ミロヴァが運用する「自然再生のためのロレアル基金」を通じて海洋・森林生態系の回復プロジェクトと、サーキュラー・エコノミーに関連する資金調達プロジェクト、そして、脆弱な立場にある女性を支援するための慈善基金の立ち上げに、それぞれ5,000万ユーロ(約63億円)を使用する。

ここまでがプラネタリー・バウンダリーの考え方に基づいたロレアルの方針だが、2030年に向けたコミットメントについては、以下、大きく3つの柱があり、気候変動という範囲にとどまらず、世界が直面している課題解決にも関わっていく意思が読み取れる。

1.  プラネタリー・バウンダリーを尊重するビジネスモデルへの変革
2. ビジネスのエコシステムを強化し、よりサステナブルな世界への移行を支援
3.  火急の社会的・環境的ニーズの支援を通し、世界の課題解決に貢献

図1

提供: ロレアル

それぞれの柱では、どのような具体的なプロジェクトを考えているのかをみていこう。

1: TRANSFORMING OURSELVES / プラネタリー・バウンダリーを尊重したビジネスモデルへの変革

プラネタリー・バウンダリーの限界を超えているとされる気候変動問題に立ち向かうために、ロレアルは、Science Based Target (SBT、科学目標)にもとづき、Scope1(直接排出量)、Scope2(エネルギー起源間接排出量)、Scope3(そのほかの間接排出量)まで、サプライチェーン全体を通じて排出量の削減を目指している

ロレアルのCorporate Environmentのディレクターを務めるジャン-ミシェル・ピール(JEAN-MICHEL PILLE)氏によると、直接的な二酸化炭素の排出量だけでなく、サプライチェーンでの間接的な排出量もすべて数値化して、削減目標に達しているかを分析しているという。

また、地球は第6次大量絶滅に向かっている最中で、とくに、農業による自然生態系破壊が、地球と地域社会の気候変動への耐性をおびやかしている。ロレアルでは、生物多様性を重要かつ成長を支えるイノベーションの源として捉え、持続可能で責任のある方法で原料を調達することに取り組んできた。その原材料のほとんどは再生可能な資源に由来し、多くが植物由来のものである。また、2030年までにロレアル製品のパッケージに使用されるプラスチックを、リサイクルされたもの、もしくはバイオベースに100%切り替えることを掲げている。

このような生態系保護に向けた活動は、同業他社あるいはほかの業界でも行われていることだが、自社のすべての経済活動が森林破壊に結びつかないようにしている点が、ロレアルの活動の大きな特徴であるといえよう。

たとえば、前述の再生可能な原料の使用を優先するだけでなく、リユースなどのエコサイクルをつくり持続可能な調達を推進していること、また、すべてのサプライヤーとその原材料について、栽培や収穫活動が、生物多様性とくに森林を保護しているか、持続できる低酸素農作業をしているかなどの項目ごとに自社でチェックし評価している。

また、2017年から、ロレアルが化粧品に使っている原材料の主な供給源であるボルネオ島で、4年計画の泥炭復旧プロジェクトに着手するなど、森林破壊を防ぐために、一歩踏み込んだ環境保全活動も行っている。

画像5

Bio Diversity(生物多様性)を重視し、2030年までにロレアルの工場および運営するすべての建物、施設が再生可能エネルギーを使用し、持続可能な原料を使用することで、生物多様性にプラスの影響を与えることをロレアルは目指している。

このほか、持続可能な農業・漁業の開発、エコツーリズム、CO2の販売クレジット、ファンドなどへインパクト投資をする。

すでに、ロレアル傘下キールズでは、日本においてリサイクルプログラムや森林再生プログラムを立ち上げており、これらのプロジェクトをさらに進めている。森林保護は、二酸化炭素削減による地球温暖化の防止だけでなく、地球上の動植物の保護につながる。キールズは、環境と経済の両面を豊かにする多様性のある森「キールズの森」づくりを鳥取県智頭町で行うと発表した。

2: EMPOWERING OUR BUSINESS ECOSYSTEM / ビジネスのエコシステムを強化し、よりサステナブルな世界への移行を支援

第2の柱として、消費者をはじめとするステークホルダーに対するエンパワメント活動を積極的に行い、製品を使うエンドユーザーに対してもアプローチすることで、ビジネスエコシステムを強化することをロレアルでは考えている。

その意味から、エンドユーザーがどの程度の二酸化炭素を排出しているかの推定も行っている。たとえば、シャンプーの際に使う湯は、水をエネルギーで温めて作る。各国によってエネルギー源は異なるが、それらを踏まえつつ、シャンプーをするときに、ひとりあたりどのくらいの二酸化炭素排出量になるかを試算するのだ。また、二酸化炭素排出量を減らすだけでなく、世界的に供給不足が懸念される水資源に配慮した水の使用量を減らすシャンプーを作り、消費者に届けていくのもロレアルに課された責任と捉え、さまざまな施策を打っている。

たとえばガルニエでは、固形のシャンプー・バーを提案している。水を含まず、容器も必要ないのでプラスチックを使用せずにすむ。この利点を消費者に理解してもらうための啓発活動も積極的に行っており、ロレアルパリでは、「Should You Switch to Using a Shampoo Bar?(シャンプー・バーに変えるべき?)」という記事を公式サイトに掲載している。

さらにロレアルは、 製品が環境および社会に与える影響の度合いを Aから Eの 5段階スケールで 示すラベリングメカニズム 「 Product Environmental & Social Impact Labelling(製品の環境・社会的影響表示ラベル)」 を開発した。“A”は、環境・社会的影響において“最高水準”であることを示す。

このラベリングは今後すべてのロレアルブランドと製品に導入され、消費者がサステナブルな選択ができるように支援していくとする。日々の美容をより持続可能なものにする方法を提案することで消費者の意識を変え、ビジネス・エコシステムの強化を図っていく。

画像4

3: CONTRIBUTING TO SOLVING THE CHALLENGES OF THE WORLD / 火急の社会的・環境的ニーズの支援を通し、世界の課題解決に貢献

以前より社会課題へのアプローチをさまざまな形で行ってきていたロレアルだが、第3の柱として、生態系の再生とサーキュラー・エコノミー実現に加え、極めて脆弱な立場にある女性の支援のためのインパクト投資を行うことを発表した。

新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、より大きな影響を受けているのは女性で、とくに就業機会と収入の面で顕著である。また社会不安が増幅するにつれ、家庭内暴力や性的暴行の被害も世界中で拡大しており、女性たちを直接支援するための5,000万ユーロの慈善寄付基金をロレアルグループとして立ち上げた。

日本ロレアルでは、ひとり親世帯を支援することを決め、認定NPO法人フローレンスとしんぐるまざあず・ふぉーらむを通して、経済的に困難な状況におかれているひとり親世帯にヘアケア製品を寄付した。日本ロレアルはこれまでもシングルマザー就労支援プログラム「未来への扉」を通し、シングルマザーの就業をサポートしており、引き続きこの活動を続けていく予定だ。

自社の利益だけでなく、
社会・ステークホルダー全体の利益を

こうしたロレアルの総合的な取組みの背景には、新型コロナウィルス感染症のパンデミックにより、世界各地で格差社会問題にスポットライトがあたったこと、そしてパンデミックの要因のひとつに環境破壊があったことも大きく関係している。

それゆえ、パンデミックによる経済混乱のなか、グローバルでは環境問題が大きく取り上げられるようになっている。ESG投資のなかでも、SOCIAL(社会)とENVIRONMENT(環境)に対して、企業がどれだけ真剣に取り組んでいるか、社会全体が監視している状態だ。それを表すかのように、欧米の2020年5月、6月の株主総会では、長年友好な関係だった大手機関投資家が環境対策の不備などを理由に取締役の選任に反対したり、環境関連の株主提案をしたりするなどの動きが各国で活発化している。

また、投資家だけでなく、ニューヨーク州のクオモ知事も、コロナ後の世界を表現して「BBB  (Build it Back Better、再建するなら前よりもよいものを)」というフレーズを使い始めた。産業界にもその流れは確実にきており、ESGに待ったなしの対応を迫られている状況だ。早くからESG経営に舵を切っていたロレアルが、今回、より野心的な大きな計画を発表したのは、こうした時代の流れを先取りしたともいえるだろう。

Text: 秋山ゆかり(Yukari Akiyama)
画像提供: 日本ロレアル

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
33
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

BeautyTech.jp記事
BeautyTech.jp記事
  • 576本

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます