ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2020年上半期デジタル施策総まとめ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2020年上半期デジタル施策総まとめ

◆ English version: L’Oréal, Unilever, Estée Lauder — a look at their business resilience in the first half of 2020
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年上半期の化粧品の売上上位6社のデジタル施策と事業開発をまとめた。2020年上半期は、新型コロナウイルスのパンデミックによる都市のロックダウンや外出規制による店舗の閉鎖、そしてオンラインへの急激なシフトはもとより、グローバル化しすぎたサプライチェーンの再構築をはじめ、黒人差別撤廃運動のBlack Lives Matterから包括的な美、美の多様性に方向転換を迫られるなど、業界は大きな変化を求められた。今回は6社のうち1位~3位企業のロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダーについて紹介する。4位~6位企業については次回に紹介する。

※ランキングは、BeautyPackaging のTOP20 GLOBAL BEAUTY COMPANIESより

はじめに: 1位〜3位企業を取り巻く背景

2020年2月に世界規模での流行に発展したCOVID-19パンデミック下で、すべての美容企業が「対応」モードに突入した。現金・製品の寄付を通じて慈善団体をグローバルに支援し、製造業務の再構築をはかり、深刻なリスクにさらされる小売関係者の保護を中心に施策を次々と打った。また、何カ月にもわたる都市のロックダウンや外出規制、海外旅行の禁止、小売業の閉鎖により、消費者の化粧品の購入・使用の行動は、美容およびパーソナルケア全体で劇的に変化し、売上の多くは美容セグメントで低下した。インディーズブランドは最も深刻な打撃を受けており、今後の美容業界は大きく変わっていくとみられている。

そのような危機的状況のなか、ユニリーバは第1四半期の売上は横ばいだったものの、美容とパーソナルケアの売上は約2%増加。抗菌石鹸ブランドのLifebuoyがとくに好調で、Vaselineも好調だったことが背景にある。ロレアルは、同社の予想通り中国事業は成長に戻り、全世界の売上は全体的には減少してはいるものの、様々な施策が評価され株価は順調に回復している。上位3社の株価を見ると、ロレアルは2020年1月からの半年間で6%成長と健闘している。ユニリーバはマイナス3%、エスティ ローダーはマイナス10%という結果だ。

画像4

今回記事の上位3社の株価の動き
出典: CNBC

コロナ危機のなか、2020年5月米ミネソタ州ミネアポリスで発生した黒人男性を白人警官が死亡させた事件をきっかけに、世界的に広がった黒人差別撤廃運動、Black Lives Matterも美容業界に大きな影響を与えた。これまでも米国の美容業界では人種差別問題や児童労働問題の是正、職場の多様性を推進してきたが、今回の事件により、“美白”は白人至上主義の価値観であり、肌の色の多様性を尊重していないとする抗議がSNSであがったことを受け、「美白化粧品」からブランドが撤退する動きが出た。

6月19日にジョンソン・エンド・ジョンソンがアジアや中東で販売している美白製品の一部を中止すると発表した。続いて、6月25日にユニリーバは、スキンケア製品から色白(fair/fairness)、美白(white/whitening)、明るい(light/lightening)などの表現を削除すると発表した。インドを中心に展開しているスキンライトニングクリームのブランド、Fair & Lovely(フェア&ラブリー)のブランド名を、Glow&Lovely(グロウ&ラブリー)と変更することも決定した。

その後、6月27日にロレアルがスキンケア製品から美白に関する言葉の使用を取りやめると発表するなど、グローバル企業が次々と自社商品のキーワードの変更を発表した。包括的な美、美の多様性を消費者が求め、企業がそれに応じる形となった。

この続きをみるには

この続き: 8,380文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf