ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2018年下半期デジタル施策総まとめ
見出し画像

ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2018年下半期デジタル施策総まとめ

◆ English version: What did the Top 6 cosmetics makers do in the second half of 2018?
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2018年下半期の化粧品の売上上位6社のデジタル施策と事業開発をまとめた。今回は6社のうち1位~3位企業のロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダーについて紹介する。上半期と同様に、消費者の求めるナチュラル志向や企業としての透明性や倫理観、ダイバーシティへの対応を着実に行いながら、デジタル技術をビジネスに取り込み、変わる消費者ニーズやAmazon等の競合を意識した策を取っている。4位~6位企業については次回に紹介予定だ。

※ランキングは、BeautyPackaging のTOP20 GLOBAL BEAUTY COMPANIES
より

2018年上半期デジタル施策総まとめ」でも紹介したように、2018年のキーワードは、ナチュラル、情報開示による透明性など、消費者動向に沿う方向に変わり、特に世界の消費を大きく動かしているミレニアル世代の価値観に強く影響されている。ロレアルやユニリーバはM&Aによるナチュラルマーケット攻略に余念がない。上半期では、透明性や倫理性の話題が多かったが、下半期は、人種だけでなくLGBTを含むダイバーシティの話題が各社とも多かったことも特徴である。

デジタル領域では、ビューティテック企業として自身を位置づけているロレアルが、次の成長テクノロジーを探すためにCVCの設立やファンドへの投資などの動きを加速させるなか、デジタルシフトはビューティアドバイザーから起こそうとデジタル人材育成を積極的に行うエスティ ローダー、デジタル技術を倫理的・社会的問題解決に積極的に使おうとするユニリーバと、各社の戦略は明確に分かれている。

この続きをみるには

この続き: 4,808文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf