見出し画像

ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2022年下半期デジタル施策まとめ

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

グローバル化粧品企業の上位3社、ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダーの2022年下半期の総括をレポートする。後編では、4~5位のプロクターアンドギャンブル、資生堂、そして、日本でなじみのあるLVMH(グローバル売上第8位)を取り上げる。
※ランキングは、BeautyPackaging のTOP20 GLOBAL BEAUTY COMPANIESより

2022年下半期、グローバルマーケットでトップのロレアルは、2023年2月9日に2022年度の増収増益を発表し、株価は上昇した。S&P500指数の2022年下半期の平均上昇率が1.3%で、ナスダック総合指数が-5.1%だったのと同じく、ロレアルは-1.3%だった。

ユニリーバは、2022年はじめに、グラクソ・スミスクライン(GSK)の一般用医薬品事業の買収計画の断念を発表後、事業成長への懸念が高まり2022年3月に年初来安値をつけた。そのなかで事業再編や人員削減による業績の立て直しを進め、悪化するインフレのなかでも各製品の値上げを推し進めた結果、10月下旬に発表した2022年7~9月期決算で売上は対前年同期比10.6%増だったと発表し株価は持ち直した。また、2022年9月にアラン・ジョープCEOの2023年度末での退任が発表されるとさらに株価が上昇。2023年1月30日、オランダの酪農協同組合フリースランド・カンピーナのCEOを務めるハイン・シューマッハ氏が、同年7月1日付でCEOに就任すると発表され、新体制のもとで変革が進められる見通しだ。株価平均上昇率は9.9%と好調だった。

エスティ ローダーは中国のロックダウンの影響を強く受け、減益減収で、株価平均上昇率は-2.6%となった。中国市場への依存度の高さがこれまでは成長の源となっていたが、今回はリスクとなった。今後、どのような形で中国市場とつきあっていくのか。また、北米市場でどのようにシェア回復を試みるのかを市場は冷静にみている。

ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダーの株価の動き
出典:Yahoo! Finance

ロレアル 
中国、インド、ブラジルが好調で、売上高5兆円突破

2023年2月9日に発表されたロレアル の2022年12月期決算では、売上高が前期比10.9%増の382億6,000万ユーロ(約5兆5,353億円)、営業利益は同21.0%増の大幅改善で74億5,690万ユーロ(約1兆788億円)、純利益が同22.6%増の60億5,410万ユーロ(約8,758億円)と増収増益だった。これを受け、CEOニコラ・イエロニムス氏は「このような質の高い業績により、経済性と企業業績という2つの目標に沿いつつ、社会的・環境的なコミットメントを一貫して支えられる」と述べた。

部門別でみると、プロフェッショナル製品が、対前年比10.1%増の44億7,680万ユーロ(約6,477億円)の売上高となり、なかでもプレミアムヘアケア市場の成長は、売上高が初めて10億ユーロ(約1,446億円)の大台にのったケラスターゼと、金属ストレス(シャワーや雨、プール・海水浴などで、水に含まれる金属が次第に髪に蓄積されてダメージを与える現象)が、毛髪内部および表面に与える影響に着目し、メタルデトックスのイノベーションに成功したロレアルプロフェッショナルのクレンジングシャンプー「セリエ エクスパート」の業績に大きく牽引された。

続きをみるには

残り 8,663字 / 2画像

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。