花王が考えるポストコロナのSDGs、日本らしさのあるESG戦略でめざすもの
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

花王が考えるポストコロナのSDGs、日本らしさのあるESG戦略でめざすもの

◆ English version: Kao’s clean and green ESG strategy rooted in traditional “win-win-win” Japanese philosophy
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

企業の長期的、かつサステナブルな戦略のために、SDGsのみならず、ESGとして非財務情報と財務情報の両面から企業を評価する動きが進んでいる。とくに、リーマン・ショックをきっかけに欧米ではESG投資が加速し、今回のコロナ危機で株主側からのプレッシャーが強くかけられるようになるなど、注目が集まっている。日本の美容業界では、ESG企業ランキングでトップにランクインする花王がこの分野をリードする。その戦略を紐とき、ポストコロナと対峙する日本の美容企業のESGのあり方について考察する。

日本は欧米に比べ、SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)や、ESG(Environment <環境>、Social <社会>、Governance <企業統治> の3つの言葉の頭文字)対応が遅れていると指摘されることも多い。とくに欧州はサステナブルな考え方が早くから根づいており、なかでも主力消費セグメントであるミレニアル世代は、環境に配慮した商品やクリーンな製品でなければ買いたくないという要望が強い。それに押されるように、企業はさらにその先の未来を提示できるよう矢継ぎ早に動いている感がある。日本はどちらかといえば、企業がリードする形で消費者のサステナブルな考え方への理解や支持が高まってきた、といえよう。

日本の美容業界で、その先導企業として走り続けているのが花王だ。その大きな特徴のひとつが、中期経営戦略を軸に、環境問題から、CSR(企業の社会的責任)、サステナビリティ、そしてESGまで、一貫した戦略を前面に掲げている点である。その詳しい内容に入る前に、SDGsとESGの関係について整理をしておきたい。

ESGとSDGsは、ともにサステナビリティをベースにしているが、SDGsは政府や国際機関などの地球規模の呼びかけであり、ESGは企業が主体となっている(下記図参照)。

スクリーンショット 2020-06-03 10.49.56

図:編集部作成

ESG投資が推進されるようになったのは、2006年に国連が金融業界に対して、機関投資家の意思決定プロセスにESG課題を受託責任の範囲内で反映させるべきとした世界共通のガイドライン、責任投資原則(Principles for Responsible Investment)が制定されてからだ。2008年のリーマン・ショックを契機に、企業の社会的責任に対する考え方に変化があり、サステナビリティがさらに重要視され、ESG投資が加速した。

画像2

米国におけるSustainable,
Responsible, Impact投資の推移
出典:US SIF

一方、SDGsは、こういった一連の流れのなかで、2015年9月に国連が採択した「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」として、企業だけにかかわるのではない、国際社会共通の目標だ。よって、このSDGsも包括しながら、企業としての取り組みについてはESGとして語られることが多い。従来のCSRの概念からさらに踏み込み、企業として社会課題を解決すること自体がビジネスに組み込まれ、大きく変化する経済状況のなかで、どのように企業として生き残り、成長するのかを評価されているのだ。このコロナ禍で、世界中の経済が混乱していることもあり、さらにその機運は高まっている。

この続きをみるには

この続き: 3,404文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf