デジタル・メディスンを生んだ大塚製薬が挑み続ける「世界初」へのこだわり
見出し画像

デジタル・メディスンを生んだ大塚製薬が挑み続ける「世界初」へのこだわり

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

未解決な社会課題なら、儲からなくても挑戦する。世界初のデジタル・メディスンを米国で上市させた大塚製薬のイノベーションの源泉は、熱い使命感とそれを伝え続ける人の存在だ。

戦略コンサルティングファームのボストンコンサルティンググループ(BCG)が2018年1月にイノベーションに関する調査レポート「The Most Innovative Companies 2018: Innovators Go All In on Digital」で、世界でもっともイノベーションに優れた企業50社を発表した。

日本企業は、トヨタ自動車(17位)、NTTドコモ(32位)、日産自動車(37位)の3社がランクインした。この調査で、企業は、「デジタル・イノベーションに関わる4つの要素(ビッグデータ分析、新技術の迅速な採用、モバイル製品・サービス、デジタル・デザイン)に、これまで以上に重点を置くようになっている」とBCGはコメントしている。

画像1

このレポートには登場しないが、2017年後半に、デジタル技術を使い製薬業界に大きなインパクトを与える上市を2つも果たした会社がある。それが大塚製薬だ。多くの日本企業が、デジタル領域でのイノベーションに苦戦する中、大塚製薬はその壁をどのように乗り越えていったのだろうか。

大塚製薬株式会社広報部企画担当部長 西岡美由紀氏に話を聞いた。

医療とニュートラシューティカルズで、人々を健康にしたい

大塚製薬は、医療ニーズのある領域で、新しい治療価値を創造することを目的にしている医療関連事業と、医療関連事業で培ったノウハウをベースに、健康維持・増進のための飲料や食品を生みだすニュートラシューティカルズ関連事業の2つの領域で事業を展開している。

この続きをみるには

この続き: 4,623文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf