見出し画像

資生堂ジャパン スギモトCDOによる「人の心のDX」で新しい顧客体験を創出へ

BeautyTech.jp

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2020年4月に資生堂ジャパンに初めてのCDO(Chief Digital Officer)が誕生した。米国籍で金融や消費財での経験が豊富なスギモト トシロウ氏である。2020年8月に行った第2四半期の業績発表で、一層のデジタルシフトを推進していくと株式会社資生堂 代表取締役社長 魚谷雅彦氏が宣言するなか、スギモト氏は、資生堂の持つ文化を軸に、DX、なかでも「人の心のDX」とでもいうべき明確な方針で、社内を鼓舞し顧客体験を進化させている。

資生堂が目指す「Tailormade Experience(一人ひとりのニーズに合った美容体験)」

「ミレニアル世代のショッピングの仕方は、私のような団塊ジュニア世代とは違う」。資生堂ジャパン株式会社 CDO スギモト トシロウ氏はそう語る。

「私の世代は、たとえばスーツの質は店舗に見に行かなければわからない。だからブランドは品質マークとして認知されていたが、ミレニアル世代はデジタルネイティブが多く、ソーシャルメディアですぐにランキングやほかの人のレビューが見られる。従来であれば(店舗に)足を運ぶまでに30分かかっていたが、今や4秒で情報をフィルタリングして買える。高いブランドだから買うのではなく、自分に合ったものが欲しい。そんな人たちに、なりたい自分、目指す肌、欲しい化粧品体験を、最適な形で、最適なタイミングで提供する。それが、Tailormade Experience(一人ひとりのニーズに合った美容体験)に取り組んでいる理由だ」と、顧客の買い物の仕方の変化を、Tailormade Experienceを目指す理由の1つとしてスギモト氏はあげた。

Tailormade Experienceに必要な要素としては、「シームレス」「ユビキタス(いつでもどこでも)」「タイムリー」の3つが掲げられている。

1つ目の「シームレス」は、欲しいものを、顧客が欲しい場所で、デジタルでもリアルでも、場所を気にせずに購入できることだ。2つ目の「ユビキタス」は、1991年にゼロックスのパロアルト研究所のマーク・ワイザー氏が「The Computer for the 21st Century」という論文で紹介したコンセプトで、「環境中に多くのコンピュータを組み込むことで、いつでも、どこでも、だれでもが、意識しないで、状況に応じた最適な情報の利用ができる情報システム」(『ユビキタスでつくる情報社会基盤』坂村健著、東京大学出版会より)を意味する。資生堂は、顧客がいつでもどこでも欲しい情報・製品・使い方を欲しい時に見つけ、購入できることを目指しているのだ。そして、3つ目は「タイムリー」。実はこれが一番重要だという。

「おなかがすいていないときに、すごくおいしいブイヤベースを出されてもちょっと難しい。本当に必要なときにすぐに手に入ること。化粧品においてもそれが大切で、(それが叶うことが)ひとの自信につながり、ハッピーな気持ちにしてくれると確信している」(スギモト氏)

この続きをみるには

この続き: 3,752文字 / 画像7枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf