英THG、巨大美容&テック企業へ – ソフトバンクも大型出資するその理由を探る
見出し画像

英THG、巨大美容&テック企業へ – ソフトバンクも大型出資するその理由を探る

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

前回は英国THG(The Hut Group)のビジネスの全体像について解説した。この記事では、同社のビューティビジネスの中身と、ソフトバンクが出資する理由ともなったテック企業としての側面、今後の成長性について考察する。

THG Beauty(美容分野)では世界ナンバーワンのECプラットフォームを目指す

前回紹介したように、THGは美容とテックのコングロマリット企業といえるが、オンライン美容リテーラーと、D2Cブランドを次々と傘下におさめ、グループ全体で2020年度の売上7億5,100万ポンド(約1,029億円)の半分弱を計上し成長しているTHG Beauty(THGの美容ビジネス部門)については「ビューティ・リテール」「R&D、製造」「ビューティ・ブランド」「サブスクリプション・ボックス」の4つの領域で構成されている。

アニュアルレポートではその売上構成比は明確になっていないものの、その他の公開資料からの推計で売上の面積比グラフを構成したのが下記の図だ。

THG_Beautyの全体像0620_02

THGアニュアルレポートより作成

現在、THG Beauty部門では以下の4つの目標を掲げている。

1. ビューティ・リテイルでは、グローバルNo1のD2Cプラットフォームの確立
● Lookfantasticを、THGプラットフォームにおける中核ブランドとし、オンラインマルチブランドディストリビューションのグローバルリーダーとしていく
● 買収した米国のDermstoreを統合しリプラットフォーム化(機能のよいところを取り込んで統合)することで、グローバルマーケットにおけるスケールメリットを出す
● 2024年までに世界規模で1,500億ポンド(約23兆円)に拡大するといわれるプレステージ・ビューティ分野に強みを持ち成長する
2. ビューティ・ブランド/R&D、製造ではプレステージブランドオーナーとしての地位の確立
● 自社のECエンジンであるIngenuityプラットフォームに、すべての買収したブランドをのせて統合していく
● 世界でトップクラスの化粧品製造から販売までインハウスのイノベーションを実現する
3. サブスクリプション・ボックスでは、顧客企業のデジタルサンプリング(サンプル配布)のパートナーへ
● THG Beauty Boxes(買収したGLOSSYBOXなど含む)を50万サブスクリプション以上に増やす
● グローバルビューティブランドに向けて、オフラインからオンラインへのデジタルやマーケティングシフトなど、販売に関わるすべてをサポートするパートナーとなる
4. 自社以外の美容ブランド向けにTHG IngenuityをNo1.のデジタルプラットフォームとする
● グローバルで最も選ばれるB2Cパートナーとなる

この続きをみるには

この続き: 3,861文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf