ロレアルなど美容企業トップ3の研究開発動向から、来たるべき未来が見えてくる
見出し画像

ロレアルなど美容企業トップ3の研究開発動向から、来たるべき未来が見えてくる

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

化粧品売上上位3社のR&D(研究開発)動向をまとめた。大きな特徴は、製品開発だけでなく、パーソナライズなどのデジタル開発やサプライチェーンマネジメント技術もR&Dで行っていることだ。特にロレアルは、消費者動向の変化を定義した上で、R&Dが果たすべき役割を明記しており、戦略を読み解きやすい。※ランキングは、BeautyPackaging のTOP20 GLOBAL BEAUTY COMPANIES(2017)より

グローバル美容企業の戦略傾向は、成長著しい途上国でのマーケット拡大、成熟した欧米市場での「プレミアム」「シニア」「メンズ」の各セグメントでのシェア拡大、ミレニアル世代に向けては、ナチュラル志向、企業の透明性や環境配慮への対応、そして、デジタル化とパーソナイズでの動きが著しい。この戦略に沿って、各社のR&Dもこれらの領域での活動が行われている。グローバルトップ3社の2018年上半期のR&D動向をみていく。

ロレアル: ユニバーサルを軸に顧客体験すべてのパーソナライゼーションに力を入れる

画像1

Image: 360b via Shutterstock.com

ユニバーサル(Universalization)を戦略の軸に据えているロレアルのR&D(ロレアルではResearch and Innovation (R&I) と呼ばれている)は、グローバリゼーションを捉えるだけでなく、人の欲望、ニーズ、伝統の違いを理解し、リスペクトしあうこと、テーラーメードのビューティーを提供し、地球のすべての地域の消費者の望みを満たすことを目的としている。

2018年上半期の売上高は133.9億ユーロ、研究開発費は4.47億ユーロと前年同期から5.7ポイント上昇した。2017年1年間では、売上高の3.4%である8億7700万ユーロを研究開発に投入。世界に20のリサーチセンターを持ち、3885人のエキスパートを抱え、生物学、化学、生物物理学、毛髪生物学、皮膚幹細胞、ヘアスタイリング、ロボット工学、環境科学など30を超える領域を研究している。

世界中で大きく変わる消費者の動向をくまなくリサーチした結果、以下の6つの変化に着目し、R&Dに取り組んでいる

1: 超接続社会で、個人を常にプレゼンテーションし続けなければならず、ビジュアルが求められるため、メイクアップのブームが訪れている

この続きをみるには

この続き: 3,835文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf