YouCam メイクアプリ リアルユーザー3名が語る「ARメイク使いこなし術」
YouCamトップ画像

YouCam メイクアプリ リアルユーザー3名が語る「ARメイク使いこなし術」

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE: https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

さまざまな美容ガジェットを、ユーザーはどう使いこなしているのか。BeautyTech.jp編集部では、YouCam メイクアプリと資生堂Optuneを実際に使用しているユーザーに取材を申し入れ、それぞれのユーザー3名ずつにフォーカスグループインタビューを行った。そこで明かされたリアルな利用状況とユーザーの本音を2回に分けて紹介する。1回目はYouCam メイクアプリユーザーだ。

YouCamメイクは、スマホやタブレット上で使用するAR技術を用いたバーチャルメイクアップアプリだ。自撮りや保存した画像などの加工ができる。詳細な使い方については、こちらの記事が詳しい。

2018年12月には、YouCamメイクアプリを開発するPerfect Corp.のアリス・チャンCEOへの独占インタビューも実現、同社の今後の戦略について話を聞いている。

YouCamメイクユーザーは美容度もテック度も高め

BeautyTech.jp編集部が2018年秋に行ったビューティテック度調査では、調査対象者に、YouCamメイクアプリを使用しているかどうかも聞いており、YouCamメイクユーザーは、全体に比べるとビューティ度が高い傾向にあり、特に、HM/HHセグメントが多いという結果が得られた。

画像1

今回のフォーカスグループインタビュー(以下、FGI)に参加した3人は、10代、20代、30代の女性で、HHセグメントが2人、HMセグメントが1人と、美容に関心が高く、平均よりもテクノロジーに明るい人たちだ。

3人に共通しているのは、持っている化粧品の数が多く、気分や服装によって使い分けている点だ。ひとりは口紅がとても好きで、保有数は100本以上。メインで使っているのは、そのうちの40本くらいだという。もうひとりも口紅は50本ほど持っており、「デパコスで一番気になるのはリップ」と語る。アイシャドウについてはひとりは約40個、もうひとりは10個くらい持っているという。

この続きをみるには

この続き: 2,868文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf