見出し画像

YouCam メイクはどこまで深化するのか。アリス・チャンCEO独占インタビュー

◆ English version: YouCam Makeup trailblazes AR in beauty — Exclusive interview with CEO Alice Chang
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

全世界で7億ダウンロードされるバーチャルメイクアプリ「YouCam」シリーズを開発する台湾企業Perfect Corp.は、次なるステージに進もうとしている。「もっとひとりひとりにパーソナライズされた顧客体験をつくる」。BeautyTech.jpの独占インタビューに応じた同社のアリス・チャンCEOが描く、バーチャルメイクの未来とは。

世界的に美容業界におけるARへの注目度が上がっている。直近では、米国大手化粧品ショップのアルタ・ビューティが、AR技術のスタートアップを買収したほか、ロレアル傘下のModiFaceが様々な色のネイルをリアルタイムにバーチャル体験できる新アプリをローンチした。こういった競合に対して、Perfectの強みは、個人ユーザーに愛されるアプリであるだけでなく、グローバルで200あまりのブランドに対して、AR技術を用いたバーチャルメイクアップ、ヘアカラーや肌診断、ARトレーニングまで幅広いサービスを提供しているというビジネスポートフォリオのバランスの良さだ。Perfectは何をみすえ、どこに行こうとしているのか。

2018年10月、台湾にあるPerfect Corp.本社にてチャン氏をたずねた。会議室に入るなり筆者をハグし、「よく来たわね」と迎える気さくな雰囲気は、スタッフ一人ひとりに対しても同じだ。彼らを気遣い、よく笑い、よく褒める。ここまでの道を一代で切り拓いてきた女性起業家としての道のりはまた別の機会に譲るとして、今回は、同氏が考えるバーチャルメイクの未来予想図と、Perfect Corp.がめざす先をひもといてみたい。

左からパーフェクト株式会社の磯崎順信代表取締役社長、
Perfect Corp.の創業者アリス・チャンCEO

C向けアプリ開発とB向けベンダー。2つの顔を持つPerfect

Perfect Corp.は、前述したように「YouCam メイク」など一般ユーザー向けのバーチャルメイクアプリ開発と、美容ブランドや小売店向けにバーチャルメイクアップサービスを提供するベンダーという2つの顔を持つ。つまり、個人ユーザーのニーズも、企業のニーズも同社に集まっており、その双方を生かしながらどちらのビジネスも伸ばしていけるということになる。

特にAR、AIを軸にして次々に発表される企業向けサービスはどれも、これまでの対面接客にプラスアルファのビジネスチャンスを創出できると業界関係者から注目を集める。ユーザーが楽しみながらさまざまなバーチャルメイクにトライしたデータを、ブランド側はダッシュボードから見ることができる。どの色がよく試されているのか、逆にどの色が人気ないかなどの結果だ。こうしたデータをマーケティングに活用できることも強みだ。

現在は大手百貨店や化粧品専門店などが同社のアプリを内蔵したタブレット端末を化粧品売場に置き、その場でバーチャルメイクを試せるようにしたり、化粧品ブランドが自社のウェブサイト上でバーチャルメイクサービスを導入し、購入前の参考にしてもらったりという用途で使われることが多いが、それ以外にもARアプリを通じた美容部員の教育事業や、美容部員が顧客に対し1対1で行うオンライン接客事業なども展開。日本の美容業界が抱える「美容部員不足問題」へのソリューションになるのでは、という期待もある。

YouCam メイクがカバーする言語は20にのぼる

チャン氏はAR×ビューティにいち早く目をつけ、サービスを作り上げてきた。もともとCyberLink Corp.という台湾のPCソフト販売会社でCEOをしていた同氏は、先行して登場していた中国発のセルフィーアプリを一ユーザーとして使っていたが、「確かにキレイに自撮りはできるが、いかにも人工的な見た目になるのが気になった」と、自社開発に乗り出すことを決める。CyberLink Corp.はすでにセルフィーアプリの開発に必要な特許技術をいくつか持っており、それらを活用することができた。セルフィーアプリとして出発した後、チャン氏がバーチャルメイクにつながるアイディアを生み、現在に至る。

YouCamシリーズは、世界で月間2,000万ダウンロードのペースで伸びており、カバーする言語は20にのぼる。「スマートフォンを持つ全世界の女性がユーザー対象」とチャン氏が言うように、誰でも直感的に使えるUIは、特にミレニアル世代からの圧倒的な支持を受け、商品購入を促すきっかけともなっているという。

「日本ではYouCamユーザーのコスメ購入額は、非ユーザーに比べ2倍以上。若年層では約10 倍の開きにもなっている」と、日本法人のパーフェクト株式会社で代表取締役社長を務める磯崎順信氏は説明する。現在世界で同社のサービスを採用しているブランド数は200以上、同社のプラットフォーム上に存在する商品数は5万点以上あり、年間約620億回のバーチャルトライが行われている。

同社のサービスを利用しているブランド例
出典:パーフェクト株式会社

「便利で助かる」持続性のあるUXに

スマホアプリという特性上、「一度アンインストールをされてしまったら、ユーザーに戻ってきてもらうのは大変」(チャン氏)なことから、UXには強いこだわりを持つ。磯崎氏はそれについて、「持続性のあるUX」、つまり使い続けてもらうためのユーザー体験にこだわっている、とつけ加える。

バーチャルメイクアプリはゲーム感覚で楽しめることからインパクトを持たせることも必要だが、アプリが日常的な購買にまで入り込んでいくためには「実用性」が不可欠になる。「たくさん試せる色があって良かった」「肌診断の結果が的確で便利だった」など、使い続けたくなるような、ポジティブな体験につながる実用性だ。それがないと単なる「バーチャルメイクゲーム」で終わってしまい、Eコマースをはじめとした販売にはつながらない。チャン氏は、ユーザー、ブランドそれぞれが抱える「Pain Point(弱点)」を一つずつ取り出し、各課題を解決するためのプラットフォームになりたいとする。

日本の美容ブランドが抱えるPain Pointの一つに、美容部員の人材不足がある。そこもARで解決を試みようとするなど、同社は美容業界をARで変えていくという意味ではブランドや企業側にどこよりも深く入り込んでいるといえよう。接客面で今後力を入れていきたいとするのは、「BA 1 on 1 コンサルテーション」だ。

これは、ライブ配信を通してお気に入りのコスメブランドの美容部員や、メイクアップアーティストと1対1でのメイクアップ・コンサルテーションを受けることを可能にしたものだ。美容カウンターでの購入に慣れ親しんだユーザーのなかには、美容部員との会話の中から最適な色を見つけたいというニーズもある。BA 1 on 1 コンサルテーションでは、スマホやタブレット端末の画面を通して美容部員とユーザーが1対1で会話をする。美容部員はユーザーの要望を聞きながら操作し、画面に映し出されたユーザーの顔面に次々とバーチャルメイクを施し、アドバイスを送っていく。

コンサルテーションが終了すると、どの商品を試したかが一覧で表示され、気に入ればその中から商品を購入できる。特に日本では、美容部員の人材不足が深刻な問題となっていることから、育休中の美容部員が自宅からコンサルに入れるようにするなど、「ユーザー側と美容ブランド側のニーズを満たせるようにサービスを強化していく」(チャン氏)という。

バーチャルメイクで、化粧品売上は2倍以上に

YouCamのサービスを導入する店舗は年々広がっているが、その影響は大きく、「バーチャルメイクで試された商品の売り上げは、2〜6倍に向上している」(磯崎氏)という。これまで美容カウンターで化粧品を試す場合、時間の制約や、試しても似合うかどうかという不安、美容部員にあれもこれもとお願いするのは憚られるといった気持ちの問題から、一度の来店で何十色も試していく客はほとんどいなかった。しかしバーチャルメイクであれば、それらの懸念は一掃される。画面を指で操作するだけで、次々と自分の顔面で新しい色を試せるからだ。

出典:パーフェクト株式会社

そういった使い勝手の良さとゲーム的要素が受け、来店客の平均トライアル数は12色にのぼる。客はバーチャル上である程度目星をつけてから実際の商品を試せるので、いわば「答え合わせ」感覚でメイクでき、その結果、購入確率はぐんと上がる。それが先ほどの売り上げ2〜6倍という高い数値を生み出す理由になっている。

YouCamのようなARを活用したバーチャルショッピングは、今後ますます普及していくと予想され、2020年までには1億人の消費者がショッピング目的でARを利用するという調査結果も出ていると磯崎氏は話す。

出典:パーフェクト株式会社

「試す」から、AIによる「レコメンド」へ。YouCamの深化はいかに

同社はこのほど「AIスマートシェードファインダー」を開発し、日本国内向けにも提供を開始した。従来はYouCamでバーチャルトライをする際はユーザー自ら色を選ぶ必要があったが、新サービスはスマホやタブレット端末のカメラで自身の顔写真を撮れば、AIが肌色を解析。その人に一番似合う口紅やアイシャドウなどの色を提案する。

出典:パーフェクト株式会社

チャン氏は、「これまでのAI+ARリコメンドは、自ら色を選ぶという意味でファーストステージだったが、新サービスの登場によりAIが最もお客さまに似合う色を提案する。つまりセカンドステージに入ったことになる。私たちはゲームチェンジャーになるだろう」と自信を覗かせる。確かにユーザーのビッグデータから「あなたにはこの色が一番似合う」と的確な提案をできれば、購入確度が上がることは容易に想像できる。が、その提案がどのくらいの精度になるのか、当日の気持ちのゆらぎなどをどこまでカバーできるのか。そういった課題は残しつつも美容業界に与えるインパクトは大きいだろう。国内ではすでに複数のブランドが導入を検討しているという。

同社の成長を考える上で見過ごせないのが、そのスピード感だ。2014年3月にセルフィーアプリをスタートしたチャン氏は、その後2015年にCyberLink Corp.から独立しPerfect Corp.を設立。CEOに就任した。以来スピードにこだわり、「ARaaS(AR as a Service)として、ネイルやヘアのバーチャルトライ、美容部員向けの教育サービスなど16種類のプラットフォームサービスを提供し、ARをオムニチャネルに展開してきた。5年で16種類ということは、単純計算すると1年間で3種類以上のプラットフォームを市場に出し続けていることになる。スピードは同社が重視している部分でもあるが、一方で早すぎてもユーザーの理解を得られないこともあり、リリースタイミングは常に見極めているという。

同社が提供する16種類のプラットフォーム
出典:パーフェクト株式会社

競合はない。真のグローバルプラットフォームへ

競合についての問いには、「正直にいうと、競合はいないと思っており、競合である必要がないとも思っている」という答えがチャン氏から返ってきた。

いかに美容やファッション、メイクに感度が高い女性たちのアテンションを取りにいけるかが同社にとっての課題であり、そういう意味では他社とタッグを組むことは、よりエンドユーザーにとってメリットのあるシナジー効果を発揮できるだろう、というのがチャン氏の考えである。その先にチャン氏の描く世界は、競合をも巻き込んだグローバルプラットフォームだ。

インタビューに応じる、アリス・チャンCEO

「真のグローバルプラットフォームになりたいと思っている。アプリで事前に10〜20色試してから店頭に行って買い物する、またはそのままアプリ上で購入する。場所や方法を問わず、世界中の消費者にとってバーチャルメイクが日常になり、美容製品を購入する際の一つの手段になってほしい。我々はこれまで、ユーザーが想像もしていなかった『実はこの色も似合うの?』という偶然の出合いを創出してきたが、それらの色はあくまでユーザー起点で選ぶほかなかった。今後はAIによるレコメンドで、その選択をより簡単に、そして能動的にしていきたいと考えている」。

「人力では何千色という色の中から候補を見つけ出すのは大変だが、AIがそれを解決する。そして最終的には、その中からお客さまに本当に好きな色を選んでいただくという、よりパーソナライズされた顧客体験へと進化させていきたい。またクオリティの高いARにもこだわっていく。クオリティの高さはそのまま、化粧品ブランドの売り上げを伸ばし、CVRを上げ、返品率の低下につながるからだ。バーチャルとリアルをつなぐサービスだからこそ実現できる、従来の物理的な購買体験を超える『精度の高いバーチャルメイク』をこれからも提供し続けていきたい」。

Text&Photo:公文紫都 (Shidu Kumon)


ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
5
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

テクノロジー
テクノロジー
  • 222本

BeautyTech.jpのテクノロジーに関する記事をまとめたマガジンです。