ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2019年上半期デジタル施策総まとめ
見出し画像

ロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー。2019年上半期デジタル施策総まとめ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年上半期の化粧品の売上上位6社のデジタルと事業開発施策をまとめた。今回は6社のうち1位~3位企業のロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダーについて紹介する。ロレアルは、デジタルでの積極投資を行っており、新たな顧客体験を追求。ユニリーバは、消費者の求めるナチュラル志向やリュクスの製品ポートフォリオを強化するためのM&Aが目立った。4位~6位企業については次回に紹介する。

※ランキングは、Beauty Packaging のTOP20 GLOBAL BEAUTY COMPANIESより

2018年下半期デジタル施策総まとめ」で紹介したように、2018年のキーワードは、「デジタル」「ナチュラル」「ミレニアル」「グローバルマーケット」「ダイバーシティ」「倫理」「透明性」だった。引き続き各社とも、新興国市場の開拓に加えて、Amazonやテンセントなど台頭するデジタル企業と伍していくために、一層のデジタル化推進でEC市場での成長を狙い、積極的なデジタルへの投資を行って「よりよい顧客体験」の創造による顧客の囲い込みを目指している。

また、2019年上半期は、ラグジュアリー市場とEC市場獲得のためのM&Aが多かった。今後も、この領域でのM&Aは続くだろう。ユニリーバは、デジタル技術を倫理・社会問題の分野に活用し、透明性のある企業として、とくにミレニアル世代を中心に支持を集めている。

エスティ ローダーは、ニューヨーク・クイーンズのイノベーションラボで、デザイン思考のセッションやハッカソンなどを開催しながら、人工知能、データ分析、3Dプリンティングなどへの注力を検討している。中国の経済成長の減速や旅行者向けの空港などでの需要における懸念があるものの、成長に減速はみられず、イノベーションを犠牲にすることなく、コストマネジメントができているというオペレーション面が株式市場で評価されている。

この続きをみるには

この続き: 5,749文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf