Yano_サムネイル

【著者紹介】矢野 貴久子(Kikuko Yano)

画像1

BeautyTech.jp編集長

『FIGARO Japon』など雑誌編集を経て1999年に働く女性のためのメディアcafeglobe.com(現MashingUp.jp)を立ち上げる。2012年より株式会社メディアジーンにて女性メディア統括、株式会社インフォバーンなどでメディアプロデューサーとして企業のオウンドメディア支援、メディアビジネスコンサルティングに携わる。その他さまざまな企業のブランディングやクリエイティブ、メディアコンサルタントとして活動。2006〜2016年3月までデジタルハリウッド大学院客員教授としてWeb事例研究などの講義を担当。2017年7月よりアイスタイルにてBeautyTech.jp立ち上げ準備に関わり、2018年2月に編集長就任。2019年Japan BeautyTech Award 審査委員をつとめる。そのほか、2019年よりEWW女性起業家アクセラレータープログラム ステアリングコミッティ及びメンター、2020年よりディップ株式会社のAIアクセラレータープログラムアドバイザー、2020年トキワビューティアクセラレータープログラム審査員、サンフランシスコ発のFaB(Fashion and Beauty Tech Community)の東京チャプターヘッドをつとめる。大企業への取材からスタートアップ企業との対話を通して、国内外の美容業界のDXや化粧品マーケティング・ブランディング情報の発信につとめている。好きな時間はダンスをする&見る、旅をする、人と会う、ヨガ&ピラティス、さまざまなものから新しい考えに触れられたとき。

執筆記事一覧

■ 「2021年も美容業界が注目すべきトレンド領域」:New Year Special 2021 その5
■ 「日本の新興コスメブランド、ヒットの計算と情熱と」:New Year Special 2021 その1
■ CIC Tokyoが始動、美容分野でもイノベーション創出の期待が高まるスタートアップエコシステム
■ 美容分野のデジタルメディア、勝ちパターンなき時代はユーザーとの「信頼関係」も軸に
■ ニューノーマルはどんな未来か。境界線をつくらず探りたい【NNを考える会】

■ 「デジタルマーケティングのトレンド」美容業界を読み解くまとめ(6):GW2020
■ 「D2Cの最先端」美容業界を読み解くまとめ(5):GW2020
■ 「SDGsを考える」美容業界を読み解くまとめ(4):GW2020
■ ポストコロナ、ポストクッキー時代の美容ブランドが目指すべき「ゼロパーティデータ」
■ 「サステナブルの波はとまらない」美容業界を読み解くまとめ(6):New Year Special
■ Cosmepolitan、各国OEMメーカーをDB化し世界中の「化粧品をつくりたい」に応える
■ GlossierやTHIRDLOVEなど米国の人気D2Cブランドは包括性で世代を超える
■ 夏休み特別企画:美容業界を読み解くキーワード5選 その5「韓国コスメの底力」
■ セフォラがシコールはじめ化粧品専門店の激戦地、韓国へ進出。その意図は?
■ 「若い世代への共感マーケティング」美容業界を読み解くまとめ(3): GW Special
■ 2019年BeautyTech浸透のキーパーソンたち、「HHユーザー」を知る
■ ユニリーバ、ロレアルの中国物流ラストワンマイルの攻防、それがもたらす先の世界

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
7
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp