ポストコロナ、ポストクッキー時代の美容ブランドが目指すべき「ゼロパーティデータ」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ポストコロナ、ポストクッキー時代の美容ブランドが目指すべき「ゼロパーティデータ」

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容業界、とくにデジタルを含むマーケティングはこれから「ポストコロナ」と「ポストクッキー」時代の消費という2つの大きな課題と向き合っていかなければならない。この局面においてブランドはどうあるべきか。必要なのはその存在意義と、消費者との直接のコミュニケーションから得られる「ゼロパーティデータ」だ。

新型コロナウイルス感染症の流行により世界各地でリアル店舗が休業を余儀なくされている。そして人々は不要不急の買い物を控えており、日経新聞によれば化粧品もその不要不急の買い物のひとつだ。 

そして、アフターコロナを「コロナ終息後」という意味あいで使うことはない、との見方も強まってきた。つまり、多くの専門家が指摘するように、2年から3年のスパンで、人々は新型コロナウイルスと折り合いをつけながら生活していく必要があるとみられるからだ。withコロナという言葉を使う人もいるが、パンデミックを経験した「ポストコロナ」という新しい時代を定義することが求められている。これからさらに未知のウイルスの脅威もあるかもしれない。

ポストコロナでは、できるだけ人と人の距離を離し、対人接触を少なくする非接触リテールが必要不可欠だ。モノを売る場のメインはオンラインに移行し、リアル店舗もデジタルツールの配置による非接触が進むか、あるいはショールーム化し、OMO体験への移行を多くの小売店やブランドが試行錯誤することになる。(参考記事:非接触リテールの時代 特集)

同時に、そのオンラインではデジタルマーケティングの潮流が激変する時代に突入した。GDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)の流れもあり、Googleは2020年1月に、猶予期間2年でサードパーティのクッキーへのサポート廃止を発表した。これにより、DSPなど運用型広告は大きな打撃を受けることが予想される。これまで、潜在顧客をターゲティングし、顧客ニーズをとらえて配信していた広告が打ちにくくなるからだ。

これからはゼロパーティデータの時代

この極めて不透明で先が読みにくい時代に、選ばれるブランドであるためには、何が必要だろうか。「ひとつ間違いなく言えることがある」と話すのが、ネット黎明期からデジタルマーケティングを切り拓いてきた株式会社デジタルインテリジェンス 代表取締役会長 CEO 横山隆治氏だ。横山氏によれば、不可欠なのは「消費者と直接つながること」であり、それを「ゼロパーティデータ」と表現する。

この続きをみるには

この続き: 3,244文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf