見出し画像

CIC Tokyoが始動、美容分野でもイノベーション創出の期待が高まるスタートアップエコシステム

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

イノベーションは、ある1つのエリアだけを見ていては起こりにくい。それゆえオープンイノベーションの重要性が注目されるが、2020年10月に虎ノ門ヒルズビジネスタワーの15F・16Fに開設されたCIC Tokyoは分野をまたがるスタートアップの支援コミュニティとして日本最大級の規模を目指している。美容領域のイノベーションを志向する化粧品会社・ブランドにとっても注目すべき存在だ。

CICが掲げる「スタートアップコミュニティ」

CIC(ケンブリッジ・イノベーション・センター)の本社は米ボストン対岸のケンブリッジにある。同市は、MITやハーバード大など有名大学が集まる場所としても知られ、このCICは、1999年にMIT出身の2人の起業家によって立ち上げられてから「イノベーションの方程式」を実現してきており、グーグルが社員157人を常駐させてCICに米東海岸の本拠地をおくほか、スタートアップ400社以上を輩出してきた。

CICの大きな特徴は、スタートアップだけを集めたインキュベーション施設ではなく、ベンチャーキャピタル(VC)や大学、法律事務所や会計事務所なども入居し、スタートアップの支援を多面的に行えるハブとなる点だ。CIC自体がスタートアップに出資をすることはなく、中立な立場でスタートアップが成長するのにふさわしい場所、空間、さまざまなスペシャリストを招き入れることで、化学反応を起こし、起業家を支えることが目的だ。

このCICのアジア初の拠点がCIC Tokyoとなる。その開設にあたり、CIC Japanの会長に就任して念入りな準備をしてきたのが、A.T.カーニー日本法人会長でもある梅澤高明氏だ。一橋ICS特任教授、クールジャパン機構でも社外取締役をつとめ、大手からスタートアップまで、そのポテンシャルから課題等を詳細に把握している梅澤氏だからこその、さまざまな配慮がいきわたっている。

画像1

15階にはCIC Japanの姉妹団体である
ベンチャーカフェ東京も移転。
毎週木曜には、外部にも開かれた
コミュニティイベントを実施する

梅澤氏がこのCIC Tokyoの最大のミッションとしているのが、日本の有望なスタートアップの早期育成である。「中立な立場でさまざまな関係者を集め、1か所に密度の高いコミュニティをつくることで、スタートアップに関して日本が抱える3つの課題を解決していけるのではないかと考えている」と梅澤氏は話す。

CIC東京が解決する、スタートアップの3つの課題

「1つは、日本ではまだまだ少ないスタートアップの数そのものを増やしていくことだ。ここでは大学関係者や研究者にも来てもらい、素晴らしいアイディアをビジネスとして形にしていくこともできる。また、女性起業家のサポートも大きなテーマだ。日本でビジネスをスタートさせたい外国人にも広く門戸を開放していく」(梅澤氏)

図1

CIC Japan会長 梅澤高明氏
画像提供:CIC Japan

また、2つめは、ジャンルの幅広さだ。とくに注力する分野としては、本拠地米国でも盛んなヘルスケア分野、グローバルトレンドの環境・エネルギー分野、スマートシティ、スポーツエンターテイメントなどがあげられる。また、梅澤氏は、株式会社アイスタイルが主催したJapan BeautyTech Awards 2019で審査委員長をつとめた経験から、ヘルスケアと領域の近い美容業界でのイノベーションにも期待を寄せているという。

梅澤氏が3つめの課題ととらえているのは、日本から世界に出ていくスタートアップの数だ。そのため、CIC TokyoはJETROと協力し、JIP Bostonプログラムもスタートさせている。とくに日本発の有望なライフサイエンス系のスタートアップと、米ケンブリッジをつなぎ、海外進出のためのサポートを行う。

スタートアップが事業に専念できる空間と機能を提供

画像3

16階にある会議室の1室

CIC Tokyoでは、約250社を収容できるとするが、ケンブリッジと同様に、その7割をスタートアップ、残りの3割は弁護士や会計士など、スタートアップを支援するスペシャリストを招致したいという。中央省庁の職員が出入りするスペースも設ける予定だが、その理由は、既存の領域を超えた新しいビジネスが直面しやすい規制面での課題について、スタートアップが相談できたり議論の場になるようにという配慮からだ。また、大学の研究サークルなども入居可能で、革新的な技術を持つグループをこのスペースに招き、化学反応が起こることも視野に入れている。

図1

東京大学のVRサークル
UT-virtual」も入居

また、まだ会社設立前の個人もコワーキングスペースを利用することができる。月額7万8,000円~で、会議室の利用やコピー、ファクスの使用なども込みとなる。起業する場合は虎ノ門ヒルズの住所で登記も可能だ。そのほか、シャワールーム、仮眠室、授乳室、専門のマッサージが受けられるスペースまで揃い、起業家やそのチームメンバーが、事業そのものに専念できる環境としている。

画像5

15階のコワーキングスペース。
CIC Tokyoの空間デザインを担当したのは
小堀哲夫建築設計事務所

スタートアップは、設立当初の少人数から、短期間で数十名規模にスタッフの人数が増えるケースも多々ある。その場合でも、デスクなどを含めたオフィスに必要な設備がすべてそろい、規模が大きくなればより広いスペースに移れるなどの柔軟な対応で、オフィス什器や引っ越しの工数やコストを気にしなくてもよいのは、大きなメリットといえよう。

11月25日からは一般向けにCIC Tokyoのグランドオープニングイベントも行われた。初日は、デジタル改革担当大臣の平井卓也氏と梅澤氏が「政府のデジタル改革とスタートアップ」をテーマに対談し、フェムテックについてのセッションも開かれた。26日はスタートアップのエコシステムについて、27日はゴールドマン・サックス証券株式会社副会長 キャシー松井氏による、女性の活躍についての議論が行われた。あわせて、この3日間はCIC Tokyoを見学するツアーも開催され、多くの関係者が参加したという。

画像6

ワークスペースのある16階は
ハチの巣のようなデザインで
人の行き来が一方通行にならない
設計となっている


「さまざまな技術を持つスタートアップと、各分野でユースケースのニーズを持つスタートアップが集まることで、事業創造の機会が掛け算的に増えていくような場ができればと思っている」(梅澤氏)

企業側もビジネスイベントその他で参画・支援

施設がオープンした10月からは、デンマークの製薬会社レオ ファーマの日本法人が皮膚疾患に関するビジネスイベントを行うなど、スタートアップとの連携を視野に入れる企業が今後も参画を予定している。

画像7

イベントが行われる
15階のオープンスペース。
客席にもなる階段は、
16階につながっている

CICの構想は、欧州のインキュベーション施設であり、ロレアルも支援するフランスのStation FやドイツのFactory Berlinなどとも目指す方向性が近いように思われる。日本にも中立的なポジションで、スタートアップエコシステムやコミュニティを生み出せる場所がいよいよ登場したといえよう。

日本の美容業界では、今後、さらに異業種とのコラボレーションが進むと予想される。これまでも、コーセーが化粧品会社として初めて実施したアクセラレータープログラムの第一期の採択企業に量子コンピュータ企業が選出され、化粧品処方での協業が期待されたり、資生堂の外部共創プログラムであるfibonaもサプリメントやスマートシューズ、3D技術を持つ企業を採択したように、化粧品との相性がよいヘルスケアなどの領域とのコラボレーションを進めている。

化粧品ブランドにとっては、自社で独自のアクセラプログラムなどを立ち上げるほかに、CIC Tokyoのような拠点と関わりを持つという選択肢ができたことにもなる。将来のビジネスの種となるイノベーションが生まれる確率がさらに高くなりそうだ。

Text & Photos: 矢野貴久子(Kikuko Yano)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
21
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp