新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「デジタルマーケティングのトレンド」美容業界を読み解くまとめ(6):GW2020

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

緊急事態宣言下となる2020年のゴールデンウィーク。BeautyTech.jpでは昨今の美容業界の動きを振り返り、「withコロナ」として対応がせまられる2020年下半期に重要となるキーワード6つを選出し、関連記事をまとめて紹介する。最終日の第6回は、今やビジネスの鍵を握るといっても過言ではない「デジタルマーケティングのトレンド」だ。

ポストコロナを迎える世界が直面するのは、ニューノーマル(新常態)な日常だ。直接ふれあうぬくもりや場を共有する楽しさの代わりに、SNSや動画、ビデオチャットを通してのコミュニケーションが増加し、不要不急な出費には慎重になる消費者の姿が予測される。彼ら彼女たちは、そうした状況のなかで、心を許せるブランド、頼りたくなるブランドを意識的にあるいは無意識的に選んでいくはずだ。

このような消費者の変化を受け、デジタルマーケティングの役割も大きく変わるだろう。しかも我々はポストクッキー時代にも突入する。現在の潜在ユーザーにリーチ可能なターゲティング広告が難しくなり、どのようにしてブランドを認知し理解してもらうのか、長いファンでいてもらうために何をするかといった課題の解決は、自社のモノやサービスの存在意義を改めて考え直すところから始まる。

そのうえで、すでに試みが行われている、ユーザー視点の共感コンテンツや、新しいターゲット層としてのeスポーツユーザーへのアプローチ、異業種コラボなどに加え、美容部員によるライブ配信など新鮮な「話題」づくりも生きてくるのだ。

図1

bluedog studio via Shutterstock

「デジタルマーケティングのトレンド」まとめ記事

ポストコロナとポストクッキーという2つの大きな課題に直面する美容ブランドが考えるべき「ゼロパーティデータ」

デジタルドリブンなマーケティングに秀でたBenefit Cosmeticsが次に狙うのは「女性向けゲーミングコミュニティ」

COVID-19拡大による長期の都市封鎖でも、ライブコマースなど中国のオンライン施策は活況

中国男性コスメはKOL起用やeスポーツなど工夫を凝らしたマーケティングで成果あり

世界中で爆発的なヒットとなったTikTok人気は衰えず、向かうところ敵なし

中国美容ブランドと意外な企業がコラボするクロスボーダーマーケティング

コスメに特化した韓国デジタルマーケティング企業Beaus Company、消費者の言葉をすくいあげる独自ノウハウ

インフルエンサーマッチングプラットフォームBitStarとLIDDELLが挑むマーケティングの可視化と数値化

Text: 矢野 貴久子(Kikuko Yano)
Top image: Marcello Gennari via Unsplash


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
24
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

この記事が入っているマガジン

マーケティング
マーケティング
  • 245本

BeautyTech.jpのマーケティングに関する記事をまとめたマガジンです。