BitStarとLIDDELL、インフルエンサーマーケティングの可視化へそれぞれの挑戦
見出し画像

BitStarとLIDDELL、インフルエンサーマーケティングの可視化へそれぞれの挑戦

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

インフルエンサー起用時に、何をKPIとするのかを悩む広告主は多い。そのなかでインフルエンサーが持つ影響力をできるだけ可視化し、数値化に挑むインフルエンサーマッチングプラットフォームがある。YouTubeに強い株式会社BitStar(ビットスター)とInstagramインフルエンサーを多く抱えるLIDDELL(リデル)株式会社だ。それぞれの取り組みと今後の展望について聞いた。
※ BitStarのIPRの仕様変更があったため該当部分を加筆修正しています。(2019年10月31日)

ときに情報発信局、ときにタレントと幅広く活躍するインフルエンサーは、フォロワー数や専門性に応じて、メガ、マイクロ、ナノなどと細分化され、各分野で強い影響力を発揮している。ソーシャルメディアマーケティング支援のサイバー・バズが2019年9月に上場するなど、美容業界でもプロモーションに欠かせない存在となっているインフルエンサーの起用や効果について、どう仮説をたて、判断するのかは広告主各社が頭を悩ませるところである。

その判断基準がフォロワー数だけではないことは、マイクロやナノインフルエンサーの躍進などを見ても明らかだ。そこで、起用の根拠やプランニングについて具体的な数字を提示するのが、YouTubeで活躍するインフルエンサーを多く抱えるBitStarである。出稿事例ごとの比較など広告的視点を維持することで、広告主とのより密なコミュニケーションを目指している。

「IPR」はインフルエンサーのパワーを可視化する

同社のインフルエンサー・マッチングサービス「BitStar」は、現在導入実績1,000社、インフルエンサーの掲載情報は10万人を数える。広告主がこのサービスを通じてインフルエンサーを起用する際の判断を助けるために、インフルエンサーに関するさまざまなデータをわかりやすく可視化し、タイアップ広告のKPI設計をサポートするマーケティングツールが「IPR(インフルエンサー・パワー・ランキング)」だ。

画像1

出典:BitStar

YouTube、Instagram、Twitter、LINE LIVEといった各プラットフォーム毎のインフルエンサーを、一定のフォロワー規模毎にフォロワー数や平均エンゲージメント数のランキングで確認できるほか、ジャンルなどの絞り込みも可能になる。さらにYouTubeのタイアップ事例も収集しており、案件毎の出稿数や実施後の視聴数推移なども確認できる。

画像2

IPRのダッシュボード
さまざまな条件でインフルエンサーの
ランキングを絞り込むことができる。
画像提供:BitStar

この続きをみるには

この続き: 3,683文字 / 画像4枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf