見出し画像

Cosmepolitan、各国OEMメーカーをDB化し世界中の「化粧品をつくりたい」に応える

◆ English version: Now anyone anywhere can create cosmetics with Cosmepolitan’s global OEM database
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

シンガポールベースのスタートアップ、Cosmepolitanが挑むのは、世界中の誰もが簡単に、思うとおりの化粧品を高品質・低価格でつくれる世界だ。そのために化粧品製造で定評のある韓国や日本、ものづくりに力を入れる中国を中心とする各地の工場とのネットワークを構築し、将来的にはweb上で完結する「化粧品づくり」の実現を目指す。

韓国には、小ロットの化粧品ブランドを誰でも立ち上げられる環境がある。こうした要望に応えられるOEMメーカーをはじめとする関連企業が多数あるからだ。このことが、韓国を美容大国たらしめているともいえよう。学生でもアイディアと少しの手元資金があればブランドを素早く立ち上げ、市場の反応を見ながら少しずつブラッシュアップしていく手法をとれる。

とはいえ、実際に化粧品ブランドを立ち上げるとなると、R&Dや原料会社、OEM企業、パッケージ会社、物流などさまざまな企業との個別交渉と生産管理が必要になる。韓国ではその役割をOEMメーカーが引き受けるケースもあり、個人のブローカーも存在する。日本ではサティス製薬(2019年9月13日現在、新規受付を休止中)がD2Cブランドに特化したOEM先として知られ、製造だけでなくR&D機能やその他のサポートも行っているが、多くの場合、ブランド立ち上げ側が情報を集めて、交渉に持ち込むということになる。その情報もなかなか一箇所にまとまってはいないのが現状だ。

こういった化粧品製造に関わる企業、世界の工場をデータベース化することで、ブランドの作り手側の予算や納期、描いているイメージ、どこの国で作るかも含め、将来的にはどの国・地域からでもネットだけで化粧品ブランドをつくることを可能にする。それが2019年1月にシンガポールに誕生したスタートアップCosmepolitanだ。

画像1

出典: Cosmepolitan pte. の公式サイトより

同社では、化粧品製造関連企業とのネットワークを強みに、つくりたいブランドのアイディアさえあれば最適な組み合わせをはじき出す。今現在は、サイト上で質問に答えていけば、どのOEMメーカー、パッケージ会社がよいかなどをスタッフがいくつか提示し、商品化までをサポートする。ベースとなるデータは、韓国、日本、中国などの1,000ヶ所以上の工場だ。そのうちの132社はcGMP認証(米国FDAが定めた品質基準の確認検査)、143社がISO22716(化粧品製造に関する品質認定)を取得済みだ。市場に出ている化粧品の名称、カテゴリー、成分などのデータも独自で収集し、その数は8万を超える。比較検討ができるようにするためだ。

画像2

提供: Cosmepolitan pte. ltd. 
パンフレット

Cosmepolitan pte. ltd. の創業者でCEOのユン・ミジョン(Yoon Mijoung)氏はこう話す。

「化粧品ブランドにとって、中身の決定もさることながら、容器の選定もSNSマーケティングが主流のいま、それぞれの化粧品ブランドにとって重要なポイントになる。たとえば、日中韓でかなりの数の容器製造会社があり、容器のラベルや外箱のデザインや印刷はまた別会社だ。そのうえ、それぞれの工場の機械と規模によって作れる仕様やロット数なども変わる。そこをコントロールしながら、企業間の調整をしたりするのはかなりの工数を要する。また、コーディネートする企業や個人に依頼しても、そこだけの知識やネットワークに頼ってしまうことになる。こうした壁をとりはらいたい」。

ユン氏は韓国出身で、サムスン電子のロボット工学チームに勤務したのち独立して、海外企業が韓国に進出する際の法務やマーケティング支援をするなかで、AirbnbやGoogleコリア、美容企業をクライアントにもった。韓国の化粧品産業が盛んになった2014年ごろからは、「化粧品ブランドをつくりたいが、どうしたらよいか」という問い合わせが、韓国のみならず、北米や東南アジアからもよせられるようになった。依頼主のバックグラウンドはさまざまだが、多いのはインフルエンサー自身や、異業種からの参入を考えているアパレルやフィットネス業界などだ。

画像3

Cosmepolitan pte. ltd.  ユン・ミジョンCEO

「優秀な化粧品関連の製造メーカーが多いのが、韓国、日本、中国で、それを仕組み化して、グローバルでサービス展開をしたかった」とユン氏は創業の経緯を語る。たとえば、韓国のR&Dで開発した原料で、日本で製品化を行うなどの複数国にまたがった製造も可能だという。

まずは小ロットでコストを抑えてつくりたい、テストマーケティングをしたいという要望に応えて、最小ロット1,000個、コストも数十万円以内でスタートできるクラウドオーダーの仕組み「c/o(シースラッシュオー)」というサービスもベータ版として2019年9月にローンチした。

画像4

提供/ Cosmepolitan pte. ltd.

この仕組みには、韓国のODM(化粧品研究開発生産)メーカーとして最大手であり、2016年に資生堂とも商品供給契約をかわしたコスマックスも賛同して参画しているほか、日本でも大手化粧品メーカーの自社工場が、中国からも大手容器会社が加わった。今後、米国の工場や、ハラル認証を受けているマレーシアの化粧品工場も参画予定だ。これが意味するのは、小ロットでも信頼性の高い工場での製造や、アジアだけでなく米国ブランドとして、あるいはハラル認証適格の化粧品製造が可能になることだ。さらには、ある特定のブランドのこの製品のテクスチャーと似た感じでつくりたいといった要望にも応えていくという。

「これからは、世界中の誰もが、短期間、小ロット、コスト安で満足のいく品質の化粧品がつくれる環境を実現したい」とユン氏が語るとおり、c/oはその一歩であり、近い将来は、オリジナルの化粧品のコンセプトに沿って、世界中の化粧品製造企業から最適なところを選び、容器や外箱といったパッケージも3Dで自在にデザインできるような仕組みを構築したいという。

大手化粧品会社も、メーカーとして参画するだけでなく、ユーザーとしての利用も可能だ。たとえば、社内ベンチャーが手軽にテストサンプルをつくり、販売しながら改善していくという手法にも役立つ。もちろん個人でも、化粧品ブランドを思うままに短期間で立ち上げられる。それが実現すれば、このさき、化粧品のD2Cブランドの存在感が更に増していくことになるはずだ。

Text:矢野貴久子(Kikuko Yano)

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
23
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp