第1回Japan BeautyTech Awards大賞発表、人を幸せにするイノベーションとは
見出し画像

第1回Japan BeautyTech Awards大賞発表、人を幸せにするイノベーションとは

◆ English version: Startup Perfect Corp outshines Kao to clinch first prize at the Inaugural Japan BeautyTech Awards
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

株式会社アイスタイルは2019年12月11日、第1回となるJapan BeautyTech Awards 2019 の大賞・準大賞および特別賞を発表し授賞式を開催した。さらに式後には、授賞した4社に加え、ファイナリストに選ばれた10社のうちから3社が参加して、BeautyTechの現在とこの先を考える2つのパネルディスカッションが開かれた。

Japan BeautyTech Awardsは、その年のビューティテックを最もリードしたと総合的に判断されるもの(サービス/技術/プロジェクト)を表彰する目的で創設された。授賞式の冒頭で挨拶に立ったアイスタイルの吉松徹郎代表取締役社長兼CEOは、ビューティテックの可能性に光を当て、その存在を広く世の中に知らせてゆきたいとアワードの意図するところを語る。

画像1

株式会社アイスタイル
代表取締役社長兼CEO 吉松徹郎氏

このアワードは、「人を幸せにするイノベーション」という大テーマを掲げており、ビューティテックはもとより、ファッションテック、ヘルステックなど、美容業界に広く応用ができそうなテクノロジーを開発する大手からスタートアップまで54件にのぼる応募があった。

審査委員もさまざまな分野で活躍するプロフェッショナル5名が就任、「革新性」「事業性」「技術性」「話題性」の4つの評価基準にもとづき審査が行われた。書類審査を通過した10件のファイナリストをプレゼンテーションも参考にしつつ選考が進められたが、いずれも負けず劣らずのクオリティと内容で、予定していた1回の審査会では決まらず、急遽、2回目の審査会を開いたと審査委員長の梅澤高明氏は経緯を明かし、特別賞の増設も決定された。

大賞と準大賞、特別賞を受賞した企業は以下の通りである。

画像2

受賞者と審査員
前列左から、Lily MedTech 東志保氏、
花王 細川均氏、
パーフェクト 礒崎順信氏、
ファーメンステーション 酒井里奈氏

この続きをみるには

この続き: 4,568文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf