見出し画像

ファーメンステーションの化粧品原料「プレミアムエタノール」は循環経済をも生み出す

◆ English version: The story behind this rare 100% circular bioethanol from Japan
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

クリーンビューティ全盛のいま、化粧品原料として、トレーサビリティかつオーガニックな「プレミアムエタノール」の生産に挑むスタートアップがある。それが株式会社ファーメンステーションだ。同社の挑戦は化粧品原料にとどまらない。その過程で生まれる蒸留残渣を飼料として使い、それが高付加価値製品を生み出す地域循環型モデルをもつくりだしている。

エタノールは、滅菌や防腐効果、溶媒機能や揮発性といった特性があり、清浄や殺菌のほか、さまざまな成分を溶かすための化粧品原料となる。そのなかでも「プレミアムエタノール」とはどういうものなのか。それを知るにはまず、世界のバイオエタノール(再生可能な生物由来の原料からつくられるエタノール)市場を俯瞰するところからみてみよう。

バイオエタノールの大部分を占める第一世代のエタノールは、でんぷんや糖を豊富に含むさとうきびやトウモロコシ、米などの穀物を原料として生産される。第一世代エタノール先進国は米国とブラジルで、その約8割は燃料用で、残りの2割は工業用エタノールとして日用品や化粧品などに使われている。日本では燃料用も工業用も、ほぼ全量を輸入に頼っているのが現状だ。

新興国の生活が豊かになるのにともない、消毒、消臭から、シャンプーやコンディショナーといった日用品に使われるエタノールの消費量は世界的に増加しており、日本でもエタノールの確保が差し迫った課題となっている。

そのため、植物の糖質を利用せず、食料と競合しない植物繊維質「セルロース」をおもな原料とした「第二世代のバイオエタノール」の開発が日本では進められている。竹など短期間で収穫できる木質系や水草などの藻類、シュレッターダストや古紙などのさまざまな素材を発酵させてつくる第二世代のバイオエタノールは、広大な土地が不要で、食物や飼料価格の高騰の影響を受けなくて済む。しかし、技術的な難しさや、前処理にかかるコストが高いなどの問題点もあり、実証実験は行ったものの事業化を断念する企業も多い。

そうした状況のなか、第一世代エタノールとして、休耕田を活用し栽培したオーガニック米を原料としたエタノールの生産に粘り強く取り組み、付加価値のあるプレミアムエタノール販売の事業化に成功しているのが株式会社ファーメンステーションだ。代表取締役の酒井里奈氏は、国際基督教大学卒業後、みずほ銀行やドイツ証券といった金融業界で働いたのち、31歳で東京農業大学に入学して発酵を学んだ異色の経歴をもつ。東京農業大学在学中に、応用生物科学部醸造科学科で米を発酵させてバイオ燃料化する実証実験事業に携わったのがきっかけとなり、卒業後、その事業を引き継いだ。

ファーメンステーションのエタノールの原料となる米は、岩手県奥州市の休耕田・転作田を利用して作られている。昨年12月には飼料用米として全国2例目となる有機JAS認定も受けた。このオーガニック米を独自の発酵・蒸留技術でエタノール化している。

「米由来のバイオエタノールは、さとうきびやトウモロコシなどを原料にしたエタノールと比較すると約200倍という高価格になるため、燃料として使うには採算が合わない。そこで、オーガニックかつ生産年月日まで追跡できる透明性を持ち、希少性の高いエタノールを化粧品原料として活用することを思いついた」(酒井氏)。

通常、燃料としてのエタノールはリッター100円以下で取引される。200倍という価格差を逆に付加価値とし、10年をかけて、こつこつと「産地のわかるプレミアムエタノール」を作り続ける過程は、さらなる付加価値をうむことになった。

まずひとつが、他社が真似しにくい技術だ。そもそも、エタノールについては純度が高く均一な品質のものを大量生産することが前提で、付加価値の高いエタノールをつくるという発想自体が業界にはなかった。同社では前処理から発酵と蒸留の過程で出る微量成分に、香りのもととなる成分があることを発見し、エタノールをしぼったあとの米もろみ粕(残渣)にも、ヒアルロン酸保持効果や抗酸化・抗老化作用といった、化粧品向きの保湿成分があることなどをつきとめた。この一連の研究成果をもとに、2014年、プレミアムエタノールとトレース可能な天然素材を使ってつくられた自社オリジナルブランド「FERMENSTATION」を立ち上げた。

米もろみ粕を使った石鹸は、
洗ったあとつっぱらずにしっとりすると
リピーターも多い

「ここ1〜2年で大手企業がSDGs(持続可能な開発目標)を強く意識するようになり、またクリーンビューティの認知が高まったことなども追い風となり、OEMの問い合わせも増えた」(酒井氏)。いずれも商品の開発背景のストーリー性に魅力を感じた企業からの発注だ。その一例として、サザビーリーグが運営するライフスタイルショップ「AKOMEYA」は、ファーメンステーションのプレミアムエタノールや米もろみ粕を使ったオリジナルのビューティケアアイテムを展開している。プロダクトの特長として全面に押し出しているのは、“産地が見える”“お米由来”といったキーワードだ。一般的なエタノールと比べて、鼻にツンとこないまろやかさがあり、香りが立ちやすいという品質面の良さでも好評だ。

「これまでプレミアムエタノールは、自社製品への使用比率がおよそ半分を占めていたのに対し、今年はOEM使用率がそれを上回る見込みだ」と酒井氏。2018年秋にはVCからの出資も受け、2019年度は昨対で倍の売上目標を掲げている。2020年以降には休耕田の利用など水田の作付面積や工場も増やす予定だ。

未利用資源を活用した循環プロジェクトへの発展

化粧品開発だけにとどまらず、酒井氏がさらに取り組んだのは、残渣である米もろみ粕を、地元奥州市の養鶏場や畜産業者へプレミアムな飼料として提供することだった。この飼料により地元の養鶏場で生産される「まっちゃんたまご」は、超人気ブランドとなり、そのまっちゃんたまごを使って地元の人たちが手づくりしたスイーツも評判を呼ぶなど、地域循環型産業の仕組みをつくりあげた。

ファーメンステーションが岩手県奥州で
取り組む地元密着型循環プロジェクト
(提供:株式会社ファーメンステーション)

通常ではゴミとなって処理費用がかかってしまう残渣を地域に還元するサステナブルな循環プロジェクトは各方面から注目を集め、視察ツアーの問い合わせは国内のみならず海外からも後を絶たない。2015年には循環を体験するツアーやワークショップなどを実施する「マイムマイム奥州」という団体を現地の事業者らと共同で設立した。

独自の発酵技術がもたらすビジネスの汎用性

酒井氏が持つ未利用資源を有効活用化する発酵技術は、米だけにとどまらない。2019年3月にJR東日本スタートアップ株式会社と実証実験をおこない「MUSUBI」という商品をリリースした。原料は青森のシードル製造の過程で出るリンゴの搾り粕だ。そこからファーメンステーションの発酵技術によってリンゴ由来のエタノールを抽出し、オリジナルフレグランスのルームスプレーとアロマディフューザーを商品化した。

MUSUBI
(提供:株式会社ファーメンステーション)

岩手県での事例と同じく、蒸留残渣は地元の牛飼料に利用され、その牛肉はJR東日本系列のメトロポリタンホテルのレストランで提供される。

「産廃処理のコストも削減でき、視察ツアーを実施すれば新幹線利用や訪問客の送客も見込める。ルームスプレーとアロマディフューザーは、地元ホテルのアメニティとしても活用機会があるだろう。未利用資源からできた新たなプロダクトによって収益の機会が増えれば、JR東日本にとっても地域にとっても循環型モデルの構築と二重のメリットがあるのではないか」(酒井氏)。

ほかにも未利用資源があれば、ファーメンステーションの発酵技術によって、この循環型モデルをほかの地域で横展開させることが可能だ。「“噛むと甘くなるもの”なら、エタノールの原料として使える」と酒井氏はいう。その意味で、茶かすやコーヒーかす、ご飯やパンなどの食べ残しも対象となりうる。

独自の発酵技術でサステナブルな社会を目指す

酒井氏の「プレミアエタノール」へのこだわりは、大企業も動かし、実際に生ゴミやコーヒーかすからエタノールを作る技術を持つ大手プラントメーカーともコラボレーションしている。

「通常ならゴミになってしまう未利用資源を発酵させることで社会問題が解決できたら面白い世の中になる。将来的には使われないものが存在しない世界の実現を目指したい」と酒井氏は意気込む。今後はUSDAオーガニックやコスモス認証などを取得してプレミアムエタノールの付加価値をさらに高めるという。

株式会社ファーメンステーション 
代表取締役 酒井里奈氏

クリーンビューティが注目される昨今、化粧品原料のなかでもトレーサビリティの確立が難しかったエタノールに、新しい価値をもたらしたファーメンステーションの取り組みは革新的だ。プレミアムエタノールとしてエタノールの有効活用をこつこつと研究してきた成果は、資源の枯渇への対応という点でも、また、地域資源の有効活用という視点からも、化粧品原料にとどまらない広がりと循環をつくりだしている。

Text: 佐々木彩子(Ayako Sasaki)、編集部


ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
10

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

サイエンス

BeautyTech.jpで、サイエンスに関する記事をまとめたマガジンです。
1つ のマガジンに含まれています