マガジンのカバー画像

吉松徹郎の「小売店舗のミライをかんがえる。」

19
パンデミックを経験し、Web3の世界を見据えて本質的なBXを迫られている化粧品業界は、いまだからこそ店舗での小売体験を豊かにし、小売店舗がおかれている構造を変え新しいビジネスモデ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

最終回 - 小さな変化の積み重ねの先にある「小売店舗のミライ」

6月から、約5カ月にわたってお付き合いいただいた本連載も、今回でいったん最終回となります。…

BeautyTech.jp
3週間前

co-storeの実現を阻む課題

なぜ、変化が大事だとわかっていても進めないのか今まで、新しい小売店舗のあり方、そして実際…

BeautyTech.jp
1か月前

小売店とブランドの協業は必至 - 「co-store戦略」のまとめ

co-store戦略の考え方と、今すでに@cosme TOKYOで私たち主体やブランドと協力してトライしてい…

BeautyTech.jp
1か月前

@cosme TOKYOが目指すもの(3) - リアル店舗がハブになる

前々回、前回と、@cosmeTOKYOで目指していること・やっていることとして、場所の作り方やコン…

BeautyTech.jp
1か月前

@cosme TOKYOが目指すもの(2) - コンテンツの発信基地へ

前回は、@cosmeTOKYOを立ち上げる際に意識していたこと、「探しやすい」場所から「出会いやす…

BeautyTech.jp
2か月前

@cosme TOKYOが目指すもの(1) - 「探しやすい」場所から「出会いや…

前々回、前回とアイスタイルのco-store戦略について書いてきました。私たちはそれを具体的に実…

BeautyTech.jp
2か月前

co-store戦略とは(2) - ユーザーと小売店からの視点

前回は私たちアイスタイルが今後展開するco-store戦略について、ブランドの視点から書きました。今回はユーザーの視点・小売店側からの視点でお話したいと思います。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ 購入できるco-store戦略と書いていますが、その大前提として、そして本丸中の本丸は小売店舗としてお客様にとって素晴らしい購入体験を実現していくということにあります。 前回のようにブランドにとっての店舗のあり方、というテーマではブランド主導型のマーケティング型店舗をイメー

スキ
19

co-store戦略とは(1) - ブランドからの視点

前回、いまアイスタイルが提案しているco-store戦略について触れさせていただきました。このco…

BeautyTech.jp
3か月前

いま、私たちが考える「ミライの店舗」

仕入販売モデルからユーザー獲得支援モデルへここまで、小売店とブランドそれぞれに起きている…

BeautyTech.jp
3か月前

人材と働き方の変化 - 「ソーシャルセラー」という新しい仕事が生まれる

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前

いま、生活者に起きていること - 「失敗したくない」気持ちの高まり

どこで買っても構わないユーザー前回までは、小売店側に起きている課題、そしてブランド側から…

BeautyTech.jp
3か月前

いま、ブランドに起きていること(3) - ユーザーとの接触コストは、ネットよりもリ…

ブランド体験を自社のみで提供するのは限界がある前回は、ユーザーに知ってもらうことの難しさ…

BeautyTech.jp
4か月前

いま、ブランドに起きていること(2) - 知ってもらうことの難しさ

前回、ブランドの変化として増え続けるデジタル投資コストのことを話しました。一方で、その投…

BeautyTech.jp
4か月前

いま、ブランドに起きていること(1) - 増え続けるデジタル投資コスト

前回まで、小売店舗側の視点から、新しいビジネスモデルにDXあるいはBXしていくために必要な投資の難しさを考えてみました。今度はブランド側の視点で、現状をひも解きながら考えていきたいと思っています。 ※バックナンバー一覧はこちらから↓ ECが補完的販売チャネルから主たる販売チャネルの一つに前回、これまであまり積極的ではなかったブランド側のECがこのパンデミックによって大きく伸長することになったと書きました。ネットビジネスに身をおいているものからすると、成長性のあるECになぜ

スキ
35