マガジンのカバー画像

米国・カナダ

139
BeautyTech.jpの米国・カナダに関する記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

Z世代に人気の海外美容アプリ「パーソナライズ」「透明性」「複数機能」がキーワード

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
12日前

美容+ウエルネス+会員制コミュニティ。リアルな交流がもたらすビジネス価値

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4週間前

「サステナブル容器」「NFTプラットフォーム」がキーワード【海外トレンド2022年4月-5…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

カーボンニュートラル実現へ花王やエスティ ローダー、新興ブランドが蓄積する知見

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

「メタバースFW」「セクシャルウエルネス」「脳科学×香りレコメンド」がキーワード【…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
2か月前

「米小売大手×化粧品専門店」「新・セレブコスメ」「環境影響評価コンソーシアム」が…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前

欧米のフェムテック企業、M&Aなどでプラットフォーム化、美容領域との融合が加速

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 2021年は、フェムテックにとって飛躍の年となった。フェムテック領域へのグローバルベンチャー投資額が初めて12億ドル(約1,380億円)を超え、米国ではユニコーン企業も登場。欧米では点在していたフェムテックサービスがプラットフォーム化し、ウエルネス、ビューティを包括したウィメンズヘル

スキ
24

パンデミックで増えた不安や不調の緩和を目指すヘルスケア&スリープテック【CES2022…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

AVEDAが採用のリユース配送バッグや、プラスチックニュートラル実現などサステナブル…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

米小売業界はセルフレジの進化、仮想通貨決済、ドローン配送などイノベーション実装も…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

仏CareOSや韓国lululabによるデータハブとしてのスマートミラー、パーフェクトはメタ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
5か月前

ロレアルの新ヘアカラーガジェット、P&Gはメタバース注力、アモーレパシフィックはカ…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
5か月前

ウルタの「オムニチャネルエコシステム」、AI企業投資からメディア事業進出までの全容

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
5か月前

ロレアル、ロクシタン、Nu Skinも導入。英米で注目のソーシャルセリングプラットフォーム

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o パンデミック中に大きな飛躍を遂げた美容ブランドの新たな販売チャネル、ソーシャルセリング。ザ・ボディショップのようにブランド自らがその仕組みを構築するほか、フリーランスの美容部員、あるいは消費者の誰もがマイクロインフルエンサーとして販売、収益を得られるプラットフォームも続々と誕生してい

スキ
54