マガジンのカバー画像

ヘルスケア・フェムテック

87
BeautyTech.jpのヘルスケア・フェムテックに関する記事です。 毎年、3月8日の国際女性デーにちなんで、3月はフェムテックに関する記事を積極的に配信するほか、BuzzF… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【CES2024】美容ブランドがリンクしはじめているメンタルヘルス、Z世代の高い…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
1か月前
12

受賞プロジェクトは、パーソナライズと高い社会性がキーワード「Japan Beauty and Fas…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
2か月前
13

中国新興フェムケアブランド「Big Tree Cloud」、生理の貧困など社会課題に切り込み急…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ |メルマガ(…

BeautyTech.jp
2か月前
14

欧州企業を日本進出支援するNEXTBLUE、女性のウェルビーイングを促進する新ファンド設…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
12

Moneruなど注目のフードテック新興企業から生まれる美容やウエルネス関連製品

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3か月前
15

TRULY×あすか製薬メディカル、男性更年期の課題解決へ、ホルモンチェックの企業向け…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前
17

メタジェンが提唱する「腸内環境にもとづくパーソナライズ」が美容ソリューションとなる可能性

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 腸活といえば「○○菌などの善玉菌を取り入れる」というアプローチが主であったが、近年の研究で、腸内環境は100人いれば100通りであり、一人ひとりの腸内環境にあわせてパーソナライズされたアプローチをとることがより効果的であることがわかってきた。独自の腸内環境評価手法「メタボロゲノミクス

英国発パーソナライズサプリメント・グミ「ナリッシュ3D」、サントリーと提携で日本上…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
5か月前
22

無人型フィットネスジムのchocoZAP、潜在顧客を掘り起こしたDXと美容との親…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
6か月前
96

VivaTech初のフェムテックコーナーから、ラグジュアリーブランドとの関係を強める中国…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
6か月前
11

CHOOZE COFFEEは健康や美容ニーズで「カフェイン量を選べる」新コンセプト、その誕生…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7か月前
42

香りのテクノロジー企業、コードミーがR&D強化で見すえる香り×ヘルスケアの可能性

「◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(…

BeautyTech.jp
8か月前
43

NTTコミュニケーションズがフェムテックコミュニティ創設、データ連携でビジネス共創…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
11か月前
10

東南アジアのフェムテック市場はシンガポールを中心に前年比70%増で急成長

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 文化的に女性の体や健康について語ることをタブー視する傾向が強かった東南アジアでもフェムテック市場が急成長している。東南アジア経済の中心であり、中国やオセアニア地域へのハブになっているシンガポールを中心に、マレーシアやタイ、フィリピンでもフェムテック関連のスタートアップが続々と登場して