マガジンのカバー画像

パーソナライズ

77
BeautyTech.jpのパーソナライズに関する国内外の記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

コーセー、新発想のメイクシミュレーター「COLOR MACHINE」はなぜ人気な…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1日前

香りのパーソナライズ、オルビス「HELENUS」やSparty「love pas…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
3週間前

パーフェクトの新機能「AI性格診断」はブランドニーズから開発、新たな美容体験創出

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4週間前

美容とウエルネスの融合「ニュートリコスメティクス」、2030年に2兆円の市場規模…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

韓国オリーブヤングがAIスタートアップ「ロケットビュー」買収、ECの“超個人化”…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
1か月前

韓国EIGENEが日本上陸、ブランドが目指したいパーソナル接客をトータルサポート

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
4か月前

Z世代に人気の海外美容アプリ「パーソナライズ」「透明性」「複数機能」がキーワード

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o 化粧品の消費において、Z世代の影響はますます強まっている。1995年〜2009年生まれのZ世代は既に半数以上が労働人口で、今後10年で消費の中心に成長する年代だ。国連統計によると、Z世代人口は世界人口の32%を占め(2019年時点)、とくに美容消費大国の中国では約2億6,000万人と

スキ
22

花王とPreferred Networksの「仮想人体生成モデル」がもたらすBX…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
6か月前

「メタバースFW」「セクシャルウエルネス」「脳科学×香りレコメンド」がキーワード【…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7か月前

アモーレパシフィックとLG生活健康が追求するパーソナライズ、入浴剤やヘアカラーも

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
7か月前

韓国LILLYCOVERのスマートファクトリーを国が承認、オンデマンドコスメ時代…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
8か月前

ウルタの「オムニチャネルエコシステム」、AI企業投資からメディア事業進出までの全容

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
10か月前

KATEのブランドストーリー×デジタルで、「顧客の成功体験」をもたらすUX価値創…

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔…

BeautyTech.jp
10か月前

2022年美容DXは、「オムニチャネル」と「ヒューマンタッチ」の顧客体験がさらに加速

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信) LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o パンデミックがもたらしたニューノーマルな生活習慣が固定し日常化した2021年が終わり、世界的に不透明な社会状況が続くなかでも、より開かれた“次の段階”を模索する2022年が幕開ける。BeautyTech.jpではこの1年の美容業界の

スキ
16