VRを民主化するSTYLYに探る、BeautyTech × XRの可能性

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

XRの発展に伴い、その民主化も進展している。ARに比べて普及がこれからのVRでも、誰でも簡単にVR空間を作れるサービスSTYLYが注目を集める。VR空間を自由かつ低コストで製作・運用できれば、ブランドにとっては自分たちのコンセプトを消費者に伝える新たなタッチングポイントができ、距離や空間といった制約からも解放される。こういった事例から、美容分野におけるXRの利用可能性について考察したい。

バーチャルメイク、ワークアウト、瞑想。美容分野でも活用されるXR

ARやVR、MR(3つまとめて「XR」とする)市場の成長が著しい。IT専門調査会社IDC Japanの調査によれば、AR/VRのハードウェア、ソフトウェアおよび関連サービスを合計したグローバルの支出額は2017年に91.2億ドル(約1兆円、1ドル110円として計算、以下同様)で、2018年は倍増の178億ドル(約1.9兆円)、2021には1,593億ドル(約17兆円)に達すると見込まれ、年間平均成長率は98.8%と、高い成長が期待されている。企業向けの利用のほうが市場性はあるとも言われているが、コンシューマー市場に限っても2018年は68億ドル(約0.7兆円)、2021年には200億ドル(約2.1兆円)、成長率は45.2%であり、toC市場も決して見過ごせはしない。

美容分野においても、XRを使ったサービスがどんどん登場している。ARではたとえばバーチャルコスメアプリ。スマホのインカメラで自分を映すと、自分の顔にさまざまなメイクを施せるというものが多い。写真ではなくリアルタイムで映し出され、アイテム購入や化粧の仕方の参考にできる。店頭にタブレットを設置して使うこともあり、なかには売上が4倍になったケースもあるという。ARが単に便利ツールではなく、事業者にとっても売上を上げるために役立つ施策になることを示している。2018年3月には化粧品大手のロレアルがカナダのスタートアップModiFaceを買収し、大手企業もこの分野に参入してきている。

VRでは暗闇の中で自転車を漕ぐワークアウトが話題に上った。映画館のような巨大なスクリーンに、レース場や森の中などがVRとして映し出され、実際のサイクリングとは違う没入感が得られる。美容分野ではイニスフリーが店舗にVRコンテンツを導入したりなどしている。

VRの中でショッピングも可能に。VRを民主化するSTYLY

XRの技術は日進月歩であるが、なかでもVRは、「誰でもコンテンツが作れる」ところにきている。ファッション分野を中心に、VRの民主化を誘発する日本のスタートアップ、Psychic VR Labが開発しているのは誰でもVR空間が作れてシェアできるクリエイティブプラットフォーム「STYLY」だ。

STYLYではクラウド上に簡単かつ自由に、VR空間を作ることができる。STYLYが用意しているパーツを使って組み合わせたり、自前の画像や動画をアップロードしたり、YouTubeなどを埋め込んだりもできる。VRとして3Dのアイコンが欲しいところだが、自分で作成するのはハードルが高い。そんなときはたとえばGoogleのPolyのようなクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで、3DアイコンをSTYLYに組み込むことも可能だ。

STYLYで作られた空間は、クラウド上に用意されるというのも特徴のひとつだ。既存のVRコンテンツを体験しようとすると、VRが用意されている場所まで足を運ぶ必要があったが、クラウドなら自宅でも職場でもどこでも体験可能だ。通信容量が重くなるが、今後4Gから5Gへ移行する中でその問題も軽減されていくだろう。

Psychic VR LabはSTYLYを使って、さまざまな企業と連携。渋谷パルコや伊勢丹新宿とは展示やプロジェクトをたびたび開催しており、とくに注目したいのはファッションレーベルchloma(クロマ)との取組みだ。STYLYのローンチ初期からchlomaが実際に作った洋服をSTYLY上に登場させたりと、その関係は深い。

2018年3月にはMRコンテンツも開発している。この中で展示されている洋服は、なんと実際にMR内でそのまま購入可能。いわば「MRショッピング」ができるのだ。現在STYLY自体では購入オプションをつけるこはできないが、将来的にはこれも実装していく予定とのこと。

画像: STYLYとchlomaの共同コンテンツ。右下画像の背景はVR空間ではなく現実空間。MRで現実空間に洋服などを映し出している。( microsof より)

STYLYのように、今後誰でも簡単にVR空間を作れるチャンスは増えてくるだろう。現在VRコンテンツを作ろうと制作会社に依頼などしてかなりの費用がかかってしまうが、STYLYなら費用も抑えられ、コンテンツを追加したり世界観をアップデートしたりといったメンテナンスも容易になる。

VRとリアルの行き来が今後の議論に

さて美容に話を戻して、今後同分野ではどのようにXRを使えるだろうか。

たとえば化粧品ブランドなどが、STYLYのようなサービスを使ってVR空間を用意しておくことが考えられる。ブランドは世界観が重要であることが多く、リアルショップやイベントでの体験は綿密にデザインされている。しかし、それではコストや場所の制約をうけるために拡張性がなかったりする(ブランドが単なる貸し会議室でイベントをするわけにもいかないだろう)。現実空間のイベントなどは、どうしても東京のような大都市が中心となってしまい、地方や海外の方は体験しにくくなってしまうという課題もある。

しかしXRを用いることでブランドの世界観を伝えられるなら、消費者はどこでも体験ができ、世界中のファンにコンテンツを届けることも可能だ。

Psychic VR LabでSTYLYを開発する八幡氏

また最近は、YouTubeやInstagram Stories、Tik Tokなどで自分の姿をオンライン上に動画で出す機会が増えており、動画でも自分をきれい見せるために加工したいというニーズが高まっているのは周知の事実だ。またVtuberが流行の兆しを見せており、自分そっくり、またはなりたい姿のアバターを作り出すというニーズも、今後は高まると考えられる。

昨年米ワシントン大学が人工知能を用いて、音声からオバマ前大統領のリップシンク(口パク)映像を作りだすことに成功(参考記事)し、人工知能を活用した画像解析技術は日に日に精度を増している。VR空間に自分そっくりのアバターが登場する日もそう遠くないだろう。

もしそうなれば、現実の自分に加工をするARではなく、VR上でアバターに化粧や加工を施すニーズも出現する。化粧品会社などが、自社のアイテムを簡単にVR上で試せるようにするなどの施策をうてれば、消費者とのタッチポイントがさらに増えるだろう。

近年はO2Oや、オムニチャネル、ニューリテールといった、インターネットとリアル店舗をどう組み合わせてユーザに体験してもらうか、という議論も盛んになっている。たとえばユニクロは中国で、オンラインで商品を購入して店舗で商品を受取る(店舗で受け取るとディスカウントされたり、その場でサイズ交換も可能)施策をうちだし、一定の成果を収めている。同様に、VRやMRとリアルの購買をどう組み合わせるかという問題も、近い将来に考える必要がある。

ARやVR、MRなどはまだまだ発展中の技術であるが、その発展は目を見張るものがある。VRやMRの趨勢を継続的に追いかけ、美容業界でも次の良きユーザ体験をつくっていきたい。

Text: 納富 隼平(Notomi Jumpei)


ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
5

BeautyTech.jp

美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

BeautyTech.jp記事

BeautyTech.jpのすべての日本語コンテンツはこちらからご覧いただけます
2つ のマガジンに含まれています