2022年美容DXは、「オムニチャネル」と「ヒューマンタッチ」の顧客体験がさらに加速
見出し画像

2022年美容DXは、「オムニチャネル」と「ヒューマンタッチ」の顧客体験がさらに加速

BeautyTech.jp

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パンデミックがもたらしたニューノーマルな生活習慣が固定し日常化した2021年が終わり、世界的に不透明な社会状況が続くなかでも、より開かれた“次の段階”を模索する2022年が幕開ける。BeautyTech.jpではこの1年の美容業界の動きを振り返るとともに、新しい年の行方を示唆するキーワードをもとに、関連記事をまとめて紹介する。

グローバルでECの「体験」が大きく変わった2021年

パンデミック対応に追われた2020年は、手探りでの「オンライン接客→ライブコマース→ツール選定→バーチャル店舗」と非接触での販売体制の確立が進んだが、2021年に入ってからは非接触を前提としつつ、「人(キャラクター)が売る」ヒューマンタッチを加味する動きが加速し、ライブコマースやソーシャルセリングが活況を呈して、マーケティングにおいてバーチャルヒューマンの起用も始まっている。

また欧米では、各国の休業・外出規制が解除され始め、リアルなコミュニケーションへの渇望から実店舗の価値が見直され、オンラインとオフラインの双方を活性化するオムニチャネル化を積極的に推進する動きが出ている。すでにOMO(Online Merges with Offline)という言葉はあまり使われなくなっており、OMOを前提としたうえで、「オムニチャネル・ストラテジー」と表現され、一例では、ドラッグストアチェーン「ワトソンズ」などを展開する、グローバル大手リテーラーA.S. Watson Groupは、独自の「O+O(Online plus Offline)リテール・エコシステム」を構築している。

Yasemin Yurtman Candemir via Shutterstock

【ライブコマース】
エスティ ローダーが導入の「Bambuser」、ライブコマースで従来の500倍の売上効果

【カスタマーサポート】&【コミュニティ】
英国ブーツの敏腕CIOによるDXとオムニチャネル戦略への急シフト

【ソーシャルセリング】
D2Cブランドからザ・ボディショップ、ロレアルまでソーシャルセリングへの熱視線

【バーチャルキャラクター】
AYAYIから柳夜熙まで、中国のバーチャルヒューマンの話題とメタバース活用への展望

日本では、デジタルシフト→DX→BXの動き

一方日本では、2020年グローバルより半年遅れで「オンライン接客→ライブコマース→ツール選定」の試行錯誤が始まり、2021年には部分的なデジタルシフトから、DX〜BXの入り口に立つまでに至った。ここでいうBXとは、DX推進の本意であるビジネスそのものの改革=ビジネストランスフォーメンションを意味する。そして2022年は、DX体制づくりの本格化が進むのは必至だ。これに伴い、ビジネス設計はもとより、経営戦略に沿ったクリエイティブ戦略をいかに立てるかが重要になり、テクノロジーとビジネスの双方を理解し、具体策を現場に落とし込んでいける「ブリッジ人材」を育成・活用できるかが鍵となる。

metamorworks via Shutterstock

【肌診断+レコメンドの進化(小売)】
「普及フェーズ」に入ったAI肌診断、美容企業が導入可能な国内外ツール8

【経営とクリエイティブ】
Takramがサポートするオルビス、KINSなど美容のブランディングと体験デザイン

【領域をまたがるビジネス設計】
コーセーの新「カウンセリングシステム」社内開発でBCとともにDXの中心へ

【美容業界DXのための体制づくり】
経産省、CDO Club、先行企業に学ぶDXの体制づくり
美容企業のDXに必要な体制づくりとは?

2022年、そのほかのトレンド

2021年10月、Facebookが社名をMetaに改めたことをきっかけに、「メタバース」への注目が一気に上昇、一番ホットなトレンドワードに躍り出た。既存のバーチャル旗艦店を、2022年にはアバターでショッピングできる「メタバース化」することを表明した化粧品ブランドも登場。仮想空間を実装する企業が続々と現れるのは間違いない。また、気候変動や多様性における課題を受け、社会や企業が一体となって推進するのが当然と考えられるようになった「SDGs」だが、“やっているふり”ではなく、いかにして、DX施策の一環として企業経営のなかに組み込むのかが、今後は問われてくる。同じく企業にとって必須の施策である「パーソナライズ」はますます深化が求められるだろう。一人ひとりのユーザーに向き合い寄り添うことをビジネスの軸とする新興D2CやP2Cブランドが、さらなる台頭をみせそうだ。

Panchenko Vladimir via Shutterstock

【メタバース】
海外BeautyTechトレンド「M&A」「バーチャルストアのメタバース化」「ドラッグストアとの共同開発」

【SDGs】
SDGs 美容業界の取り組み事例

【新興ブランド】
日本の新興ブランドに関する事例

Text: BeautyTech.jp編集部
Top image: Tama2u via Shutterstock


ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf