エスティ ローダーが導入の「Bambuser」、ライブコマースで従来の500倍の売上効果
見出し画像

エスティ ローダーが導入の「Bambuser」、ライブコマースで従来の500倍の売上効果

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

エスティ ローダーが、インスタライブからBambuserというツールによるライブコマースに切り替え、大きな手応えを感じている。わずか2週間での導入ながら成果を出せた背景は、ツールの使い勝手のよさ、そしてパンデミック前から積み重ねてきたBAへのデジタルトレーニングが奏功した。

ライブコマースの知見を蓄積してきたエスティ ローダー

エスティ ローダーのライブコマースが人気を博している。百貨店などの店頭で直に顧客と接しているBA(ビューティアドバイザー)が、おすすめアイテムの使い方を丁寧に紹介する、約30分の動画コンテンツだ。

利用しているのは、エスティ ローダーがグローバルで使用している「Bambuser」という配信ツールだ。米国では大手アパレルなども導入しており、このツールを活用したライブ配信では、商品をカートに入れる確率が平均31%といった実績が評価されている。日本のエスティ ローダーでは2021年のGW前に導入し、その後わずか2週間足らずで第1回目のライブ配信を実施したところ、それまで行っていたInstagram Live(インスタライブ)に比べ、1回当たりの売上が約500倍になったという。

なぜ同社は11万人近くのフォロワーがいるInstagramでのライブ配信をやめて、Bambuserを導入するに至ったのか。また、ライブ配信に出演するBAを、どのように育成しているのか。ELCジャパン株式会社 エスティ ローダー事業部 マーケティング本部 コンシューマー エンゲージメント マネージャー 山田かな氏、同社 営業本部 トレーニング マネージャー 江川みさ氏に話を聞いた。

ロイヤリティ顧客の心を離さず購入までつなげるBambuserのライブ配信

パンデミックにより顧客がリアル店舗に足を運びづらくなったことを受けて、すでに各ブランドはSNSでのライブ配信に力を入れるようになっており、エスティ ローダーでもインスタライブに注力してきたという。

しかしインスタライブでは、配信中にいくら盛り上がっていても、プラットフォームの仕組み上、視聴者がその場で商品を購入できないため「売上に直結しない」という大きな課題を抱えていた。「インスタライブは『つい見てしまう』手軽さが魅力ではあった。とはいえ、コマース機能がついていないことが、本当に大きなネックだった」(江川氏)

山田様

ELCジャパン株式会社
エスティ ローダー事業部
マーケティング本部
コンシューマー エンゲージメント
マネージャー 山田かな氏

この続きをみるには

この続き: 3,819文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf