日本の化粧品向けアップサイクル原料最前線、Bentenからは原料データベースも登場
見出し画像

日本の化粧品向けアップサイクル原料最前線、Bentenからは原料データベースも登場

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

近年注目度が高まっているアップサイクル原料について、海外ブランドや原料企業各社の取り組みを以前紹介したが、“もったいない”文化が根付く日本でも、素材を無駄なく利活用して開発された化粧品原料はさまざまに存在している。日本のアップサイクル原料の事例、そして、化粧品ビジネスマッチングサイトBentenによる原料検索データベース「INGRE BANK」のローンチも含め、日本発のアップサイクル原料の現状をみていく。

サステナブル文脈で注目度上昇中の「アップサイクル原料」

アップサイクルとは、生産工程で出る副産物や廃棄物をゴミとして捨てるのではなく、アイディアや加工を加えてそのモノの価値を高め、新たな需要を生み出すサステナブルな循環システムのことを指す。ファッション業界での動きに続いて、美容業界でもアップサイクルによって開発された化粧品原料を採用するブランドが相次ぎ、注目を集めている。

2021年5月にパシフィコ横浜で開催された第10回化粧品産業技術展「CITE JAPAN 2021」の展示でも、”SDGs”や“サステナブル原料”のキーワードを掲げたブースが目立つなか、“アップサイクル原料”をアピールする企業ブースも散見された。

出展者に話を聞いたところ、天然植物由来成分を使用する美容ブランドは増加しているが、近年は、「その植物がどこでどのように栽培され、加工されたのか」のストーリーやトレーサビリティを重視する傾向がとくに強まっているという。

それは、仏ロレアルが2030年に向けて掲げた新サステナビリティプログラム「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」の「プラネタリー・バウンダリーを尊重したビジネスモデルへの変革」のなかで、“すべてのサプライヤーとその原材料について、栽培や収穫活動が、生物多様性とくに森林を保護しているか、持続できる低酸素農作業をしているかなどの項目ごとに自社でチェックし評価している”と述べたことが、欧米の原料メーカーに大きな影響を与えているのが一因とされる。こうした流れは日本をはじめ、アジアにも波及してくることは時間の問題だ。

そういった傾向もうけ、日本でもアップサイクル原料の開発は盛んに行われはじめており、今回は8つの事例を紹介する。

九州地方でとれたハマチの動脈球を原料にした「シーラスチン」

九州の天草地方で養殖されているブリ(ハマチ)を加工する際に廃棄される「ブリの心臓の動脈球(心臓とエラをつなぐ器官)」に、エラスチンが豊富に含まれていることに着目して開発されたのが、化粧品原料「シーラスチン」だ。

エラスチンはタンパク質の一種で、コラーゲンとともに皮膚、血管、靭帯などの伸縮性が必要な組織に多く分布し、細胞増殖促進作用や皮膚に弾性を与える働きをする。エラスチンはコラーゲンと同じ組織内に存在しているため、コラーゲンが混入したものがほとんどだが、シーラスチンはコラーゲンの混入が少なく、高純度である点が特徴だ。

製造者の株式会社寿ケミカル 営業部 松本大樹氏は「開発スタート当時、エラスチンの伸縮性に寄与する架橋アミノ酸のひとつ、デスモシン類の分析方法を確立する過程で、ブリの動脈球にデスモシン類が高濃度に含まれることを突き止めた。魚臭を抑えるために、溶媒、温度などの抽出条件や濾過方法を工夫し、臭いがあまりしない製法を確立することに成功した」と語る。現在は、医薬部外品成分「ブリエラスチン」として、さまざまな化粧品に配合されている。

画像1

ハマチの動脈球
提供:株式会社寿ケミカル

摘果された温州みかんの早摘み果皮から抽出した「YOエキス」

和歌山県の温州みかん農家では、毎年6月下旬頃から余分な果実を取り除く摘果作業を行う。これまではみかんの木の下に落とし肥料にしたり、廃棄業者に引き取ってもらったりなど廃棄処分されていた早摘み果皮からエキスを抽出し、開発されたのが「YOエキス」だ。

近畿大学薬学部薬用資源研究室の久保道徳教授らの研究によって、温州みかんの果皮に存在するヘスペリジンは、抗アレルギーの有効成分であることが証明されているほか、ヘスペリジンはルチンとともにビタミンPに分類される成分で、血圧の上昇を抑えたり血管を強くしたりする作用があり、ヨーロッパでは医薬品として使用されている成分だという。

開発元の有限会社イントロンでは、温州みかん以外にも摘果りんごからの化粧品原料の開発なども行っている。同社 代表取締役 古門幸三氏は、「廃棄される素材について情報収集を行い、生産者と信頼関係を構築しながら連携し、継続的にその素材のもつ魅力を発信していきたい」と話す。

画像2

YOエキスの原料となる摘果みかん
提供:有限会社イントロン

富良野産メロンの種を使用したメロン種子油

富良野メロンをジュースやゼリーに加工する際に取り除かれ、廃棄されていた種子をアップサイクリングした原料が「メロン種子油」だ。「北海道産の素材を使った化粧品原料は、海外メーカーから引き合いが強く、メロン種子油の問い合わせがあったのを機に一から原料開発に踏み切った」と語るのは、交洋ファインケミカル株式会社 大阪営業所 庄司達也氏だ。

集めたメロン種子を洗浄・乾燥したあとで搾油を行うというシンプルな工程ではあるが、洗浄前のメロン種子には大量のワタが付着しており、これらをすべて取り除いて種子のみにする工程がもっとも大変だという。メロン種子油は、オメガ-6と呼ばれる不飽和脂肪酸のリノール酸を約70%含有し、抗酸化効果が高く、アンチエイジングや抗炎症などの効果が期待できる。今後は、搾油後に出てきた残渣(ざんさ)から水溶性エキスを抽出して販売する構想もあるという。

庄司氏は、「SDGsに関連して、アップサイクル原料の問い合わせ数が少しずつ増えている。アップサイクル成分というコンセプトだけでなく、効果面でも魅力のある化粧品原料を開発できるかが、今後いっそう求められてくるだろう」と話す。

画像3

ワタを取り除く作業は
すべて手作業で行っている
提供:交洋ファインケミカル株式会社

弘前大学と共同開発。鮭の鼻軟骨から精製したプロテオグリカン

一般家庭でよく消費される魚として上位を占めるサケの水産加工工程で、大量に廃棄されるサケ頭部を有効活用するために、1998年に弘前大学と株式会社角弘が共同研究をスタートした。そして、サケの鼻軟骨から、高純度でかつ大量のプロテオグリカンを生成する技術を確立し、一丸ファルコス株式会社が機能性化粧品原料「プロテオグリカン IPC」として製品化した。

プロテオグリカンは、コアタンパク質に、コンドロイチン硫酸やケラタン硫酸などのグリコサミノグリカンと呼ばれる糖鎖が共有結合した糖タンパク質だ。サケ鼻軟骨由来プロテオグリカンには、ヒアルロン酸産生促進作用や、年齢とともに減少するEGF(上皮細胞増殖因子)と同様の作用があることがわかっており、エイジングケアに有用な美容素材として注目を集めている。

画像4

白く囲われた部分が鼻軟骨(氷頭:ひず)
出典:一丸ファルコス株式会社

国産りんごの加工後の残りかすを使って開発した「りんご果実水」

株式会社シー・アクトは、りんご果実からりんごジュースなどの加工製品製造後にできる未利用資源を有効利用し、りんごの自然な香りづけを可能にした「りんご果実水」を製品化した。

産地証明がある純国産りんごの未利用資源を使い、水蒸気蒸留法によって果実の持つ芳香成分をそのまま残して抽出した原料で、化粧品や食品作成の水の一部、または全量と置き換えることで、香料を使用することなく、りんごの自然な香りづけが可能となる。充填時に滅菌フィルターを通すなどの工夫で製品の菌数コントロールを行い、防腐剤をまったく使用していないのも特徴だ。

「りんご果実水は、未利用資源をそのまま捨ててしまうのはもったいないという発想から生まれた原料。持続可能な社会に寄り添える原料として、社会のニーズにも合えばうれしい」と、同社の担当者は語る。

画像5

提供:株式会社シー・アクト

小豆島のオリーブの葉から抽出した「和ism®<瀬戸内オリーブ葉>」

オリーブ生産量日本一を誇る香川県小豆島で、オリーブの実を豊かに結実させるために剪定される大量のオリーブ葉を有効活用して開発されたのが「和ism®<瀬戸内オリーブ葉>」だ。

同原料を配合した化粧品製剤を用い、約1年間の長期にわたるヒトボランティア試験を行い、夏の紫外線と冬の乾燥に対して高い有効性を発揮することが確認されており、ドイツ・ハンブルグに本部のある化粧品コンサルティング会社BSB社が独自の基準で選定した化粧品原料に与える賞「BSB Innovation Award 2021」アクティブ原料(肌バリア機能部門)で第3位を受賞した。

製造元の丸善製薬株式会社は、広島県三原市に約7万5,000平方メートルの農場「久井ファーム」を持ち、有用植物の試験栽培を行いながら、生産から販売まで一貫体制を敷く。植物を抽出したあとの残渣(植物かす)を堆肥化して土に返すという循環サイクルを構築し、環境負荷の低減にも努めている。

※「和ism\ワイズム」及び「和ism<瀬戸内オリーブ葉>」は、丸善製薬株式会社の登録商標です。

画像6

剪定されるオリーブ葉
提供:丸善製薬株式会社

岩手県奥州市の休耕田で栽培されたオーガニック米から蒸留する「プレミアエタノール」

株式会社ファーメンステーションは、岩手県奥州市の休耕田で栽培された無農薬・無化学肥料のオーガニック米を発酵・蒸留してプレミアムエタノールを製造する。さらにエタノールを絞った後の米もろみ粕(残渣)には抗酸化作用などの保湿成分があることから、スキンケアブランド「FERMENSTATION」の化粧品原材料として使用。同時に地元の養鶏場や畜産業者へ飼料として提供し、さらにその鶏糞や牛糞は畑や田んぼの肥料とし活用される。そのほかにも、青森県でシードルの製造過程で出るりんごの搾りかすを使用したルームフレグランスをプロデュースし、蒸留残渣は地元の牛飼料に利用される。

培養肉の副産物である細胞培養上清液から開発した「CELLAMENT(セラメント)」

細胞培養スタートアップのインテグリカルチャー株式会社は、自社で持つ培養肉技術を活かし、動物細胞資源を有効活用した、卵由来培養上清スキンケア化粧品原料「CELLAMENT(セラメント)」を開発した。

培養肉研究の過程で、培養肉の副産物である細胞培養上清液に、肌に対して有用な成分が多数含まれていることを見出し、約2年の研究期間を経て完成した。量産体制が整ったのを機に、2021年4月より、セラメント配合スキンケア化粧品の上市を目指す化粧品メーカーとの連携を進めている。

画像7

出典:インテグリカルチャー
プレスリリース

アップサイクル原料など新しい化粧品原料に出会えるデータベース「INGRE BANK」β版がオープン

化粧品ビジネスマッチングサイト「Benten」を運営する株式会社Cogane studioは、日本化粧品工業連合会が推奨している化粧品原料に関する業界推奨基準フォーマットRMIF(Raw Material Information File)に対応した化粧品・健康食品原料データベース「INGRE BANK(イングレバンク)」のβ版を2021年9月30日にローンチした。

これまで新しい原料を探す際は、CITE JAPANのような展示会に参加したり、化粧品原料メーカーのサイトやメルマガをチェックしたり、化粧品原料メーカーが独自に構築している原料データベースにアクセスしたりするなど、さまざまなソースから情報を得る必要があった。「INGRE BANK」には、化粧品原料メーカー複数社が参加しており、たとえば「アップサイクル原料」といったキーワードやタグなどから原料を探すことができる。気になる原料があれば、そのまま資料請求やサンプル発注までできるのが特徴だ(資料ダウンロードやサンプル発注は、原料メーカーの承認が必要)。

画像8

出典:INGRE BANK

株式会社Cogane studio 代表取締役 植村元氏は、「今までは、資料を取り寄せるだけでも最短で1〜2週間、長ければ1カ月かかる場合もあった。INGRE BANKでは各企業の承認がおりればすぐに資料ダウンロードやサンプル発注ができ、アプリ内でチャット機能を使ったやりとりも可能で、大幅な時間短縮が可能となる。またRMIF対応で必要な情報がすべて記載されているので、社内の承認や海外の製造工場などとのやり取りもスムーズに行える点も大きな魅力だ」と話す。

化粧品原料メーカーにとっては、展示会の商談スペースのようなクローズドなブース機能をアプリ内でもつことができ、各メーカーが承認しない限り原料情報は開示されないため、同業他社や一般消費者に情報をみられる心配がないというメリットがある。そのほか、セミナー集客や顧客管理機能もあり、これまでアプローチできていなかった新たな顧客獲得につなげることも可能だ。

現在、INGRE BANKはβ版として運用しており、参加する原料メーカーを募集している。原料情報の掲載は無料で行うことができ、サンプル発注や資料請求ごとの成果報酬型ビジネスモデルを検討しているという。植村氏は今後の展望をこう話す。

「化粧品メーカーと原料メーカーが抱えていた不便さを解決し、原料のPR支援を行うと同時に、これから化粧品を作りたい人や企業がINGREBANKで新しい原料に出会えるというサイトに育てていきたい。そして将来的に、日本発の原料を使用して開発されたJ-Beautyの発展に寄与していけたらと考えている」

Text:小野梨奈(Lina Ono)
Top image: Rawpixel.com via shutterstock


ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf