見出し画像

SDGsの科学的アプローチ、ロレアルR&Iが進める「グリーンサイエンス」の全容

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ロレアルグループが推進する包括的なサステナビリティプログラムの原動力となるのが、ロレアル リサーチ&イノベーション(R&I)が進める環境への負荷を減らす製品開発哲学「グリーンサイエンス」だ。実際にどのような試みが行われているのか、日本とグローバルでの事例を紹介する。

「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」をバックアップするグリーンサイエンス

2020年6月、ロレアルグループは、プラネタリー・バウンダリー(地球の限界)を尊重して策定されたSBT(Science Based Targets / 科学と整合した目標設定)にもとづき、2030年に向けた新サステナビリティプログラム「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」を発表した。これは、火急の環境問題・社会問題に対する直接的な取り組みにとどまらず、サプライヤーや消費者を含む、ロレアルが携わる全ての活動において環境負荷を軽減し、包摂的な社会の実現を目指すべく具体的な数値目標を掲げるものだ。

その一環としてロレアルは、2025年末にはロレアルの世界全拠点におけるカーボン・ニュートラル(人為的な活動を行なった際に、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量であること)の実現のほか、2030年末までに、自然由来もしくはバイオベースの原料を用いた製品の割合を95%に引き上げるという、「グリーンサイエンス」による変革をするなどのコミットメントを推進している。

グリーンサイエンスとは、ロレアルの研究開発部門リサーチ&イノベーション(R&I)独自のフィロソフィーだ。3つのグローバル研究センターをはじめとして、世界に全37センターを擁するこのR&Iが、自然とサイエンスの持続可能な調和によって育まれる「美しい未来」づくりの原動力となることが期待されている。

このグリーンサイエンスの柱となるのが次の3つの項目だ。ひとつめが環境を考慮し、最新の農学知識を取り入れてバイオマス生産を行う「グリーン栽培」、環境に負荷をかけないグリーンケミストリーやバイオテクノロジーを駆使して原料や成分の開発を行う「グリーントランスフォーメーション」、そして、それらの技術によって得られた原料や成分を組み合わせ、サステナブルかつ高機能な製品を開発する「グリーン処方」である。それぞれの分野で実際にどのような施策が行われているのか、日本ロレアル株式会社 リサーチ&イノベーションセンター 原料部 三木崇絵氏に聞いた。

環境への負荷を減らす原料生産、グリーン栽培

「グリーン栽培とは、化粧品原料となる植物を環境への負荷ができるだけ少ない方法で育て、かつ収穫することを指し、植物由来の資源を再生して廃棄物を減らすバイオマス生産といえる。一例としては、2016年から仏ロレアルがマダガスカルで共同プロジェクトとして行うツボクサの栽培があげられる」と三木氏は説明する。

同プロジェクトは、Union for Ethical Bio Trade との協働によるもので、ロレアルと現地のサプライヤーが協力して、野生植物を保護するとともに、原料の品質とトレーサビリティを担保し、あわせて、ツボクサの葉を摘む女性労働者が公正な賃金を得られ、その人権の尊重が保証されることをうたう

画像1

出典:L’Oreal 2020 Annual Report

日本のR&Iでは成分開発そのものは行わないが、サステナブルな化粧品原料サプライヤーとの連携を深めている。三木氏は、八重桜の花から分離した酵母の抽出エキスや、環境に配慮して栽培された芍薬の花からのエキスなど、今後の処方に活かすことができそうな原料の探索を外部企業と協力して進めていると明かす。

グリーンケミストリーが鍵となるグリーントランスフォーメーション

三木氏は、グリーントランスフォーメーションには大きく3つのキーワードがあるとする。自然由来の酵母や酵素、微生物を利用した発酵・醸造技術に代表される「バイオテクノロジー」、ケミカルな溶媒や電力を消費するマシンを使うのではなく、手でつぶす、押し出すなど環境にやさしい抽出プロセスをとる「グリーン抽出」、カーボンフットプリントを削減する手法によって行われる成分合成「グリーンケミストリー」である。

なかでも、最先端の皮膚科学的研究と技術から生まれたロレアルの独自成分「プロキシレン」は、グリーンケミストリーの原理にもとづいて開発されたエイジングケア(年相応のハリ、弾力を与えるケアのこと)に適した成分で、ロレアル傘下のブランドのスキンケア製品に配合されている。プロキシレンの原料は、ヨーロッパでの製紙業の副産物であるブナの廃材に由来するキシロースで、溶媒には水のみを使用し、合成過程で出る廃棄物をできるだけ少なくするために2段階のステップに抑えている

画像2

プロキシレン・イメージ図
出典:日本ロレアル公式サイト

ゴミとして捨てられていたものを活用するアップサイクルの観点からは、キールズの製品にスーパーフードのキヌアの殻から抽出したエキスが使用されている例がある。食用に加工する段階でほとんど処分されてしまうこの殻に“自己クレンズ(自浄)能力”があることを発見したキールズでは、キヌアの殻由来の成分を配合した「キールズDS マイクロピール コンセントレート」を2016年に発売している

日本で開発したグリーンなシュウ ウエムラのクレンジング オイル

「日本での開発例は、シュウ ウエムラのクレンジング オイルがある。人気の『アルティム8クレンジングオイル』は、天然由来成分の割合が98%、95%生分解性フォーミュラ*1だ」(三木氏)

日本にルーツを持つブランドとして、シュウ ウエムラは伝統や自然、資源に至るまで日本の価値を重んじることをモットーとし、自然と社会の調和のとれた循環のなかで、必要な原料を必要な分だけ製品に取り入れているとする。サステナブルな方法で原材料を生産している日本の農家で化学肥料や農薬を使わずに栽培し、手作業で採取した植物由来の成分を使用。微生物によって分解される生分解性の高いフォーミュラの開発に取り組み、高知産の柚子を使用した「ボタニック クレンジング オイル」の場合、99%生分解性処方*2となっている

*1、*2:OECD301、または同等のテストにもとづく

それに加えて、クレンジング オイルボトルでは、日本国内で回収されたプラスチックを用いた100%PCR(ポストコンシューマーリサイクル)プラスチックボトルを採用している。PCRプラスチックとは、ペットボトルなど使用済みプラスチックから作られた再生材料で、同ボトルはポンプを除くすべてをリサイクル可能で、エネルギーや化石燃料の消費を抑制しつつ使用済みプラスチックを再加工できる。そのため、使い終わったクレンジング オイルボトルを店舗に持ち込んだ顧客には、ギフトと交換できるポイントを付与して、ボトルの回収を積極的に呼びかけている。

地球にやさしい開発のためのナチュラルネス基準

ロレアルではまた、研究開発者のための指標としてISO16128に準拠した「ナチュラルネス基準」を設けている。同基準は、成分の採取手段や生育環境、栽培か野生かなどにもとづくオリジン・インデックスと、採取されてから原料になるまで、どのような反応・溶媒を使ったかをみるディナチュレーション・インデックスで構成され、ロレアルが取り扱う約8,000の原料の1つ1つにナチュラル度を示すスコア(数値)を付けるものだ。

たとえば、原料加工場の近隣で育つ野生の植物を手摘みし、鉢ですりつぶしただけの原料のように、より自然の状態に近く、輸送や加工によるエネルギー消費が少なく、工程がシンプルであればあるほどスコアが高くなる。これにより、研究員が処方を開発する際に、どの原料を組み合わせれば、より環境に負荷のかからない製品開発ができるかが、科学的根拠をもとにわかるようにしている。

4,000名の研究員によるグローバルネットワーク

グループで一丸となって、サステナビリティにおいて高次の目標達成の実現を目指すロレアル・フォー・ザ・フューチャーを支える役割を担うグリーンサイエンスの現場では、世界各地のR&Iセンターに総勢約4,000人の研究員を擁し、グローバルネットワークを形成している。大きなテーマのプロジェクトでは各国から専門分野の研究員がアサインされることもあり、支部が連携することで、より幅広く多様性のある観点からの研究開発を可能にしている。

「日本の得意分野である日やけ止めやマイクロバイオームなどの技術を、日本のマーケットのトレンドをキャッチしつつ、アジアなどグローバルにも展開する方向を考えている。同時に、グリーンサイエンスという概念や、実際の研究結果や取り組みを学会等で発表していくのはもちろん、一般の消費者の方に向けてもわかりやすく、噛み砕いて説明するような発信も活発に進めていきたい」(三木氏)

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image: L’Oreal

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
27
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp